(ご報告)何かあっても、自分軸で物事を選んで行けるなら、そんなにしんどいことも怖いこともないんだなあ


ものすごく素敵なご報告を頂きました。
心して読んでくださいませ。

まさに自分軸で物事を捉えてみると世界が激変したお話ですね。
ほんとすごーい!!
素晴らしい!!!

***
こんばんは。
実は、根本さんに相談したいなあと思っていた事が、意外な解決をしたのでご報告です!

私には今、付き合って3か月を過ぎたばかりの、大好きな彼がいます。
しかし、彼をすごく信頼している筈なのに、
「このままどんどん彼を好きになって、もしももしも、万が一、彼が既婚者だったらどうしよう。。。」と、ものすごく怖くなる時があり、困っていました。

私はシングルマザーなのですが、娘の父親が実は既婚者で、私に独身だと偽っていました。しかもそれだけでなく、既婚者であったことが判明すると同時に彼の語っていた経歴や家族構成や育った環境など、そのほとんどが嘘だったとわかったのです。

それはそれは、許せない裏切りでした。
なので、15年たった今でも「もしも既婚者だったら…」という怖さは、あっても当然だ、という思いがありました。
あの経験がトラウマになって、どうしても抜け出せない、と。
苦しくて仕方ないけれど、どうしたら抜け出せるのか見当もつかず、
根本さんに、「いい方法はないものでしょうか」と、もう少しで聞くところでした(笑)

でもその前に、根本さんのブログを読んだりしながら、ノートに自分の素直な気持ちを書き出してみたら。。。

なんと、それだけ酷いことをされたにも関わらず、それで彼を愛せなくなった自分をどうやら私はずーっと責めてたみたいなんです。

浮気されても愛し続けなくては、本当に愛してるとは言えない。
本当に愛していたなら、実は既婚者だったとしても、その想いは変わらない筈。
既婚者だとわかったら愛せなくなるなんて、そもそも自分が彼を本当には愛せていなかったんだ、って。
自分が悪かった、って図式になってました。

だから、
「もしも彼が既婚者だったら、その時は別れていい、愛せなくなって当然だ」
「独身だと偽って付き合うなんて、私にとっては暴力と同じ。嫌なものは嫌、で、別れを選択する自由が私にもある筈」
って書いたら、今の彼とのことも、怖くなくなったんです!

これって、根本さんが言ってる、自分主体、って事ですよね?
何かあっても、自分軸で物事を選んで行けるなら、そんなにしんどいことも怖いこともないんだなあ、って、思いました。

もし何かの折に、困っている人の助けになればと思ってご報告してみました^_^
これからもメルマガ、ブログとも楽しみにしています♪
(YMさん)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事