幸せになる怖れが幸せになれない恋を選ばせる。


幸せになる怖れがあると、自分を幸せにしない選択を繰り返します。
罪悪感があったり、自己否定があったりすると、幸せじゃいけない、って思うんです。
じゃあ、どうしたらいいのでしょうか。

「幸せになる怖れ」という言葉があります。みんな幸せになりたいはずなのになんで?と思うんですけど、みんな心の中に大事に大事に持っている感情なのかもしれません。

似た言葉に、

 成功への怖れ
 夢が叶うことへの怖れ

というものがあります。
同じようなもの、と思ってもいいと思います。

そして、幸せになる怖れがあると、幸せになれない○○を選びます。

恋。
結婚。
仕事。
人間関係。

深いレベルでは

体(健康)

国(町)

などもあるんですけど、これらはもう無意識の世界ですからちょっと横に置いておきましょう。

でも、なんで幸せになるのが怖いのでしょう?

●幸せになったら、もう生きている意味がない。

●幸せになったら、周りから嫉妬される。

●幸せになったら、周りから足を引っ張られる。

●幸せになったら、攻撃される。

●幸せになったら、あの人を許さなきゃいけない。

●幸せになったら、ずっと幸せでいなきゃいけない。

●幸せになったら、周りから見捨てられる、孤独になる。

どう?
ピンと来ますか?

理屈で考えるとちょっと???ってのもありますけれど、でも、なぜかそんな思い(観念と言います)が潜在意識に眠っていたりします。

また、こんなのもあります。

●罪悪感。

罪悪感があると「幸せになることなんて許されない」と思いますから、そんな自分の目の前に「幸せ」って書いたボールが転がってきたら、思わず思い切り蹴り飛ばしてしまうでしょう。

こうした思いは意識できる世界のちょっと下の方、潜在意識にしっかり存在していたりします。

そして、潜在意識の中にあるものは「意識」はできない代わりに、あなたの前に「現実」という形で現れます。

意識レベルでは幸せになりたい、と思っているのだけど、幸せになれない相手が現れます。そして、なぜか恋に落ちてしまいます。

幸せになるぞ!って意識レベルでは決意したんだけど、仕事に追いまくられて余裕のない(幸せを感じられない)現実が目の前に現れます。

幸せになりたい!と思うんだけど、なぜか、自分が選ぶのは幸せにならない方向に全速力で突き進んでいるんです。

罪悪感という感情はあなたを幸せにしない感情の最たるもので、自分を傷つけよう、罰しよう、という行動に常に駆り立てます。

「あなたはとても素敵な人だからきっと幸せになれるわよ。だから、私の元から去りなさい。私と一緒にいてもあなたはダメになってしまう」と思わせます。

すごくいい関係を築いていたのに、幸せになりそう!と思った瞬間に急ブレーキをかけて、なぜだか変わらないけれどその関係を壊すためにケンカを吹っ掛けたりします。

そこで「愛」という見方をすると、「あなたの愛する人が幸せでないのに、自分一人が幸せになるのはいけないと思っているんでしょう?」というケースもあります。

「みんなで一緒に幸せになりたい、というか、むしろ、あの人が幸せになった後に私の番でいい」と罪悪感はあなたに囁くのです。

●ゲームが終わってしまう。

これは少し不思議な思い。

「幸せになったら、向こうの世界に戻ったあとと同じ。
せっかく3次元に生きているんだから、幸せになっちゃうのはもったいない。
なんせ、死んだらそっちに行けるんだから。」

これも無意識レベルの話。

そんなあなたが幸せを自分に許すにはどうしたらいいのでしょう?

「受け取る」というやり方はどう?
幸せを受け取るんじゃないんです。
思いを、愛を受け取るんです。

「あなたが幸せになったら喜んでくれる人って誰でしょう?」

何人の顔が浮かびますか?
その一人一人があなたに幸せになって欲しいと思っています。
その思いをただ「ありがとう」と言って受け止めましょう。

「ありがたいな。私の幸せを願ってくれているんだ」と。

そして、その人の喜んだ顔を想像してみましょう。
あなたが幸せになった時、その人はそんな笑顔を見せてくれるんです。
(その笑顔を受け取った瞬間、あなたは幸せになっているんですけどね)

好きなこと、楽しいことをしましょう、というのはミミダコだと思いますので割愛します。

大好きなケーキを食べているとき、幸せです。
でも、すぐにエゴがやってきてあなたに囁きます。
「太るぞ!」

でも、少しだけ幸せを感じられましたね?(笑)

「受け取る」というのは「つながる」とも言います。
あなたの大切な人との心と心のつながり。
それを感じられるとあなたは安心感がやってきて幸せを感じられます。

でも、ずっと幸せでいなくてもいいんです。
幸せって感じるものでしょう?
だから、コントロール不能なんです。

あなたの心の状態が作り出してくれるもの。
だから、なかなか意図的には・・・ってケースもあります。

だから、幸せを感じられたできごとがあったら、それに感謝したいですね。
出会ってくれてありがとう。
愛してくれてありがとう。

感謝してる状態ってのは幸せです。

だから、意識的に「ありがとう」を心がけてもいいです。

でも、今、全速力で罪悪感を感じたい人、自己嫌悪業に没頭したい人、3度の飯より自己否定が好きな人は、まだ今は幸せを感じたいわけじゃないのかもしれません。
また、誰かに恨みや怒りがあるのかもしれません。

先の「受け取る」の実習を「できない」と思った方はその典型かも。ドキッとしましたか?

時を待つのもいいと思います。
いつでも幸せは自分に許せるもの。

そして、やはり「勇気」かな。
自分が幸せにならない相手と出会ったら、選ばない勇気。

自分のことを愛し、大事にできるようになったら自然とできることかもしれませんが。
やはり最後は自己肯定感の話になっちゃいました・・・。

あなたには幸せになる権利があります。
幸せを感じられるだけの素養があります。
あとは委ねるだけ。

「もう、幸せになっても大丈夫よ」って優しく問いかけてあげてください。

「もう、幸せになる」って誓ってください。

とてもシンプルだけど、一番効くかも・・・。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事