大阪:9/19(火)、東京:9/22(金)大人の心理学講座「インナーチャイルドと改めて向き合ってみる。」


私の手違いにより、9/22の東京の会場が変更になります。同じ神楽坂の別のセミナールームとなります!


子どもの頃の寂しい私、我慢していた私、お母さんが笑顔になって欲しくて気を使っていた私。
そんな頃に身に着けたパターンが今も現役で残っていて、寂しさに耐えたり、言いたいことを言わないでおいたり、相手に迷惑をかけるからと1人で頑張っていたり。

その根拠の一つとなるインナーチャイルドについて今回は向き合ってみようと思います。

子どもは才能や元気やエネルギーの塊。
また、親密感が大好きで、素直な上に、創造的。

「嫌われるのが怖くてパートナーに言いたいことが言えない」
「嫌なことがあっても、揉め事になることを避けて我慢する」
「誰かに頼ることは迷惑をかけることだから、一人で何とかしようとする」
「家族の調整役として活躍していたから、今も自分の意志を通せない」
「周りの期待に応えて来たので、今も自分がしたいことが分からない」

そんな問題を抱えているのならば、幼少期のその体験が今に尾を引いているのかもしれません。

子ども時代の体験は「三つ子の魂、百まで」ということわざにあるように、その後の人生に大きな課題を残します。
もちろん、それも潜在意識的には自らが選択したことなのだけど、今の人間関係に影響を残します。

今回のセミナーでは、子ども時代の自分と敢えて向き合ってみると同時に、自分が自分らしくあるためのヒントをインナーチャイルドから受け取ってみようという企画です。

質疑応答が中心の大人の心理学講座では、そんな皆さんの体験を募集します。

親密感への怖れを分析していけば、幼少期の家族関係に行き着くことが多いです。
お母さんの前でいい子をしてきた、とか、弟に遠慮して我慢してきた、とか、お父さんが怖くて自分を出せなかった、とか。

そうした感情は「今現在も」心の中にとどまったままでいることが多いのです。

インナーチャイルドのワークは決して「過去」を扱うわけではありません。
「今」も、心の中に小さい膝を抱えた女の子(男の子)がいるから、その子を救うためのセラピーです。

だから、インナーチャイルドを解放すると、笑顔がとても自然になります。
心が温かくなり、ああ、ここにいていいんだ、という居場所を感じやすくなります。
ワクワクすることがしたくて落ち着かなくなったり、好きなものがはっきりと見えてきます。

今回のセミナーではそんなインナーチャイルドを解放し、自分らしい人生を取り戻すために、こんなカリキュラムを用意しています。

◎インナーチャイルドに関する質疑応答
◎インナーチャイルドとは何か?
◎インナーチャイルドを解放するにはどうしたらいいのか?
◎インナーチャイルド・ワーク(イメージワーク)

大人の心理学に相応しく(?)ゆったりと、そして、深く、セミナーを進行していきたいと思います。

自分自身を見つめ直すきっかけにしてみてください。

【大阪】
日時:2017/9/19(火)13:30-15:30
会場:大阪市立 総合生涯学習センター 第6会議室
   大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
地図:http://osakademanabu.com/umeda/access-map
交通:各線大阪駅・梅田駅徒歩5~10分、北新地駅直結。

【東京】※当方の手違いで会場が変更になります。
日時:2017/9/22(金)12:00-14:00
会場:神楽坂・アイフィールド

会場:神楽坂・セミナースペース パレット 204ホール
住所:〒162-0816 東京都新宿区白銀町2-12 SILVER HILLS 201号室
アクセス:http://ts-palette.com/map.html
交通:東西線神楽坂駅徒歩5分、大江戸線牛込神楽坂駅徒歩7分、各線飯田橋駅10~15分、

【料金】
¥5,000-(当日現金払い)

お申し込みはこちらからどうぞ!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事