自己承認をする秘訣は、ついつい自分を責めちゃう自分に気付いて、その仕組みを見つけること?


「自己承認の心理学講座 in 大阪」

3,4時間分のセミナーを2時間に放り込んでしまう悪い癖は未だに直りません(笑)
しかも、最初のレクチャーであれやこれやとたくさん話をしてしまいました。

今回は「自己承認とは?」「自己承認できない理由」「自己承認を阻むものの数々」「自己承認のケーススタディ」「自己承認が上手にできるようになるコツ」という5つの段階に踏んでお話しさせていただきつつ、実習もしっかりやりました。

「希望」や「具体的な方法」をお持ち帰り頂けたら嬉しいです。

自己承認をするためには、「自分が自分にダメ出しをしてしまうこと」も承認してあげることが必要です。
また、ダメ出しをしたときに気付いて欲しいのは「そのダメさを決めてる自己基準」の存在。

「○○しちゃだめ」と思っているから、○○したときに自分を責めてしまうのです。

その仕組みが理解出来たら、今日からまた少し自分に優しくなれますよね。

ぜひ、「コツ」を2,3か月続けて頂いて、劇的な効果を体験していただけたらなあ・・・と思います。
ああ、劇的ってのはけっこう盛ってるかも(笑)

この場合の「変化」って「本来の自分に返る」ということなので、あまり感動的な変化じゃなく、楽になった、自然体でいられた、自分を責めることがなくなった、人から柔らかくなったって言われることが増えた、笑顔でいる時間が多くなった、みたいな変化なんですよね。

ぜひ、体験していただけたらなあ、と思ってます。

こちらは今日のお花。

そして、参加して下さった方の感想をいくつか。

×→◯にすべきと思ってる自分がいたこと。
多数派は正しいなど、正しさの罠、正解主義になってる自分に気づくことができました。
ありがとうございますm(_ _)m

自分を責めない!
人は人、私は私
俺ってそういう人間
俺はかっこいい
俺は自由だ
を合言葉に少しずつ自分にオッケーをだしてあげます(^^)
(Sさん)

今回も 楽しいお話をありがとうございました。

ワークでは 正解を見つけたい自分がいることに気づきました。

20のコツは早速写真を撮りました。

朝 鏡を見て 「かわいい」と言ってみました。
なんだかドキドキして 笑顔になりました。しばらく続けてみようと思います。
(MMさん)

そして、このセミナーは7/27(木)19:00-21:00にて、飯田橋でも開催です。
自己承認の心理学~ありのままに自分を認めるとはどういうことなんだろう?~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事