(感想)観念のブロックを外したら、母親に対して持っていた感情が解放された。


Mさんからの感想。(ずいぶん前に頂いたものなのですが)


カウンセリングの感想です(笑)よかったらブログネタにしてください
根本先生のカウンセリングで、今迄自分を勝手に縛っていた観念のブロックを外す、ということをしました。
「私は働かなくてはならない」「優しい母親でなくてはならない」…などなど。

でも、カウンセリングから滞在していた実家に帰って、思いもしてなかった別のブロックが外れてる!と気づきました。
おばあちゃんが大好きなウチの子どもたち。自由奔放な振る舞いをする子どもたちに、母は「~しなければならない」「~すべきだ」と口うるさく『観念』を植えつけているんです。

今迄は、特に子育てについては全て母の言うことが正しいと思っていました。(教育の仕事をしているので。)だから私も同じようなことを子どもたちに言い聞かせてきました。
ところが、「母に逆らってはいけない」というブロックが外れたらしく、急に母に対して(それってどうなん?)(そんなにウチの子たちを縛りつけんといて!)と心の中で叫んでいたんです。
反抗期がなかった私。なんでも母の言うとおりだった私。45歳にしてやっと迎えた反抗期?
と同時に、今迄こんなふうに私は縛りつけられてたんや…と母に対する憎しみさえ湧いてきてしまいました。

ちょっと苦しくなってしまいましたが、そこはもう私は大人ですもんね。母に対する感情を解放して、許せるようになりたいと思います。うまくいくかわからないですが;^_^A
これからは、母の言うとおりではなく、母と対等な立場で自分の思ったとおりに子育てできたらいいなぁ、と思っています。
ちょっとびっくりしたカウンセリング効果を報告したかったのでメールしてみました。ありがとうございました。


すばらしい変化と気付きだと思うんですよね~

ブロックを外す、観念を手放すってようするに「~しなければならない」を手放すってことです。

だから、「~しなければならない」にとても反応するようになります。
お母さんの思いもそうですし、自分の中でもそうです。

しかし、ほんと素晴らしいですね(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事