仲の良かった友人が最近苦痛になってしまいました~嫌な気分を伝えるコミュニケーション~


相手を信頼することがカギ。
いい人を辞めて自分の気持ちを大切にしてあげること。
相手の価値を見て、信頼し、そして、伝えたい気持ちをはっきり伝えます。

****
根本さん、こんばんは。
東京セミナーに一度参加させてもらったOと申します。
さて、リクエストは失恋の件ではないのですが、15年以上付き合いのある男友達について、どうしても感情の整理がつかず、ご相談にのっていただければと思いメールしました。
彼とは男女の関係は全くなく、お互いの恋愛事情も相談できる仲です。
10年前、彼は大失恋をし鬱病を患い入院などもして、4年後くらいにやっと元気をとりもどし、今は通常の生活を送れています。
しかし、大失恋以降、彼に彼女が出来たことはなく、好きな子ができたー、という報告はあるものの、成就には至っていません。

前置きが長くなりましたが、その彼から頻繁に電話がかかってくるのが、最近苦痛です。
鬱病時はなにかあったら…という心配から仕事中でも夜中でも出ていましたが、もう大分よくなってますし、実際かかってきて話すのは世間話や愚痴、好きな子のことなどで、正直私は興味がありません。

一度仕事が忙しいといって、電話に出なかった時期があります。
すると、ラインで「◯◯(私の名前)、大丈夫?」とだけ送られてきました。
私はまた嫌な気持ちになりました。彼は私が電話したいのにできないと思ってること、避けてるの気づけよ、と思ってしまいました。
結局そのあとかかってきた電話に出たのですが強く言うことも出来ず、また例の好きな子の話を聞いて、電話は終わりました。
仕事終わりや休日の誰にも邪魔されたくない時間に彼から電話がくると、うんざりします。

でも、鬱の経歴があるしあまり邪険にも出来ないな、とか、私が失恋したときは話聞いてもらったりしたしな、とか思うのですが、うんざりする気持ちや、苛立つ気持ちはおさまりません。

またちょっとしばらく電話には出ないようにしようと思ってますが、かかってきたら嫌な気持ちになるのかな、と思うと憂鬱です。
友達付き合いを切ろうとは思いませんが、この感情をどう処理したらいいのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。
(Oさん)
****

結論から言うと「友達だということをもっと信頼してみればどうかな?」ってことになります。

とてもきれいな表現をしてみました(笑)
もう少し、ストレートな表現をすると「ちょっと距離が近すぎるんだ。もう少し電話控えてくれない?」って言ってみましょう、ということです。
逆にそういうことを言えないってほんとの友達なんかな?と思ってしまうのです。

なぜ、Oさんが電話を取ってしまうのも、これだけ気遣いしてしまうのも、その友達との関係が、純粋な友達というよりも「面倒を見てあげなきゃいけない人」の要素も入って来ちゃってますよね。

彼は鬱だったんだから・・・と。

でも、今はもう良くなったとしたら、彼を鬱病扱いしなくていいんですよね?
(また再発させてしまったらどうしよう、という心配も「彼が病気になる」ことを信頼しているわけですね)

ちなみに彼と友達でいる理由って何でしょう?
友人としていいところっていっぱいあるんでしょう?
逆に言えば、鬱病になった彼をそこまで支えてあげたいと思うくらい魅力的な彼なわけですよね?

その価値をちゃんと見てあげませんか?

今みたいなウザいんだけど、でも、傷つけたくないから頑張って受け入れる、、、という状況はあまり長続きしませんよね。
むしろ、彼のことがどんどん嫌になって、ますますウザく、重くなってしまいます。
そして、ある日、突然、「もういやっ!」となって切れてしまいます。
彼とすれば、その直前までニコニコ自分の相手をしてくれた人が急に切れてしまうのでどうしていいのかパニックです。
もちろん、Oさんも罪悪感でいっぱいになります。

だから、早めに今の関係性を変えてしまいましょう。

ところで、嫌なんだけど我慢して受け入れる、というパターン、Oさんは他の人間関係では思い当たりませんか?
親子関係で、きょうだいや他の友達との関係で、恋愛で、あるいは、職場の人間関係で。

もし、思い当たるところがあるならば、この友達の彼との問題はその一端に過ぎないのかもしれないですね。

ついついいい人をして相手を受け入れてしまう、、、
Noと言えずに我慢して付き合ってしまう、、、
本当は嫌なんだけど申し訳ないと思って我慢してしまう、、、

最近はそんな「いい人症候群」が流行っていますから。

だから、セミナーとかカウンセリングで「鬼畜生になりましょう」とか「不義理非人情で行きましょう」なんて話をするんですけどね。

ということで、彼についてはこんなプロセスをお勧めしたいと思います。

1.【感情の解放】今、言えずに我慢してることは何だろう?言いたい本音って何だろう?ってことを紙に書き出してみる。(もしくは、別の友達に話を聞いてもらう)

2.【リハーサル】彼宛にお手紙を書く。(これは渡すものではないけれど、渡すくらいリアルに書いてみる)

3.【呼び出し】彼に大事なお話がある、と言って呼び出す。(電話でもいいけど、会って伝えた方が色々と効果的)

4.【本番】会って、言いたいことを伝える。(言い辛ければ手紙を渡して目の前で読んでもらうのも可)
 その時、大きく深呼吸し、友達としての彼の価値を見て、信頼して、まずは、そのことを伝え、そして、その後に一番伝えたいことを短く伝えるのが望ましい。

これは友達関係だけでなく、恋愛の場面でもよくお伝えすることですけどね。

「嫌な気分を伝えるコミュニケーション」はほんと難しいんですよね。
上級クラスに属する問題です。
だから、うまくやろうとすると空振りするので、一生懸命、必死な思いで伝えると、それが彼にもちゃんと伝わります。
そうすると、今よりさらにいい関係が手に入ることも珍しくないんです。

勇気を出して、一歩踏み出せますように!

毎日使える心理学講座
○セミナー・スケジュール
○カウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事