ヒマつぶしの執着。ヒマつぶしの心配。そして、思い出し不安。

情熱の女は退屈が嫌い。だから、「好きな人がいないのは寂しいし、ヒマだからとりあえず元カレを引っ張りだしてきて執着しとく」的なことをすることがある。

(主訴)
「元カレのこと、別れた当初はめちゃくちゃ引きずっていて辛かったんだけど、根本さんのブログを読み漁っているうちのだんだん良くなってきて、もう大丈夫かな、と思うようになったんです。
でも、最近、また、なぜか彼のこと思い出すことが増えて苦しいんです。
まだ手放せていないんでしょうか?」

 ↓

(本音)
「元カレとよりを戻したいわけでもないし、むしろ、またしんどい思いをするのは嫌なんだけど、でも、好きな人がいないってのも退屈じゃん?だから、とりあえず元カレのことを思い出して、辛い気持ちを思い出して、それで悶絶してみるわけ。
もちろん、実際は執着なんてとっくにないわよ。むしろ、早く次の男カモン!って感じ。
だけど、なかなか出会いもないし、そんないい人いないから、元カレで繋いでるって感じかな。
私って情熱の女でいつも恋していたいからさ。ほかに選択肢がないから元カレってわけ。
分かりやすく言えば、もう味はないんだけど、口さみしいからずっとガム噛み続けてる、みたいな。」

(主訴)
「やっぱり今の仕事って不安定じゃないですか。だから、ついつい仕事入れ過ぎちゃうというか、頑張って何とか稼がなきゃって思うんですよね。
お金がなくなることが心配で、ついつい執着してしまうんですよね。」

 ↓

(本音)
「まあ、ある程度お客さんもついてくれているし、ぶっちゃけそんな稼がなきゃ!って性格でもないし、仕事減らしても全然余裕で生活できるって分かってるんですよね。
でも、ほら、私、情熱の女じゃん?
お金がなくなるかも?って心配しとくと、あれやこれやとやることが浮かんできて忙しくできるわけ。
だから、とりあえず心配しとこ、みたいなところがあるんだよね」

(主訴)
「旦那のことはもう大丈夫って思うんですよね。最近は人が変わったように愛情表現もしてくれるし、夜の生活も戻って来たし、むしろ彼の方が私に熱心な感じがするんですよね。
でも、なんか不安なんですよね。また浮気されたら・・・と思うと」

 ↓

(本音)
「夫のことは一時、すごく焦ったし、否定もしたし、辛かったけど、今はそのできごとのお陰で成長して自信も付けたし、浮気するんだったらしたら?くらいの余裕もあるんですよね、ほんとうは。
それに、すっごく愛情示してくれるから彼のことも信頼してるし、安心感もあるんだけど、ほら、私、情熱の女でしょう?
また浮気されるかも?って心配しとくと忙しくできるし、私も気を抜かずにすむでしょう?
それで、何とか『思い出し執着』とか『思い出し不安』とかしてヒマつぶしをしてるわけ。
そろそろ仕事でもして、そっちに夢中になろうかなあ」

(主訴)
「高校生の息子が心配なんですよね。周りの子に比べてしゃんとしてないっていうか、いろいろと手続きや学校の連絡なんかも忘れてるし。
だから、このまま大人になって大丈夫なのかな?とか思ってしまってついつい心配してしまうんです。」

 ↓

(本音)
「息子もたいがい大人やし、もう自分のことはやれ言うたらできるし、あたしがつい癖であれこれ言うてるだけなのよね。息子も正直、そんなオカンはウザいと思ってるやろし。
けど、あたしもずっと子育てしてるからあれこれ心配してまうんよ。
うち、情熱の女やさかい、分かるやろ?
まだまだ子離れできてへんいうか、一人ぼっちになってまうような寂しさもあるいうか、要するにヒマつぶしなんよね。
ほっとくのが一番いうのは分かってねんけど、あれこれ心配しとくのが楽なんよね。」

実際はもう大丈夫なんだけど、情熱の女は退屈を最も嫌うので、ヒマつぶしに執着したり、心配したりすることがよくあります。

「ほんとうはどうなの?」
「ほんまはどうなん?」

って自分に問いかけ続けると、あっさり「ま、もう元カレのことはいいんだけど・・・」みたいな本音が見えて来たり。

でも、やっぱりもう執着なんて手放しちゃった!とか思っていると退屈しちゃうので、思い出し笑いならぬ、思い出し執着に勤しんだりします。

ほんとうに手放せてるかどうか?が分からない人は、手放しの儀式でよく使う「手紙の儀 その壱」「その弐」あたりを試してみられると良いと思います。

〇手紙の儀 その壱

元カレへの「別れの手紙」を書いてみる。
もちろん出さなくてよい。
今の自分が彼に伝えたいことを綴り、それで自ら別れを宣告する。
執着している場合は手放すことに抵抗が出てくるし、痛みが強い場合には涙が出てきたり、怒りが噴き出るなどの感情がよく動く。
ヒマつぶしの執着の場合は、あっさり「ありがとう」と「さよなら」が言えるし、書く前に想像していたよりも全然感情が出てこない。

〇手紙の儀 その弐

失恋した時の私に手紙を書いてみる。
執着が激しい時はその気持ちに共感できるし、辛い思いがダイレクトに伝わってきて涙が出て来たりする。
しかし、ヒマつぶしの執着の場合は、「大丈夫!今だけ辛いんだから」とか「彼のことなんてどうでもよくなるよ」などの励ましの言葉が並ぶ。

どうぞ、参考になさってくださいませ。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作