父母とのことが癒えてきたのですが、異性を意識すると自分が出せません。

自分の成長や変化を受け取れるようになると、自信がついて、次なる課題にも前向きに取り組むことができるようになります。
そして、今起きてることが「ふつう」のことして受け入れることもできるんです。

***
私は過干渉で癒着の母のもとで育ちました(他界済)。また、私の親は壮絶な家庭内別居の後に離婚しました。母は家庭内別居中、「父親とは一切関わるな。口をきくな」と、私に強制しました。
 根本さんのブログを読んだりするなかで母とのことも随分解決されてきたし、父とのことも、本当は父が大好きな女の子だった事・本当は母の目を気にせずに父と関わりたかった事・母に強制されて父を家の中で避けていたけれど、そのことを「父に悪いことをした」と思っていると気付きました。
幸い、私の勤めている会社は父親世代の男性が多く、私を可愛がってくださり+私も慕いたくなる方々がいらっしゃるので、面談でアドバイスいただいたように、私→娘役・その方たち→父親役、みたいな感じで接して数カ月が過ぎました。
「こんな風に父に接したかったんだ。こうやって取り留めのない話を父にしたかったんだ」そんな風に思いながら彼らと接するうちに、お父さんに甘えてたかった女の子の気持ちが少しずつ満たされてきている気がしています。

 しかし、私はまだ子供でいたいようなのです。異性の存在を許可できないです。多くの男性と普通に接します。でも、好きだと思う・異性としてみる男性の前になると途端に自分が出せなくなります。これまでの数少ない恋愛でも自分を隠してしまい、「自分を見せてくれない」と振られました。相手が私に気があると気付いた時も相手を避けてしまいます。親密感が怖く、自分を知られることが怖いです。
 
 母との関係が前より癒え、父への罪悪感も消えつつあり、スカートも履くしメイクもするし、好きな下着を上下で揃えたり(昔はこういう事も母の目を気にして出来なかった)、・・・・・・、自分なりに色々取り組んできて、後、何が足らないのだろう?と思っています。
自分では、深い関係になる=私にべったり+私へダメだしばかりしていた母親との関係と思ってしまうからなのかな?とか、私が大人の女になる=母を置いていくor裏切る、みたいに無意識に思っているのかな?と感じています。
異性の存在を自分に許可する・男性から女として見られ扱われても逃げ出さないようになる・異性からの愛を受け取れるようになる・好きな人の前で本当の自分が出せ、自分を知られてもOKになる、こうなるためには、どんなことが私にできるのでしょうか?
(Kさん)
***

素晴らしく変化と成長されてますよね~
お母さんとの癒着の解消に、お父さんに対する距離感の改善ってほんと人生に大きなインパクトを残すものだと思うのです。
ほんと素晴らしいです~!

>お父さんに甘えてたかった女の子の気持ちが少しずつ満たされてきている気がしています。

素晴らしい!
お父さんとは何歳くらいから疎遠だったのでしょうか?
少なくても少女時代ですよね?

その少女時代に満たされなかった思いが満たされてくると、だれでも「そのままでいたい」と思うものです。

それが普通なんですよね。

しかも、子ども時代にお父さんのことが好きだったのに近づけずに寂しい思いをしたり、罪悪感を感じていたとするなら、それが癒されていくのは心地よく、ずっとそこにいたいと思うものだと思います。

だから、

>しかし、私はまだ子供でいたいようなのです。

と思うのはむしろお父さんとの関係が癒され、お母さんとの癒着が切れてきた証と言えるでしょう。

でも、Kさんに限らず私たちは一つの課題がクリアされると間髪入れずに次の課題を見つけてきます。

>異性の存在を許可できないです。

という風にね!(笑)

ちょうどKさんも思春期くらいのマインドになってきたのかもしれません!
中高生くらいの女の子が、恋愛に憧れるんだけど、恥ずかしくて自信がなくて怖くて自分を出せない、という。でも、持ち物もファッションも思い切り女の子になってきて。思い切り女の子になってる感じ。

それを聞いて「でも、私、もう○○歳だし」と自分を責めたくなるかもしれませんが、心の成長ってそういうものですよね。

子ども時代にお父さんとの関係を封印されたとしたら、私たちはその年齢でとどまってしまいます。
Kさんはお母さんに禁止されるわけですが、死別や離婚といった物理的な要因で年齢を止める場合もありますし、癒着などから子どもで居ることを敢えて選ぶこともあります。

もちろん、お父さん(異性)との関係性が子どものままであっても、他の要素は成長しますから、Kさんのすべてが子どもっぽいということがありません。

だから、中高生の女の子になってきてるんだな、と思って、自分は成長したなあ、って褒めてあげるのがまずは大切なんです。

ま、とりあえず祝杯上げて赤飯食って花を飾りましょう(笑)

ただ、その頃の女子はだんだんお父さんを疎ましい存在に感じてきます(自立していきます)から、だんだん職場の“仮の”お父さま方がウザくなってくるかもしれません!
それもまた成長の証ですね。

さて、Kさんは

>自分なりに色々取り組んできて、後、何が足らないのだろう?と思っています。

という考え方が癖になってしまってませんか?

「一生懸命頑張る」+「何かが足りない」=「うまく行かない」

という公式が成り立ってしまいませんか?
これはお父さんとの関係とは別の心理的なパターンですよね。

一つ一つ課題をクリアするたびに受け取って祝杯を上げ、喜びを承認をしたのち、次のステップに目を向けましょう。
なぜかというと、ここまでの変化成長を「自信」にするためです。

それプロセスを欠くと成長して、変化して、素晴らしいことが起きてるのに「過ぎたこと」や「大したことない」と思ってしまい「自信」になりません。

特に受け取り下手な自立系女子・男子は、以前は難関だと思っていた課題も、クリアした瞬間に「あまり大したことないな、これくらいできてふつうだ」なんて思ってしまうものです。

だから、ちゃんと承認してあげることは心理的にもすごく大切なことなんですね。

そういう風に自信を付けてあげると次なる課題に対しても「私なら大丈夫」って自分を信頼できるようになります。
「これまでも無理だと思っていたお母さんとの癒着の問題とか、お父さんへの罪悪感などをクリアしてきたんだから、きっと異性との親密感も解決して行けるよ!」って自分に言ってあげられるんです。

さて、その異性との関係ですが、

>自分では、深い関係になる=私にべったり+私へダメだしばかりしていた母親との関係と思ってしまうからなのかな?とか、私が大人の女になる=母を置いていくor裏切る、みたいに無意識に思っているのかな?と感じています。

お父さんを経て、再びお母さんとの関係に戻ってきたみたいですね。
まさにプロセスはスパイラルですよね~
一見同じところを通っているように見えて、実はらせん階段をぐるぐると登っていくんですよね~。

『大人の女になる=母を置いていくor裏切る』て思春期の女子はけっこうみんな感じてたりするんです。
まあ、私のブログを読んでくださる武闘派の皆さんはどれくらい実感されたのか、また覚えてるのか分からないのですが、初めて男の子とキスをしたり、エッチしたりすると、大人になった喜びの一方、お母さん(お父さん)への罪悪感を持つものです。

裏切ってしまったような、もうかつての関係には戻れないような。

だから、Kさんのように感じることは何も珍しいことでも、悪いことでもなく、ごくごく自然現象だと思ってほしいんですよね~。
まだ自分に何か足りない、とか、自分がダメだから、とか、お母さんとの問題が大きいから、なんて思う必要はないんです。

そもそも起きてることのすべてが自然現象ですからね。
起きてることは何ら間違いのない正しいことですし、それをできるだけそのまま「ふーん、そういうことなんだ」って受け入れていくことがお勧めですよ。
できればそれも「ああ、あたし、成長してんなあ。すごいなあ」ってポジティブに。

そうすると次なる課題に「ワクワク感」が出てくるんです。
今でもこんな素晴らしいのにも、もっと素晴らしくなっちゃうよね!って。

だから「だって、まだこれからなんだから自信なくて当たり前なんじゃないの?」って自分に言ってあげましょう。

その一方でもう大人の部分もあるわけです。
「私はもう十分大人の女」っていう思いで生活してみましょう。
今のままで十分大人って自分を承認してあげるために。

そして、普段から「もう私は大人の女」って振る舞いを意識してみましょう。

後は経験値。
異性を感じる男性が現れたら何も言えなくなっちゃうのは無理ないですよね?
だってまだ経験少ないんですから。

だんだん慣れてくし、私の成長曲線ハンパないんだから、きっと大丈夫。
って自分を信じてあげましょう。

「○○歳なんだし、これくらいできなきゃ」ってプライドはできるだけ手放したいですよね。
それかな?とりあえず(笑)

>異性の存在を自分に許可する・男性から女として見られ扱われても逃げ出さないようになる・異性からの愛を受け取れるようになる・好きな人の前で本当の自分が出せ、自分を知られてもOKになる、こうなるためには、どんなことが私にできるのでしょうか?

これらのことってふつうにお父さんに愛されて育った人でも難しいんですよ(笑)
「自分はこれがダメだ」とか「お父さんとの関係がダメだから」とか「お母さんと癒着してるから」って思うとなんか大問題に見えてきますが、他の女の子でも経験積んで学んでいくところです。

マイペースが肝心。
そして、できることをやっていくことが大切。
焦る必要のないこと。
今できることをやっていくこと。

例えば、「自分を知られてもOKになる方法」を100個くらい探してみましょうか?
そして、思いついたことを全部やってみてください。

ただ「自分を知られてもOKになる」というのは何を持ってそう認定するのか?は難しいですよね?
5kgダイエットする!なら体重計がそれを教えてくれるわけですが。

ある程度男性に自分をオープンにできて、話せるようになっても「まだ自分を知られてもOKが出し切れてない!」って感じやすいものです。

だから、それを具体的にしてみることはとても大切なこと。
どんなことができたら「OK」なのかを具体的にしてみましょう。

案外、あれ?もうだいぶできてるかも・・・という事例も少なくないのです。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作