他人に支配されるのは、自分が自分を支配していることの投影。


内なる世界で起きていることが外の世界に投影されて現実を作ります。
攻撃されて傷つくのも、自己攻撃があるから。
そこから「自分を愛する」ということを学ぶことが始まるのです。

***
 根本先生、いつもいつも素敵なblog、ありがとうございます。ほんと、先生の文章からすごい癒しオーラ出てる!!って思います。ドMですかね…(笑)

先生にお聞きしたいのですが、わたし、定期的に、人を支配したくてたまらない物凄い執念の人を引き当ててしまう人生なんです…
初めては学生のとき、2度目は現在で、夫と夫家族に支配しようとされ、もう精神的に参ってしまい、実家に避難しています。

学生の時は、私の思い通りに動いて!という友達に執着され、喧嘩別れするまで、精神的におかしくなっていました。
現在も、夫家族と夫の言動で、恐怖でどうにかなりそうで、実家に子供を連れて逃げ帰ってきています…もう、そっとしておいてほしい…というのが本心です。
両親にも本当に本当に辛い思いをさせて、親不孝者すぎて、どうしたらいいのか分かりません。

そもそもなんで、そんな支配的な人に巡り会ってしまうのか…なんですが、それって、投影の法則で言うと、私も本来、彼らのように恐ろしい支配的な部分があるということなんですよね…??
それもショックだし、
彼らにそういう言動を自分がとらせたと考えたら、それも、なんで…?何のために…?という思いが止まりません。

何よりも、今回の結婚は、両親にものすごく辛い思いをさせてしまうことばかりで、申し訳なくて本当に本当に参っています…
私は酷いことばかりする娘なのに、どうしたら、これから償えるのか……という思いと、
私が出会ってきた支配的な人たちの姿が、実は自分自身なの…?という思いで、つぶれそうです。

なにか、少しでも光を感じられる言葉を頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
(Cさん)
***

>ほんと、先生の文章からすごい癒しオーラ出てる!!って思います。

ありがとうございます(^^)恐縮です。うれしいです~!!ありがとぉ!!!

でもね、なんで

>ドMですかね…(笑)

こうなるのかしら???

癒しオーラとドMとどうつながるの?
もしかして、Cさんぶたれて喜ぶタイプ?その痛みが安らぎに変わるの!!!って叫ぶタイプ???

あ、それで、こういう人たちを引き寄せてるの???

そうか。確かにドMですねっ!!(さわやかに)

両親に甘えられてますか?
迷惑をかけてる、辛い思いをさせてるって罪悪感はてんこ盛りだと思うんですけど、親に頼ったり、甘えたりしてきました???

こういうケースがあるんです。
>http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/11576
(タイトルが刺激的なのでリンクだけにしておきます(笑))

ここまでぼろぼろになったら甘えてもいいですか?
ここまでぼろぼろになったら助けを求めてもいいですか?
ここまで追い詰められたら頼ってもいいですか?

カウンセリングやセミナーに来られる方の中にもそういう方がいるんですね。
ほんと限界まで頑張って、限界越えても頑張って、それでようやく助けを求められる、という。

周りから見ると頑張りすぎ、我慢し過ぎ、耐え忍び過ぎなんですが、本人はまだまだまだまだこれくらいで根を上げては・・・と言ってたりします。

頼ること、助けを求めることがダメなことと思っていて、自分はとても弱い、情けない、頑張れない人って思い込んでて。

>私は酷いことばかりする娘なのに、どうしたら、これから償えるのか……という思いと、

Cさんの親もそう思ってるのかな??
娘に償ってほしいって。

それともCさんが一方的にそう思ってるだけ?

Cさんのことで困ってたり、弱ってたりするお母さんを見たら、そりゃあ、罪悪感を感じてしまうと思うんだけど、お母さんはそれをメイワクだの、嫌だの、困った娘だのって思ってるんでしょうか???

Cさんはとてもよく勉強されてると思います。
これって投影???ってことに気付かれてるわけですから。
でも、その解釈ってなかなか難しいところがあるんです。

>そもそもなんで、そんな支配的な人に巡り会ってしまうのか…なんですが、それって、投影の法則で言うと、私も本来、彼らのように恐ろしい支配的な部分があるということなんですよね…??

Cさんの中に支配的な部分があるからそういう人に出会ってしまう、というのは確かに正しいと思います。

「え?まじ?ほんと?私、そんなことしないのに?私の中にそんな悪魔が潜んでるの???めっちゃショック~!もうやだ~♪」

って思うでしょう???

何もそんな強烈に支配するのは「他人」だけじゃないんですよ。

あ、気付いた???

そう「私自身」。

随分とCさん、自分自身を支配していませんか?
相当鞭打っていませんか?
1人SMごっこ、強烈に展開していませんか???

親御さんへの罪悪感で自分を縛り付けてるのも「支配」に当たりませんか?

周りの人が強烈に私を支配するのが投影だとしたら、私が私自身を強烈に支配してるから、という見方もできるんです。

ドキッとしました???

例えば、今は実家に帰ってるわけですが、それまで旦那さんとの生活でどれくらい耐えました?
もうそりゃほんま、ふつうやったらとっくに逃げ出してまっせ、というレベルまで我慢してました?

ここで出てくる友達やご主人とその家族たち以外にも、仕事、お金、生活、人間関係などで支配されてる私って図式、心当たりはありませんか???

例えば、DVやモラハラのご相談でこういう話があるんです。

「ご主人にむなぐら掴まれて暴言吐かれたので、即、子ども連れて家を出ました」という人もいれば、「ご主人に毎日暴言吐かれて傷ついて、挙句手まで出され続けて生傷が耐えず、果ては子どもにまで手を出すようになってようやく家を出ました」という人もいます。

私、前者の人は自己肯定感が高く、ちゃんと自分を守れる人だと思ってます。
(もちろん、この言葉だけでそうだと判断はできないですけどね。)

後者の人はほんとうによく我慢したね、耐えたね、と思う一方で、自分を傷つけ過ぎてる、罪悪感強し、と思います。

何が正解か?なんてないと思いますが、自分を守ることも大切な自己肯定感の態度ですよね。

さて、Cさんはどれくらい自分のことを大切にできているでしょうか?

もっと自分を自由にしてあげてもいいんじゃないでしょうか。

「私はもう十分頑張った。
 私はもう十分自分を罰した。
 だからもう自由になっていいし、好きなことをしてもいい。
 自分を解放して、自由な世界に自分自身を置いてあげてもいい。」

そんなアファメーションをぜひ繰り返し言葉にしてみてください。

モラハラ的なひどい発言に傷つくのは、その言葉に同意している自分がいるからです。
すなわち、自分でその言葉自分に言ってるので傷ついてしまうのです。
それが投影の法則ですね。

だから、自分を自由にして、自分を大切にすることを学べばその言葉に傷つかなくなります。

そして、時に外からやってくるひどい言葉や行動は「さっさと逃げなさい」というサインであるケースも多いんです。

「なんでこんなに辛い仕事ばかり回ってくるんだ」→「その仕事をさっさと手放してほんとうにやりたいことをやりなさい」というサイン。

そんな風に読むこともできるんです。

一方、こんな言い方をすることもあるんです。
「これ以上、ご主人に罪を重ねさせないでください。あなたが逃げることができれば、彼は誰かを傷つけずに済むのです」と。

さて、Cさん。
本腰を上げて自分を愛することをレッスンして参りましょう。

その手始めに、親に甘えることをしてもいいです。
自己肯定感を上げる方法を学んでもいいです。(あ、そういえば、根本先生がちょくちょくそんなセミナーやってるみたいですよ!(宣伝))
自分に優しくしてあげることを学びましょう。

まずはそれってどういうこと?どうしたらいいの?って考えるところから。
もう十分頑張りました、って自分に言うてあげるところから始めましょう。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事