職場では毒舌を垂れ流し、プライベートでは自立男に振り回される。そんな女子校育ちの私が幸せになるには?


素直で純粋で不器用なのが長所だから、あれこれ考えずに「自分らしさ」にこだわる方が幸せを感じられる。
これが私だ、文句あるかー!!!と叫び続けましょう。

***
根本さん、こんにちは。
7/26のワークショップに参加してから、ブログを毎日楽しみに拝見しています。「女子校育ちの・・」のご本拝読しました。女子校&女系家族という同性が多い環境で、何よりも異性に媚びることを毛嫌いして生きてきた私には、とても胸にくるものがあります。今は「こじれたココロの・・」を拝読中です。
出逢えたご縁に感謝します、ありがとうございます。

リクエスト送ります。もしブログ等で取り上げていただけたら幸いです。

中高大学と11年間の女子校生活+大学時代の1年間のアメリカ留学生活を経て、営業アシスタントとして社会に出てすぐに「君の言葉はきつい。もう少しオブラートに包んで話さないと、営業マン達は傷ついてしまう」と言われてから20年弱、自分は毒舌だからそれを出さないようにしなければと思いながらやってきました。
お陰さまで、外面よく何よりも同性に嫌われないように気をつけながら、今の職場でも3年半が経過しました。
ここ最近、仕事の負荷が高まり、今まで保ってきた外面の良さをキープ出来ず、毒舌垂れ流しのような状況になっています。

プライベートでは、知り合って4年になる自立男を追いかけている情熱の女です。4回告白して断られているのに諦められず、相手は気が向けば遊びに来て、一緒に食事をしたり、セックス手前のスキンシップまで(私にセックス経験がないため)します。
会った翌日はもう友達モードで、メールの返信もなくなります。数ヵ月前に別の男性の話題をメールしたためか、それ以来メールやりとりもこちらからの一方通行です(謝罪メールにも反応なし)。

仕事で毒舌をはきまくっている自分も、プライベートで振り向いてもらえない相手に依存して何度もメール送信している自分も好きになれていないように感じます(仕事については、「ひっちゃかめっちゃかになってるけど、知るもんか。嫌なら私ではない人に担当させるべし。」と、だいぶ開き直って考えるようになってきました)。

これらの状況を自ら引き寄せているのであれば、どのようにしたら自分を好きになれるでしょうか?

まだまだ蒸し暑い日が続きますが、お身体ご自愛ください。
(Aさん)
***

仕事で超自立、恋愛で超依存。そんな方に何度もお会いしてきました。
みんなが憧れる仕事をバリバリこなしているのに、殊恋愛になるともう不安で不安でしょうがなくて、とか、「あの人に彼氏がいないのは社内の七不思議」と言われる女性がいつもダメンズに振り回されてる、とか。Aさんもそんなタイプかもしれませんね。

女子校育ちという観点で見ると、やはり中高時代に男性への免疫が少なかったことで、男性との距離感、付き合い方が混乱しちゃってるのかも。
だって、日常で接する男性の感覚が「小学生」で止まってしまうわけですものね。
その間に、色気づいて、性に目覚めて、大きくなって、力強くなって行くプロセスを見ずに、その結果だけを大人になって見せつけられるわけですから、混乱します。
少々大袈裟ですが「昨日は子どもだった子が、今朝会ったらいきなり大人になってた」みたいな衝撃は受けてるんじゃないかなあ、と思うんです。

さて、具体的な面を見ていきましょう。

>ここ最近、仕事の負荷が高まり、今まで保ってきた外面の良さをキープ出来ず、毒舌垂れ流しのような状況になっています。

むしろ、仕事が忙しくなって良かったなあ、と思いました。
「君は毒舌が過ぎる」と言われて、それを反省して隠すのもいいけれど、でも、それって付け焼刃なんですよね。
やはりしんどいことなのでいずれは出て来てしまうんです。
むしろ、出さないようにすることでストレスが溜まるんですね。

「毒舌が過ぎる」という人は、とても素直で、まっすぐな人。表裏のない、純粋な人。だから、そういう人としばらく一緒にいると「あの人は口は悪いけど、表裏のないまっすぐな人」という評価が得られるようになっていきます。

だから、改善しようという気持ちは分からなくもないけれど、それを隠すよりも長所として認識し直す方がほんとに大事なんですよね。

セミナーでもよくお話しますが、欠点や短所というところは直しちゃダメなんですよね。
直そうとすると長所が消えてしまうし、個性もなくなってしまいます。
指摘されたら「すいません~!自分に嘘つけませんで~!」って明るくごまかしてたらいいんです。
毒舌垂れ流しはAさんのキャラになりますし、人によっては可愛く見えたりしますね。

だから、最近、隠せなくなってきてるところは恩恵です。
ぜひぜひ、そのまま毒舌キャラ全開で行ってみてください。

そういうわけで、Aさんの長所はそんな表裏のない、ストレートなところなわけですから、恋愛でもそれでいいんです。

女子校育ちの方は素直で純粋でまっすぐでとても不器用な方が多いですよね。
あまり駆け引きができずに、どっちかって言うと猪突猛進型が多い様な気がします。

好きなもんは好き、でいいんです。
4年も追いかけてるんだから、そりゃ、情熱の女ですよね。
他の人に行こうと思っても無理なんでしょう?
どうしても、その人が気になっちゃうんでしょう?
メールの返信が来ないと不安になるんだけど、逆にそれが刺激なわけです。
その刺激にロマンスやドラマを感じてしまってますますハマるんです。

でも、そういうもんなんだからしゃあないんです。

ただ、職場で毒舌女として自分を全開にしていくと、ちょっと恋愛のパターンも変わるかもしれません。
職場が刺激的になるので(つまり自分を偽る場所じゃないのでストレスの溜まり方が違う)、恋愛にそんなに刺激を求めなくても済むようになるんですね。

だから、もしかするとどんどん自分を出していくと彼への興味も変わっていくかもしれません。

そんな風にAさんの場合は「露骨なほどに自分を出しちゃう」というのを仕事でも恋愛でもどこでもテーマにしてみるとどんどん覚醒していくんじゃないかなあ、と思います。
もちろん、自分のことも好きになりますし、ますます元気にパワフルになるので、人生がもっと面白く、楽しくなると思いますよ。

「これは好きか、嫌いか」
「これは私らしいか、私らしくないか」

そんな風に自分に聞いていき、自分に素直になっていきましょう。
今日の自分はどうですか?
着ている服、発言、行動、自分らしいって感じられますか?

そこに意識を向けていくことで一皮むけるんじゃないでしょうか。
「これが私だ、文句あるかー!!!」で行くんです!

毎日使える心理学講座
○セミナー・スケジュール
○カウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事