自分らしく生きるって?やりたいことを見つけるってどうやるの?


自分らしさが見つからないのも自分らしい、と言ってしまうと思考の罠にハマるので、周りの人のその人らしさを見てあげたら勉強になるんじゃない?と思います。
あとやりたいことをやるにはその前に満たしておく欲求があるんですよね、という話を書いてます!

根本センセ

野良猫男との恋愛を終わらせた(たぶん)武闘派女子です。
彼と付き合った成果は女っぽくなったとか、綺麗になったとか周りから言われるようになったことですかね。
その野良猫男は他にも同じ距離感の女が複数いたけど、結局誰のことも好きじゃない。。って感じでした。
いつも行くエステのお姉さんにはエストロゲン出まくりね~お肌つやつや!と言われるし、彼といたのはホルモン的にもよかったらしいです。
で、そのお姉さんに、その男切るのもったいないよーボーイフレンドの1人としてキープしときなよー美味しいご飯ご馳走してもらってセックスしてお肌つやつや!なんだから!と言われて悩んでます。
白黒つけたいので、一応彼に別れを匂わせるLINE。。お元気で。ばいびー。と送ったのですが、根本センセも彼をone of themにした方がいいと思いますか?
そんで、自分らしく生きるってどういうことでしょ?
やりたいことってどう見つけるんでしょ?センセの愛のお言葉頂けたら嬉しいです
(Yさん)

「どっちがいいですかあ?」って聞かれると「どっちでもいいよぉ」と答える根本センセです。ちゃんと休肝日作る派です。

自分が好きな方、気分がいい方、にしたら宜しいです。
one of themが自分には合わないな、と思えばやめるのが正解。
それもありだな、と思うなら、それが正解。

白黒つけたい、のが私、なんだから、「ばいびー」と送るのは自分らしいですよね。

そこに、人から「え?キープしなよ」って言われて、「え?そうなん?」って思って、「ばいびー」って送っちゃってよかったかどうかを考え始めると、混乱するものです。

でも、もっと言うと、エステのお姉さんに言われて混乱するのも私、ですよね。
それも私らしさ、なんです。

まあ、そうするとね、言葉のアヤってなもんでして、

自分らしい生きるってどういうことか分からないのも私らしさだし、、、、
やりたいことが見つからないのも私らしさだし、、、

ということになっちゃうんですけどね・・・はははは。余計混乱するわなあ~

だから、基本に戻って、
『曖昧な関係ってのは好きじゃなくて、だから野良猫男のことは気に入っていたけどやっぱり嫌だなあ、と思ってLINEで別れを告げた』
というのが私らしさ、なんですよね。

で、その一方で「そういう男がいるんだったらキープしちゃえば都合いいじゃん。メシも奢ってもらえるし、セックスしてお肌つやつやになるし、いいことばっかりじゃん。」というのが、そのエステのお姉さんらしさなんでしょうね。
それができる人、なわけです。

自分らしさって分かりにくいんです。自分のことだから見えないんですよね。
元々私はファッションにそんなに詳しくないので自分に何が似合うかなんて分からなかったんですよね。
で、スタイリストさんに見てもらうと、あら、やだ、これがあたし?って自分になったりするわけです。

つまりは、Yさんらしさってのは案外自分よりも周りの人の方が見えてるかもしれません。だから、長年の付き合いの友達とか、きょうだいとかに聞いてみると「へえ」という私が見えてくるかもしれません。
あるいは専門家に聞いてみるのもありですね。(って、今、聞いてるのか(笑))

あと、逆に他人のその人らしさは案外自分でも見えたりします。
そのエステのお姉さんらしさ、みたいに、Yさんの周りの人の「その人らしさ」を見てあげるのもいいでしょう。

そうすることで「じゃあ、私は・・・」と自分が浮かび上がってくるかもしれません。

自分らしさとかやりたいことっていうのは「好きなもの」と直結していましてね。
あるいは、自分が「楽しい」と思えるものや「嬉しい」と思えるもの。さらには「綺麗」「かわいい」「素敵!」みたいな感情を満たしてくれるものなんです。

チョコレートが好き、デニムにTシャツが好き、夏が好き、空が好き、友達としゃべるのが好き、映画見て泣くのが好き、オシャレなイタリアンが好き、大衆酒場も好き、甘いカクテルが好き、、、、みたいに自分が何が好きかを書き出してみるのもおすすめ。
それが自分らしさです。

やりたいことって好きなことだけじゃなくて、どうやって人を喜ばせたいか?という、与えることもそこに入ってきます。

「あなたはどんな風に人を喜ばせてあげたいですか?」という質問や、
「あなたが誰かに与えられるもの、貢献できることってどんなことでしょうか?」という質問をじっくり考えて見てください。

・料理を作ってあげる
・話を聞いてあげる
・その人が好きな音楽をチョイスしてあげる
・美味しいお店に連れて行ってあげる
・カラオケで盛り上げてあげる
・肩をもんであげる
・社会保険の手続き方法を教えてあげる
・お得な金融商品を教えてあげる
・道案内をしてあげる
・ブランドのバッグを安く譲ってあげる
・いいホテルを探してあげる
・お得な旅行プランを見つけてあげる

まあ、何でもアリですね。

で、たいていの人は自分にできることなんて大したことないと思ってるんですけど、それは思い切り誤解で、意外とすごいこと、みんなやってるんです。

自分が好きなことや得意なことは誰かを喜ばせてあげられます。
それが「やりたいこと」である可能性も高いです。

そもそも「やりたいこと」というのは「自己実現欲求」と言います。
これはマズローの欲求の5段階説によれば一番最上級の欲求で、それを実現するには、それより手前の「社会的欲求」とか「承認欲求(尊厳欲求)」が満たされてないとなかなか意識が向かないんです。

社会的欲求というのは帰属意識ともいい、自分の居場所を感じられること。
承認欲求というのは他人から認められたい欲求のこと。(尊敬されたい、というのもあります)

だから、ここが居場所で、ちゃんと私は周りから認められてる、と感じたときには初めて、自分がやりたいこと、に意識が向けられるわけです。

Yさんはこの点はどうでしょうか???

自分はここにいていいんだ、という場所を意識してますか?
自分がちゃんと周りの人から承認されていると感じていますか?

もし、それがまだだというならば、まずはそこから手を付けるのがいいかもしれません。

今ある自分をちゃんと受け入れましょう、ということです。要するに。
既に今、自分らしいぞ、ということに気付くことも重要です。

案外、Yさんも皆さんも、なーんだ、今の私が私らしいんだ~って気付けばそれだけで楽になっちゃうかもしれませんよ(^^)

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事