リッツカールトン大阪、ロビーラウンジでアフタヌーンティセミナーを開催しました。


私の大好きなホテル、リッツカールトン大阪。
そのロビーラウンジにてアフタヌーンティセミナーを開催しました。

ちゃんと忘れずに撮った集合写真(笑)


早めに到着した武闘派女子たちがリッツ大阪のシンボルとも言える暖炉前を占拠している様子。

相変わらず優雅な雰囲気のロビーラウンジ。
この日は生ピアノとバイオリンに生演奏が私たちを和ませてくれます。
この空間はとても素敵ですよね。

実は私、執筆に行き詰ったときなどに発想を変えるためにたまにお邪魔してるんです。
隅の方に1席用意して頂いて、その時のお勧めのケーキなどと一緒にパソコンを開くと、不思議とすらすらと文字が湧いて出て来るのです。
本はもちろん、ここぞ!という記事を書くときに重宝しています。

さて、今回のアフタヌーンティは「フランク・ミューラー・アフタヌーンティ」ということで、あのスイスの時計メーカーとのコラボです。
それゆえ、チーズやチョコレートをふんだんに使った濃厚なメニューが楽しめました。
私はこの4月に日本に入って来たばかりのシロッコという高級ハーブティメーカーのジンジャーティをオーダーしたのですが、途中、これ、バーブティもいいけど、赤ワインとかも良くね?と思ってしまうほどのメニューもありました。

あの個性的な文字盤とメニュー

メニュー。

ワインではなく、ウェルカム・ハーブティ。

前菜とも言える、最初の逸品。ワイン、プリーズ!(笑)

そして、メインの聳えたつアフタヌーンティセット。

一段、一段を拡大するとこんな感じ。
  

初めての方もいらっしゃれば、常連組もいて、和気あいあいと甘いものを貪りつきながら会話が弾みます。
今回も恋愛や夫婦のお話、それから、お仕事のこと、さらには私の仕事について、様々な話題が出ました。

あっという間に2時間が経過して、全メンバーで2軒目へ。
アフタヌーンティの後は、すぐ外のテラスで再びお茶(もしくはビール(笑))。
ここでもあっという間に時間は過ぎて、小腹も空いたし、酒も飲みたいし、ということで3軒目は和食のお店。

とても楽しい時間を過ごすことができました。

お食事を共にすると距離感が縮まるのがグッと早く、1回しかお会いしてなくてもずいぶん前から友達だったような気がしてきます。
また、こうした優雅な空間でお会いするとふだんのセミナーとは違う、ドレスアップしたレディたちに会えるのも魅力です。
今回のイベントのために服を買ったという方も少なくなく、女子力アップのためにもいい企画なんじゃないか?と思えました。

私も、スタイリストのカオリーヌにコーディネートしてもらった服で参上しました。

1年、ランチセミナーなどを企画してきて、私も要領がつかめてきました。
ランチやお茶は2時間だけど、その後に2次会、3次会と広げることで、どんどん仲良くなっていきます。

その一方で、もう少しじっくり話がしたい、という声も届いています。
そろそろ以前から温めていたディナー会を真剣に考えるときかな、と思っています。
神楽坂や京都、北新地などで、美味しい季節の料理とおしゃべりを楽しむのもいいですよね。
また夏以降の企画を楽しみにしてくださいね。

ともあれ、今回も全員参加の2次会はオープンな空間でお茶(またはビール)を頂き、さらに小腹が空いた面々で3次会に居酒屋に突入する流れでお開きとなりました。

素敵な時間をありがとうございました(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事