(ご紹介)「家族のトリセツを作ってみました」


福岡の「愛するって何ぞや?」講座に出てくださった、福岡在住の心理カウンセラー・ファミリーセラピストの佐々木明子さん

なんと、こんなブログを書いてくださいました。

私にとっての「愛し方」と
夫や子どもたちにとっての「ぼかぁ、愛されてるナァ」と感じることが
同じとは限らない!?
分からないから、知りたいから、
それぞれの取扱説明書を聞いてみました。

詳細はブログをお読みくださいね。
>家族のトリセツ
http://ameblo.jp/2daijoubu/entry-12245453780.html

いやあ、「教え子に先を越される」。こう見事に応用して活用して下さるのは嬉しいです!!すごい!!(笑)

どうされると嬉しい?どういう時に愛を感じる?という話が家族内でできることもステキだし、それに答えてくれる家族もステキ。
そして、案外、その答えはシンプルっていうか特別じゃないんですよね~!

例えば、佐々木家では

【夫編】
〇「飲み会に行きたい」と言ったら「いいよ~♪」と快く笑顔で送り出されると、愛を感じる。

【長男編(小3)】
〇「お誕生日おめでとう」と言われたときに大事にされてる気持ちになる
〇プレゼントや遊園地に連れて行ってくれるとき
〇「だいすきだよ~」と言ってくれるとき
〇話を聞いてくれるとき

だそうです。

うん。分かる。旦那さんの気持ちすげー分かる(笑)
そして、なぜか、息子の気持ちもすげー分かる(笑)
同じだわな。あんまりかわんねーわな。

ちなみに根本家の場合、うちの奥さんも「うん、いいよ~」って快く送り出してくれます。
私は愛を感じると同時に、「好きなことばっかりやってゴメン」と罪悪感を勝手に感じます。
すると奥さんは「罪悪感感じなくていいの。自分が好きなことやって欲しいの。ワクワクする方を選んで!」と尻を叩いてくれるので、心置きなく飲みに行きます。
ただ、奥さんは私の健康を深く気遣ってくれているので「飲み過ぎには注意してね」という釘は忘れませんけど・・・その辺、しっかりされてますね。はい。

話題がだいぶ逸れてしまいましたが「愛のトリセツ」の話も出てくる「愛するって何?」講座、今後もバシバシ開催していきます。

人は「自分の愛し方」や「嬉しい愛され方」を知らないものだし、逆に相手の「愛し方」や「愛され方」も知らないことが多いんです。
自分本位になったりすることもありますね。だから、そこをちょっと意識してみると、ガラッと見方が変わります。

明日2/9は東京、2/22は名古屋、2/27は大阪にて開催です。当日飛び込み参加もOKですよ~!!
詳しくはこちら!
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/16826

ちなみに佐々木さんの記事では根本先生、えらく褒められてます。持ち上げられてます。ぐふふふふ。だから、読んでね(笑)

それに、ブログ内のイラスト、かわいいなあ。いいなあ。欲しいなあ(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事