愛を受け取りやすい「状況」を引き寄せる。


周りからも可哀想と言われるような状況によく陥るのは、そういう状況になれば周りの人たちからの愛を受け取れるから。
だから、そんなことしなくても私は愛されてるって潜在意識に教えてあげるとGoodです。

****
毎日の更新を楽しみにして、自分の場合はどうかな~と、どんなことでも「自分の胸に聞いてみる」ことを実践中ですが、まだまだ自分のことはよくわからないです。。
ということで、前々から気になっている、引き寄せの法則について質問させてください。
自分はダメだ…と思っていると「ダメな自分を証明するようなこと」を引き寄せてしまい、結果周りにもそういう扱いされる…というような話…でしたよね。
似たようなことなのですが、私の場合はちょっと違って「可哀想~なんでこんなの当たるんだろうねえ」「長く居るけどこんなのやったこと無いよ~」「大丈夫、そのうち慣れるよ」と言われるパターンです。
仕事で「何かあるんじゃないの?」と言われるくらい「ちょっとめんどくさい」「めったにないイレギュラーケース」「正確さに加えスピードが要求される」案件を、高確率で引き当てます。
そりゃあもう、周りに聞きまくり、一生懸命頑張るのですが、通常の内容よりミスの頻度も多いし、深刻度も高いことも。。
本人的には冷や汗もので(もう泣きたいっ、いつになったら一人前~?)と日々思っているのですが、周りの人はなんでか暖かい目で見てくれているようで、声かけしてくれたりお菓子を差し入れてくれたり…泣けます。
(まあ心配なんでしょうね…)
それだけに早く周りに迷惑かけないようになりたいなあと思っていますがどうしたものか…。
っていうか、この状態を引き寄せてるのはやっぱり私??ってことですよね?
ちなみに案件によっては、仕掛かり途中でなんとなく(これはマズい)と感じることもあり、そこで一旦立ち止まれるようになりたいんですが…。
落ち着きがないのだろうと瞑想したりもしますが眠ってしまって効果があるのかないのか…。

ここまでだとそんなに悩むことじゃないんじゃない、と言われそうなのですが、もうひとつ気になることがありまして。
ミスが多いのはうつ傾向があると聞き、実際身体に表れる症状や心の状態が当てはまっていて(そんなはずはない)と思いながら実は心配になっており、ますます自分が解りません。
変な質問ですいません。気が向いたらご回答いただけると嬉しいです。
(Mさん)
****

気が向いたのでお応えしましょう!!!(笑)

人には「愛の受け取り方」というルールがあるみたいです。(もちろん、「愛の贈り方」というルールも同時に持っています)
ストレートに「愛してるぞ!」という言葉しか受け取れないタイプの人もいれば、そういうのは恥ずかしかったり、疑ってしまったりするので、変化球の方が受け取りやすい人もいます。
例えば、何かと気に掛けてくれている様子を半年以上観察して、「ああ、この人は私のことを大切にしてくれてるのかもれない」と思ったり、テストに次ぐテストを繰り返し、それらを続々クリアしたときだけ「愛されてるんだな」と実感する人もいます。

中には、過酷な状況を自ら引き寄せて置き、周りから「しんどいよね」「大丈夫?」「何とかなるよ」「なんかあったら言ってね」などの優しい言葉を引き出すことで、愛を実感するタイプの人もいます。

あれ?
ん?
この話どこかで聞いたような・・・。

ああ、Mさんの話でしたか~。奇遇ですねえ。ははははは(笑)

>本人的には冷や汗もので(もう泣きたいっ、いつになったら一人前~?)と日々思っているのですが、周りの人はなんでか暖かい目で見てくれているようで、声かけしてくれたりお菓子を差し入れてくれたり…泣けます。
>(まあ心配なんでしょうね…)

そう、これがMさんが愛されている証拠ですね~(笑)
ただ、

>それだけに早く周りに迷惑かけないようになりたいなあと思っていますがどうしたものか…。

これが、Mさんが自己嫌悪が趣味であることの証拠ですね~(笑)

そして、これらのプロセスが「私が愛されてると実感しやすい状況」を引き寄せてるとも言えるんです。
つまり、こういう状況にならないと愛を受け取れない私がいるわけです。

どうでしょうか?
Mさんはどんな風に人からの愛を受け取るタイプでしょうか?

もちろん、意識的には「ストレート一本勝負がいい!」と思うかもしれませんが、実際のところどうかな?
親の愛し方、パートナーたちの愛し方はどうかな?なんて思い巡らせてみてください。

「わざわざ苦労する状況を作ってそれを気遣ってもらうことで愛を感じる」ってこと、他には起きていないでしょうか?

でも、リクエストを採用させて頂いた理由でもあるのですが、意外とこのタイプって多いんですよね。
さらには「苦労する状況をせっかく作っているのに、周りは全然労ってもくれないし、愛してもくれない!!!!!!」と文句を言ってる人も多いですねえ~(笑)

「なんでそないしんどい状況作るの???」って思う方のパターンの一つです。
『そうしないと愛を受け取れない』という。

さて、Mさん。
迷惑をかけないようになりたい、というのはOKなんですけど、同時に感謝もしておきたいですね。
まずは、今の職場の人たちに「愛されてるんだなあ、私。有難いなあ」と感謝の気持ちを贈りましょう。(心の中で思うだけでいいです。じーんと温かくなるくらいに)

そして、「そんなしんどい状況を作らなくても私は愛されている」ということを、自分の心(潜在意識)に教えてあげる必要があります。

だから、Mさんは今日から、今まで自分のことを思ってくれた、愛してくれた、大切にしてくれた、優しくしてくれた、信じてくれた、そんな人たちを1人ずつ思い出して、それぞれに感謝状(書式内容共に自由)を書かなきゃいけないんです!!!

ああ、楽になるためにリクエストを贈ったのに、超ド級のしんどい宿題が返ってきてしまったぁ~!!!
これもパターンじゃないか~!!

大丈夫。私のブログの読者たちが
「可哀想~なんでこんなの宿題出されるんだろうねえ」
「長く読んでるけどどこんなのやったこと無いよ~」
「大丈夫、そのうち慣れるよ」
って優しく思ってくれますから(笑)

ちなみにその感謝状。
実際に渡せる人には渡すとさらに効果が大。

愛を受け取る(そして、与える)素敵なレッスンになりますね(^^)

「ああ、そうか。別に私はそんな状況を引き寄せなくても十分に愛されてるんだ」と実感できれば、このパターンも手放せ、ブログにリクエストしてももっと軽い宿題を出されて終わるようになるのです。

・・・でも、それってちょっと面白くない?って思った???
そしたら、まさに自ら若干ハードな人生の方が面白くて、楽しいと思っていて、そういう現実を引き寄せてるのかもね。

やっぱり「遊園地に行ったら、真っ先に、ジェットコースターに並ぶタイプ」ですか?

毎日使える心理学講座
○セミナー・スケジュール
○カウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事