私道を邁進したら幸せになってしまい、そんな人生にマジ飽きました。さて、私はどうしたらいいの?


問題は勝手に降って来るからそれまで待て!ということもできるし、今度は視点を変えて、後に続く人たちにとってのリーダーになって「与える」ということもできますね。

根本先生の隠れストーカーです。
根本ワークで癒やされまくってやっとこさたどり着いた境地ダンジョン2『なんもせんでいい』『幸せやわ』。
自立系武闘派女子。
フリーランスとして激闘の末、ある程度満足するポジションを業界で確立した。
旦那はハイスペイケメン親大満足。長女としての最大の勤めは果たした。
生活は安泰。旦那は私を自由にさせてくれる。アングラで男をつまみ食いしつつ、これが私道を邁進したら、
私の人生、こんなに穏やかで満たされて幸せなときあっただろうか?と。
で、ふと、天井にゴツン。
私の器的には、これ以上の努力も幸せもいらぬ。十分。私の人生、まじでこれ以上はいらない、と思ったら、まじで人生にあきました。
でも寿命はまだです。
うーむ。飽きたことを問題集しているあたり、なんかまだあるの?自作自演したいのはなに?と、考えてもわかりません。
そこで山の上の根本仙人さま。
次なる試練への道を授けてください。
お願いします!
(Nさん)

わおぉー、素晴らしい~。
なんと、「マジこれ以上いらん」という名台詞頂きました。
なかなか私のブログでは見かけないセリフですので、ネタにするほかないと思いました。

確かにフリーランスとして仕事して、しかも、ハイスペックな旦那様をゲットした上に、自由に色々とさせてくれるんでしょう?

そら、人生に退屈しますわなあ・・・(笑)

ほら、でもそういう時はさ、何もしないというか、勝手に次なる課題がやってきますから、それまで待つって方法もありますね。

それが何かは分かりませんが、でも、退屈シノギにいろんな問題作り出すのが自立系武闘派女子の定めですから、このままってことはないでしょうね~

旦那に浮気させる?
それともNさんが誰の子か分からない子ども妊娠する?
旦那が実は借金まみれだった!事件に遭遇する?
病気になってみる?

そんなのが起きたらNさん、またやる気になるのかなあ・・・

ちなみに「起きてほしくないできごと」って何でしょう?
そこが狙われる可能性もあるので、今から防御しておくといいかもしれませんぜ。

武闘派女子に限らないのですが、子どもの頃からけっこうハードな人生を送ってきた方とか、成長意欲満々で自分を高めることにエネルギーを使ってきた方とかになると、

「問題から学ぶ」

ということを人生哲学にしやすいんですね。

つまり、問題だらけだった分、それの処理に追われているのが当たり前になっていて、もちろん、ものすごく成長するのですが、問題がないと成長できない体になってしまうわけです。

そうすると、成功したり、幸せになったり、豊かになったりしたときに、ちょい待て!これからワシ、どないしたらええねん!という話になるわけです。

というのも、実は幸せや豊かさや成功を受け取った方は次に「それをみんなで分かち合いたい、みんなに与えたい」という思いが出て来るものです。

例えば、田舎から山盛りのサクランボが送られてきたら、「一人では食べきれないし、大事な人にあげて喜んでもらおう」て思うでしょう?

子どものためにクッキー焼いてたんだけど、思った以上にできがいい上に、たくさん作りすぎちゃった!となったら、家に遊びに来た子供たちにお土産として持って帰ってもらうでしょう?

分かち合う喜び。
与える喜び。

が欲しくなるわけです。

世界の富豪たちもお金に困らなくなると、あちこちに寄付したり、慈善事業始めたりするのもそうした思いからでしょう。

これは「問題から学ぶ」という姿勢とは異なる発想なのですね。

問題探し、問題作りの人生を転じて、与える、そして、もう一つは育てる、という生き方に変わっていくのはいかがでしょう?

見渡せばNさんの周りには問題児たちがうろうろしていませんか?
彼ら、彼女たちに、Nさんが学んできたことや得たものを与えていくのはいかがでしょう?

それが「助ける」とか「育てる」という意識ですね。

それはビジネスの面でもいいですし、夫婦関係でも構いません。

今までの経験をどう与えて行こうか?という意識で見てみると、いろんな課題が浮き彫りになってくると思いませんか?

一方、

>私の人生、こんなに穏やかで満たされて幸せなときあっただろうか?と。

と縁側でお茶でもすすりながらぼーっと山の景色を見るのが喜びで、下界に降りて困ったちゃんたちの相手をするなんて御免だわ、なんて感じるとするならば、実はNさんは今、積年の疲れを癒しているのかもしれません。

歴戦の傷を癒す、と言いますか。

そういう時は思い切り骨休めをするといいですね。

十分休養が取れたら、先ほど書いたような「与える」と言う意識に向いていきます。

問題を作って苦しんでそれを解決することで成長して幸せになる!というプロセスにはもう飽きたんでしょう?

ということは、誰かの問題を解決するお手伝いをしたり、誰かを応援したりする、という新たな生き方ができると思うんです。

それをリーダーシップというわけですし、これからのNさんの道なんじゃないかと思いますが、いかがでございましょうか。

要するに「散々活躍してナンバーワンになったんだから、そろそろ現場を離れてマネージャーになって後輩たちの育成に当たりなさい!今度はそういう形でうちの店に貢献しなさい!」というわけですな。

誰のために生きようか?
そんな視点で見てみるのも面白いんじゃないでしょうか。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事