状況が問題を解決してくれるわけではない~その問題の奥の心は?~


状況が望む通りになっても問題がなくならないものです。
なぜかというと問題を作っているのは心だから。
その心の在り方を変えて初めて問題は解決するのです。

「夫婦の離婚問題。
 旦那が出て行ってしまって別居中。
 何とか帰ってきてもらってやり直したい。
 またあの頃のようにラブラブになりたい。」

というご相談。
どうしたら帰ってきてくれるのかを必死に考えます。
じゃあ、旦那さんが帰ってきたらこの問題はなくなるのでしょうか?

違いますよね?
帰ってきたら帰ってきたで、どうしたらラブラブになれるのか?をまた考えるようになります。
あるいはまた出て行ってしまうじゃないかと不安になってあれこれ考えてしまいます。

「彼氏が欲しいんです。
 寂しいし、将来が不安なんです。
 でも、あまり自分に自信もないんです。」

というご相談。
合コンやお見合いパーティ行ったり、婚活サイトに登録して頑張ってます。
それで念願の彼氏ができたとしましょう。

じゃあ、問題は解決でしょうか?
1つはクリアになりました。
でも、次なる問題が出てくると思いませんか?
「ちゃんとお付き合いができるだろうか自信ないんです。」
「別れちゃわないか不安で不安で。」
「会える時はいいけれど会えないときは特に寂しくて」

「お金がいつも足りないんです。
 給料は少ないどころか、むしろ多い方なんですけど、
 月末にはどうしてもぎりぎりか足りないくらいなんです。」

頑張って仕事して、さらに給料が20%アップしました!!
じゃあ、問題が解決してるのか?というと・・・。
「やっぱり足りなくなっちゃうんです」

旦那が帰ってくれば・・・
彼ができれば・・・
収入が増えれば・・・

と私たちは状況に振り回され、状況を変えようとしてしまいます。

ところが、もし状況が望む状態になったとしても新たな問題が生まれ、そして【同じことで悩み続ける】ことになるのです。

ええーーっ!?ってなります?

ここで大切な法則をひとつ。

【すべての問題はココロが作っている】

どんな状況にあっても、それを問題として捉えるかどうかはココロ次第なんです。

「月収が10万円くらいでも豊かさを感じて生活している友人がいます。
 その一方で、月数が数百万あるのに豊かさを感じられない方もいます。」

「離婚して幸せを感じた人もいれば、
 別居を解消したのに幸せを感じられない人もいます。」

「彼がいなくても幸せそうな人もいれば、
 彼がいるのに不安でいっぱいの人もいます。

この話は理解できると思います。
むしろ、当たり前でしょ?って思うかもしれません。

皆さんもそういう体験ありませんか?

私の場合はお金の問題がずっとあったのですが、収入が増えればその問題は解決すると思っていました。
ある時、月収が100万を超えたんですが、実情はあまり変わらなかったのです。
使途不明金が増えたり、贅沢をしてしまったり。
「お金ってなくなる、足りないもの」という観念がずっと心の中に渦巻いていたのです。

つまり「お金ってなくなるもの。足りないもの」という思いを変えない限り、この問題はなくならなかったのです。

寂しくて、将来が不安だから彼が欲しい、と思っているのであれば、彼ができて、一時的にその寂しさと不安は解消されるかもしれませんが、また顔を出してくるんです。
会えない日が寂しいし、彼とうまくやっていけるか自信がなくて不安になるんです。

彼ができるかどうかは重要じゃなく、その今ある寂しさや不安や自信のなさを解消していかないと、この感情はどこまでも付いてくるんです。

【感情を癒す】ということ、【心の在り方を変える】ことが大切なのです。
「考え方」ではなく「心の在り方」というのがポイントですね。

どういう風に変えていけばいいのでしょう?
感情を癒すためには「心の中に溜まっている感情を外に解放し、愛を受け取る」というプロセスを私は意識しています。

感情を解放する、というのは「向き合う」ことから始めます。
宿題で「お手紙を書く」って言いますが、これもまた感情の解放に役立ちます。
セミナーではロールプレイやイメージワークを使って感情のふたを外して解放します。
コミュニケーションもまた感情の解放に役立ちます。

問題解決セミナーでも「あなたのお父さんはどんな風に人を愛する人ですか?」ってお聞きしました。
ふつうに接していたらとても愛情なんてあるとは思えないお父さんへの見方を意識的に変えて、愛があることを前提に考えるんです。
「愛がある」という目で見ると、私たちの脳は素晴らしいんですね。
そういう風に見せてくれるようになります。

心の在り方を変えるためにはアファメーションも効果的ですね。
意識レベルで思いを変えていきます。

セラピー的には「許し」や「愛を受け取る」ことで在り方が変わることもよくあります。
そのままでいいんだ、という許可が出るわけですね。

今起きてる問題の表面ではなく、その中の心を見ていく・・・。
その意識だけでも変化を感じられることも少なくないと思います。

そして、その心の在り方が変わっていくと「状況は変わってないのに心は平穏」とか「なぜか知らないけれど希望が持てるようになった」とか「大丈夫って気がする」みたいな感じが得られます。

そして、のど元過ぎれば・・・で「問題」があったことすら「忘却」するのです。
この「忘却」を持って私は「問題解決」だと思っています。
「ああ、そんなことがあったよね」と懐かしい気持ちがするくらいの場所です。
私はいつもそこを目指していくのです。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事