(ご感想)私って正真正銘筋金入りのマザコンですね(笑)。


ちゃんとわかっているから大丈夫。
自分を信頼してあげれば抜け出せますね~。
このまま、焦らずいきましょう。

でもさ、この文章を読み返してみれば、どうしたってAさんクールじゃなく、情熱系でしょう。しかも、なかなか熱めの(笑)

***
「愛を選びますか?罪悪感を選びますか?」を取り上げていただいて本当にありがとうございます。
毎日毎日記事を見ては泣いていました。
落ち着いてお返事が書けるようになるまでに数日かかったのと、書いていくうちにワードで5頁にもなってしまったので(笑)、なんとか短くしようと編集に編集を重ねていました。
お礼が遅くなってすみません。
かなり頑張ったのですが、フォームに収まりきらないのでこちらで送信させていただきます。

私って正真正銘筋金入りのマザコンですね(笑)。
母が他界して今年でもう10年になるのに、未だに母に癒着して執着して「お母さんお母さん」て言ってるんですね。
今までしてきたイメージワークでも、天国からの手紙でも、母は常に「もう私のことはいいから、早く自分の幸せのために生きてな」と優しく言ってくれるのですが、なかなか心から受け取れないようです。
罪悪感が刺激的で手放せないのでしょうか?どうやら私はファストパスを神様にお願いして人の何倍もいただいて、母の胎内にいるときから罪悪感を感じる環境を選び、母を幸せにするのが私の人生の使命だ!と、熱く心に秘めて生まれおちたんだろうと思います。
そして手にしたファストパスのおかげで、意識の上ではことごとく失敗する=罪悪感にまみれるアトラクションを選んで次から次へと勇み乗り込んではボロボロになり、罪悪感だけでなく無価値感もダルマ式に増えていったんだと思います。
その度に鍛えられていたのだと思いますが、それはもちろん受け取れず、できなかったところ、至らなかったところにフォーカスがあったていたように思います。
母の死後の10年を振り返ると、母が存命中に感じていたであろう感情を感じる事象が次々に起こっています。
猛烈に頑張っているのに非常に理不尽な扱いを受ける、軽んじられる。
怒りを我慢の限界まで抑圧して、最後に爆発する。
母は爆発の後ぱったり死んでしまいました。
私は怒りを爆発させてもパッタリ死んでしまわなかったので、これから自分の人生が始まるということなのでしょうか?「お母さんみたいにならないように必死に勉強して頑張ってきたのに・・・」のYさん同様、母の方ばかり向いてきたので自分がよくわかりません。
根本さんの記事を読み始める前は自己評価はクールで物事に無関心な方だと思っていました(まさかまさか、情熱系……とは思いもしませんでした!)。
それが、記事を読み始めて、感情に素直になっていくに連れ、激しい自分が出てきてとってもびっくりしました。
上司に対して腹が立って腹が立って夜中に目が覚めて、恨みつらみを何度も書きました。
が、書いている途中に余計怒りが増して、この恨み帳に火をつけてヤツの家に投げ込むとか、藁人形を滅多刺しにしてその勢いで壁をぶち壊すとか、それくらいしないと気が済まない!と怒り狂っていました。
車の中で叫んだり、相手を思い浮かべて書いた落書きを、この野郎、と言いながら破り棄てたり……それでも怒りは毎日毎日ふつふつと湧いてきました。
DVがあった夫に対しては(ちょっとヨレヨレの)下着や靴下を切り刻んだり、それはそれはいろいろやりました。
一番効果があったのは、自分の怒りのエネルギーで相手を粉々に粉砕するイメージワークでした。
なんと破壊的!自分にこんな面があったなんて本当にびっくりです。
今回のことも、わーわー泣いた後に、なんだかすっかり納得してしまいました。
あぁ、生まれる前からビシバシしごいて、ってお願いしてたんだって。
そして今回さらに気づいたのは、上司や夫に対して持っていた憎しみにも近い怒りは、本当は母を助けられなかった自分に対してではないか、ということです。
だから彼らに対してお恨み帳を書いてもすっきりしないのかな、と。
やはり、私のハートブレークは母のアル中で、「アル中を一緒に治したかった」思いが本当に本当に強いです。
酔った母を思い出すとまだ涙が止まりません。
根本さんの記事を読み漁り、今では、母はアルコールでしか自分を解放できなかった、酔ってでも家事はちゃんとこなした生真面目な母は、そういう自分を受け入れることができなかった、などわかるようになってきました。
それでも、自分が母を助けることができなかった、母の苦しみを和らげることができなかった、表面的には母を責めて苦しめていた、という思いが強く悲しくて悲しくてたまらないです。
そして、そんな自分を激しく嫌っていて自分に対して怒っているのかな、その思いが上司や夫に投影されているのかなと思いました。
まだまだお伝えしたいことが山盛りですが、取り上げてくださってこと、根本さんのブログのおかげでこんなに色々な自分が発見できたということ、それから、ブログがわらけること(メールを短くするためにこの部分を削除したわけではありません!)、をお伝えできれば嬉しいです。
心より感謝しています。
今後も楽しみにしています。
帰国の際は絶対に根本さんの何らかの講座に出たいです(ここ数年の夢)。
(Aさん)
***

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事