(2/29)デッドゾーン


妻が9ヶ月も終わりに差し掛かって、けっこう具合悪そうなんですね。
気分が悪くなったり、食べ物が消化されなかったり、寝つきが悪くなったり。
もともと細いため、お腹が大きくなって腰とか背中に相当負担がかかるようで、時々背中をさすりさすり、もみもみしています。

以前から、肩こりがひどい妻をマッサージしたり、、、なんてことはあったのですが、僕の性質上、滞っている場所をほぐすとゲップが出るようなんです。
エネルギー(気)が溜まって、停滞しているところを、吸い込んで、抜く、みたいな・・・。

だから、最近、妻をさすりさすりしていると、ゲップ、ゲップしています。。。

ちなみにこれは明らかな遺伝でして、うちの母殿をマッサージしてると、よく母がゲップをしておりました。
気持ちいいとゲップが出るそうで、なんだか効き目が確認できるようで面白いものです。

*---*---*---*---*

28日はそんな停滞している流れを取り戻すようなセッションが多かったような気がします。
パートナーシップの問題が多かったのですが、色んな感情が覆いかぶさって本当の気持ちが見えなくなってしまうのかもしれません。

心の深いところには愛情があったとしても、そこに不満や怒り、恥ずかしさ、惨めさ、プライドなどの色んな要素でコーティングしてしまうんですよね。
だから、意識としてみれば、不満ばかりのように感じたり、意地を張ってしまう自分がいたりするんです。

そんなところで素直に今の自分を見つめていくことはすごく勇気が要ることです。

多くの場合、そういう状況になるのはお互いの関係性や、自分自身がデッドゾーンに入ってしまっていることが多く、ぜんぜん、モチベーションがかからないんですよね。
「今更がんばったってどうしようもないわ」
「もう、期待するだけ無駄だから・・・」
「諦めた・・・」
などなど、何の関心もなくなってしまうような感覚かもしれません。

そこを越えていくと本当に強いロマンスが訪れて、パートナーシップならば、まるで付き合い始めた頃の10倍ともそれ以上とも言われる、強い愛情で結ばれるようになります。

もう無理だ・・・と思ったときに、もう一度、自分の心を見つめてみるといいのかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事