根本さんのおっしゃる『武器』とは何なのでしょうか?


自立系武闘派女子とか言ってるわけですが、じゃあ、そのナイフとかバズーカだとかはどういう意味があるねん?というと、実はあるんですな。モノの例えですけど。

 根本先生

『武器』について教えてください。

尽きない女子の悩みをココロの面から丁寧に紐解き、面白おかしいトークを繰り広げ、読み終わる頃には一筋の光と共にぽわんとした温かい気持ちにさせてくださるブログを、いつもありがとうございます。

先生のブログを読み始めて早2年、私も情熱女子よね~仕方ないよね~と思えるまでに至ってはいるのですが、まだわからないことがあります。

根本さんのおっしゃる『武器』とは何なのでしょうか?

可憐なスカートに隠したナイフとか、可愛いバッグに忍ばせた短剣とかスマホ一つで爆破とか…
ものの例えなのはわかるのですが、いまいち何のことなのかピンときません。

というのも、私自身の武器かなと思えるものが見あたらないからです。
武器が分からないので、その取り扱い方、手入れの仕方などもわからずにいます。

情熱女子の名を語るにはまだ早いのでしょうか?
姫として大切にしてもらうには、その武器とやらをどう扱えばいいのでしょうか??

今後のブログの理解を深めるためにも、どうかご教授頂ければと思います。

季節の変わり目ではございますが、お身体ご自愛下さいませ。
(Aさん)

あの・・・皆さんが肩に背負ってるバズーカとか、ヒモを付けて散歩させてるロケットランチャーとか、キッと睨むと相手が石になるメデューサ光線とか、ぼぉわーっと口から発射されるすべてを焼き尽くす火炎放射器とか、そういうのを武器というんですけど・・・
Aさん、気付いてません???笑

・・・という話じゃないですね、はい。

よく自立系武闘派女子の話で武器だの弾薬庫だのって話をしているのですが、まあ、それはネタを明かせば二つの意味がありましてね。

ひとつにはこんな話聞いたことありません?

「女子は戦闘服に身を包んで合コンに向かうのである」

そう、勝負服って奴ね。
だから、洋服屋さんやアクセサリーショップというのは武器屋であり、自宅のクローゼットは武器庫・弾薬庫みたいなもんなんですよね。

だから、ファッション好きな人は武闘派女子の世界ではアーミーオタクとも言えるわけです(笑)

さらに、こんな話もあるでしょう?

「涙は女の武器」

武闘派女子にとっては演技ならなんぼでも泣けるという人も多くいますし、逆に好戦的な武闘派女子の場合は「泣くよりも泣かせる方が得意」という怖いお姉さんもたくさんいます。

女にとっての武器というのは涙ではなく、その鋭すぎるレーダー能力であり、巧みに操れる言語能力・表現力であり、変幻自在の変身技と言えましょう。

自分の直観力、感性、そして、表現力がいかに素晴らしいか、皆さん、ちゃんと知ってくださいね。

自分の言葉が鋭くとがってる、とか、なぜか相手の気持ちが分かっちゃうとか、そういうこと、ありません?それも立派な武器ですからね。知らないうちに被害者の会、結成されちゃってますよー。

「私のバズーカなんて大した威力ないから大丈夫!」ってふつうにブチかましたら、ほんとヤバいですからね。バズーカはバズーカなんですから。

男性上位の社会の中では、男性の能力を基準として測られます。
それは論理性であり、肉体的な強さであり、システム的に感がられる思考であり、同じことを継続できるルーティン性であり、競争力であり、機能的な思考方法です。

そういうのは女子にとっては苦手なものも多いので、そういう社会の中では「自分なんて価値がないんだ~」と思いがち。それは基準の問題なのですね。
だから、女性性が強く豊かな人ほど、男性社会では自信を失いがちになります。

もちろん、自立系武闘派女子の方には根性や器用さを併せ持った方も少なくなく、そういう方は男性社会にきちんと順応できる能力も持っているからすごいというか怖いですよね~(笑)

でも、女性性が優位になる社会では、感性であり、コミュニケーション能力であり、表現力であり、繋がりであり、共存性などが重要です。
そうすると、女性の皆さんにとっては「それってふつうよね」と思うことが、実はすごいこと、というのがいっぱいあるんです。

で、Aさんがおっしゃってる「武器」というのは、いわゆる「強み」のことだと思うのですが、多くの場合、人から言われないと自分の武器って気付かないものです。
それが危険なんですよね。

例えば、元々色っぽい雰囲気を持ってる人っていますよね?
小学校の頃の写真を見ても、早くも大人の女の空気を纏っていて。
でも、それって本人、意図的に作った者じゃないんですよね。
気が付けばそうなっていたし、気が付けばそう言われてるわけです。
だから、その武器に気付いていないときは勝手に男をその気にさせて落としていたり、逆に変に勘違いされて嫌な目にあったりするんです。

他にも多くの武器を皆さん持ってるわけですが、それらは自分にとっては当たり前のこと過ぎて、全然それに気付いていない人が多いのです。

例えば、女性にとってはそのファッションも、その体も全部、武器です。(まあ、実は男性も同じなのですが)

だから、武器を手入れする、ということは、自分の好きな服を身に着けることだし、自分の体をきちんとケアすることです。

また、自分の好きなことや楽しいと思うこともまた武器になります。
そもそも「笑顔」もまた武器の一つですよね~

ということで、要するに武器というのは「魅力」ということです。

魅力を探す方法はいっぱいあります。
ワークショップでもご紹介していますし、また、人に聞いてみたり、彼氏が褒めてくれたりする言葉をかき集めてもいいでしょう。

でも、大事なのは「私は武器をいっぱい持っている」という意識です。
気付いていない、見つけていないだけで、たくさん持ってるわけです。

で、その武器を磨く、というのは、自分を大切にすることだったり、自分を笑顔にすることだったり、自分が好きなことをやり続けることだったり、というわけです。

何となく分かりました?

さて、自分の武器は何なのか?
そのヒントは自分が好きなものです。

じっくり探してみませんか?

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事