『前は楽しかったものがそうじゃなくなったときは“変化せよ”という心からのメッセージ』


根本先生、こんにちは。
最近は、やっぱり友達にのろけたりしたいし、未来型の彼氏がほしいなぁという時期にありまして、絶賛元々彼にアタック中です。なんか変な方向に行ってる気もしますが私は刺激が好きなんじゃあ!と笑ってロックマン風の彼にどう思いを伝えようか不安になったり、ウキウキしたり元気に過ごしています。

今日はちょっと違うことで相談させてください。
ここ3年くらい年上の友人たちと月イチぐらいで、アウトドアアクティビティに出掛けています。
刺激的で(笑)、次は何をしようかと考えたり話し合うことがすごく楽しかったのですが、最近、楽しくないんです。
長時間の移動も以前は話すことが尽きなかったのに、結婚した人もいたりするなか、私は何ら変化なく(恋愛も不倫ですので言えず)、何となく共通の話題が減っています。昔はジェネレーションギャップをからかう話題も笑えましたが、今はまたその話かよって感じです。
他にも、面白い楽しいと思ってたことも違ってきて、行ってみたらなんか楽しめなかったということが多いです。
すごく大事なグループ?なので、これからも楽しく遊びたいという気持ちと、無理して合わせるのもしんどいなぁという気持ちと、何より私がいなくても皆は楽しいという事実に直面するのが怖く断る勇気も出ません。この気持ちって何なんでしょう?

友人に相談して楽しくないなら行かなければ?と言われても、なんか行ってしまうし、誘われないと拗ねる自分がいます。
これも執着でしょうか?恋愛ではないですが、特定の人ではないんですが友人関係にも執着ってあるんでしょうか?手放しの方法もあれば教えてください。
(Yさん)

未来型の彼氏っておっしゃるから、え?ドラえもん?と思ってしまいました(笑)
あちらは未来型ロボットでしたねっ!

さて、Yさんのお話ですが、友人関係にももちろん執着は出てきます。
特に「帰属意識」って言いますが、そのグループ内でのポジションが確立されていたり、居場所になっていたりすると、なかなかそこを離れられなくなります。
ある種の「依存心」とも言えるんですけどね。

こういうの、セミナー業界でもよくあるんです。
通い始めた頃、すごく楽しくて頻繁に通っていて主催者やスタッフにも名前で呼んでもらえるようになって居場所になっていきます。
そうすると、そのセミナーに行くのが当たり前になっていくのですが、始めは刺激的だったことにも慣れてきて、徐々に退屈さが勝ってくるようになります。

そこで葛藤が生まれます。
セミナーは好きだし、その人たちも好きだけど、そこに行って学べることってあまり多くなく、時間やお金が無駄な気がしてくるけれど、でも、もうずいぶん通っているしなあ・・・と。

そういう時って「自分の立ち位置を変化させるとき」なわけです。

セミナー業界では「学ぶ側から教える側へ」、つまり「受け取る側から与える側へ」の変化です。

立場的には受講生というのは「依存側」で、先生方は「自立側」です。
依存時代を満喫しつつも私たちは勝手に自立していきます。
そうすると今まで刺激的だったものが、退屈になっていくんです。

依存と自立がひっくり返るときが別れの危機って恋愛の記事では書いていますが、これは会社やセミナーや友達グループにも言えることで、自立心が芽生えてくると、そこを辞めたくなったり距離を置きたくなったりするんです。

それで新しいところに移ってもいいし、そのセミナーや会社やグループ内で新しいポジションを築いてもいいし、とにかく「変化したい!!!!」という私がいるんです。

刺激が大好きなYさんにとっては、新しい環境に移りたくなるところですね。
でも、あまりにその友達グループの居心地がよかったので、離れがたし、と言ったところでしょうか。

ただ、友達グループというのは案外、ポジションの変化がしにくいこともありますね。
何となくリーダーが決まっていて、それぞれの役割が固定化されているような。
だから、居心地が悪くなると何となく距離を置いていく人が多いと思います。
グループ全体を変革しようなんてことにはあまりなりませんから。

皆さんも「ある時期にすごく仲良くしていた人がいたけど、だんだん楽しくなくなってきて距離を置くようになった」という経験があろうかと思います。

あとまあ、人に言いにくい話題があると、だんだんそれを隠していることへの罪悪感も芽生えます。その罪悪感からそのグループを離れたくなることもあります。
隠し事をしているようで、申し訳ないし、居心地が悪くなるわけですね。

だから、今のYさんにとっては何らかの「変化」を自ら創出することが求められてる、と捉えてみましょう。
それはある意味タブーチャレンジとも言えますね。今までタブーにしていたことにチャレンジする、わけです。

もちろん、Yさんもそれ、気付いてらっしゃいますよね。

>私は何ら変化なく(恋愛も不倫ですので言えず)、何となく共通の話題が減っています。

っておっしゃってるわけですから~

不倫のことを思い切って告白する、なんてとても刺激的ですよね~(笑)

さて、どんな変化をしようか?という目で見てみるといいですよ。
新しい趣味を見つけてもいいし、グループ内での立ち位置を変えてもいいし、ね。
情熱女は刺激がないと生きていけませんから!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事