ライフワーク発見ワークショップを東京で開催(10/22 pm)。そのレポートと感想と写真も。

10/22(土)東京にてライフワーク発見ワークショップを開催しました。
2016_10_22-%e7%a5%9e%e6%a5%bd%e5%9d%82%ef%bd%be%ef%be%90%ef%be%85%ef%bd%b0_%e2%98%85%ef%bc%91

4時間かけて「好き、ワクワク、面白い、楽しい」などのライフワークに繋がる感性を見つけ、そこから見付けたキーワードをもとに、どんな仕事が似合っているのか?どんな生き方ができるのか?に落とし込んでいくセミナーです。

グループワーク中心で和気あいあいと楽しく、面白く、にぎにぎしく開催させていただきました~!
やってる方もとても楽しかったですね。

皆さんの表情がどんどん明るくなるのが分かって嬉しいし、私も楽しかったです(^^)

そして、1か月後の宿題が出ています。その成果やいかに!?

2016_10_22-%e7%a5%9e%e6%a5%bd%e5%9d%82%ef%bd%be%ef%be%90%ef%be%85%ef%bd%b0_%e5%ae%9f%e7%bf%92%e4%b8%ad%ef%bc%91

***
自分じゃあ、思い付いてもムリムリ(ヾノ・∀・`)って瞬時に却下してたこと。
グループメンバーに言っていただくと、「あ、そぉ?」なーんて、勇気&やる気&できる気がしてきちゃいました(^^ゞ

そ、そういう作戦だったとは、、、!笑

あ、もちろんやっぱり、最後は根本さんがいるという安心感あってこそです!!笑

なんか、これから一ヶ月が楽しみになりました♪

ありがとうございました!!
(Pさん)
***
有意義な4時間でした!

まさかグループワークとは思わず、初めは戸惑いましたが、やってみると新たな発見が多くて楽しかったです。

実はカウンセラーに興味があった私なのですが、ワークをやってみて、カウンセラーに向いている要素や意識が全く出てこなかったことが衝撃的でした(笑)
目的であった「適職・天職」を見つけることはできませんでしたが自分の「ライフワーク」の発見はありました。
それは社会の何の役にも立たないことですが、それが自分の中で重要であり、自然にできていることなんだと気付いたことは大きかったです。良い意味で諦めがつきました(笑)

面白かったのは、皆さんのお話を聞きながら無責任に意見してる時、「あぁやっぱり。自分でもそうかなって思ってました」という人が殆どだったこと。
どこかで気付きながらも、自信や確信がもてず悶々としているんだなぁと感じました。
そういう意味でも、初対面でお互いを知らず二度と会うことがないかもしれない赤の他人様とセッションするこのワークって、すごく価値のあるものだと思いました。

先生やスタッフさんがタイムキーパーをしてくれると、皆さんが平等に発表やセッションができるかなって思いました*
それと、セミナー後に懇親会があったら参加したいなって思います( ´ ▽ ` )

本日もありがとうございました!
(Kさん)
***
午前中の「ライフワークと真実のパートナーに出会う方法」と合わせて参加しました。
そちらで言われた、「今すでにライフワークからあまり外れてない所で生きているはず」と言うのがまず、目から鱗というかかなり衝撃でした。

違う道があるから、今の仕事にこんなに違和感を感じるんだ、今日は全く違う天職(一般的な意味で)を見つけるぞ!と思って参加したので。

そして午後のワークで、グループのみなさんに挙げてもらった私のライフワーク。。。今やってる仕事の拡大版や発展版といった感じで(今の仕事について詳しく話した訳じゃないのに)、根本さんが言ってた通りだ…と納得しました。

私の違和感の正体は職種や業種ではなく、

好きな人達と仕事がしたい、
好きな分野でそれをやりたい、
好きな時間に好きな形でやりたい。

まさに「好み」や「スタイル」の問題だったんだなぁと。

「そうだったのか、すでにライフワークをやっていたのか…!」と頭の私が白々しく驚いてる一方、
内心の私が「やっぱりね笑」と小馬鹿にしてきます笑
これも根本さんの予言の通りです!

「好み」の中で仕事することを実現するには、

・上司に希望を伝えて、裁量を高めてもらう、新たな仕事を受注、担当させてもらう
・職場を変える
・雇用ではなく委託、フリーになる
・こういう事したいんだけど仕事ない?紹介して?とまわりに声をかける

と言ったことが必要で、私はここでつまづいてるんだ、と。
自分の思いや希望、本音を外に発露することや、よくしてくれる上司に意見を伝えることにとてもとても抵抗がある。
けれども、いよいよこれを乗り越えねばならぬ時が来たのだ、と…!

非常に気が重いです。
ちょっとはマシになりましたが、長年いい子ちゃんをやってきたせいか、私は「あれがやりたい!これが欲しい!」となかなか言えません。
本当に気が重いです。

でも、これも根本さんのおっしゃる通りで、やりたいから、怖いし気が重いんでしょうね。
わかってはいるんです笑

ワークを終えた時は。
とうとうその時が来たのか…着手するか!
としんどいながらも前向きでした。

帰りの電車で。
まず上司に時間もらって面談?
FBでやりたい事表明してみる?
フリーでやってる人に相談?
…え。本当にやるの?言うの?
このままでも良いんじゃない…?と
フリーズするやら逃げたくなるやら。

帰宅してから。
布団の上でのたうちまわりました。

自由にやる。
嫌いなものは嫌い。
好きなものは好き。
鬼畜生になる。

その時々で事象は違いますが、やはりいつも、この辺に辿り着きます。

もう、観念して、自分に素直に生きなさい。と言う事なんでしょうね。。
胃のあたりがくくーっとなりますが、潮時なんだと諦めます。
一ヶ月後の宿題もありますし、もう逃げられません笑
お尻に火をつけてもらいました、ありがとうございました!
(Mさん)
***
子供の頃まで遡って楽しかったことを思い出すのは、大変でしたが懐かしくなりました。
また、グループワークと言うことでみんなとシェアするのも恥ずかしいけど、言葉にするのは無意識にも働きかけることで良かったと思います。
他の人の内容を聞くと冷静に「こんなのがいいよ!」と無責任に発言できるし、案外当たってるかも!と思うのですが、言われる側にたった時に、「え~」っていうギャップが大きくて、それほんとかなぁ?となりました。
ただ、それを検証するために1ヶ月間の宿題があるというのは持続させるということでは良い考えだと感じました。

質問の回答は保証できないを承知で質問させて下さい。
今回会社を辞めて自分の第2の人生を探しにと思ってきたのですが、最終的に宿題に移行する内容が、自分が会社を辞めてまでやろうと今まで準備していたことと全く違う内容で、それも「そんなの今更仕事にするのか?」と疑問と不信感が一杯でこれを宿題にするのは結構困ったなぁと言うのが正直な所です。
宿題の提出もあるので、1ヶ月意識して取り組んでみますが、第2の仕事を思わずになんとなく取り組んだ方がいいのか、それとも仕事を見つけるを目的にして再度ワークを1からやり直しがほうが良いのか?この辺の見解を聞かせて頂ければと思っています。
(Pakoさん)
**

>「そんなの今更仕事にするのか?」と疑問と不信感が一杯でこれを宿題にするのは結構困ったなぁと言うのが正直な所です。

これって「それくらい自分がしたいこと、好きなこととかけ離れた人生を送ってきました」ということ?
それとも「今までは計算したり、考えたりして生きて来たので、今さら心に従うのはちょっと勇気がいる」ということ?

>言われる側にたった時に、「え~」っていうギャップが大きくて、それほんとかなぁ?となりました。

たいてい皆さんそうだったと思うんですけど、自己価値、自己評価、自己肯定感が低い分だけ、「人から言われると嬉しいんだけど素直に受け取れない」ということになるんですよ。

Pakoさんの場合、自分の心や気持ちに素直に従う一か月を試されるのが良いかもしれませんね。
つまりは宿題最優先で生きてみる、ということです。

そして、1か月後、どんな思いが自分に去来しているかをチェックしてみるんですね。
だから、一生懸命生き方変えることになりそうですね~(^^)

2016_10_22-%e7%a5%9e%e6%a5%bd%e5%9d%82%ef%bd%be%ef%be%90%ef%be%85%ef%bd%b0_%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc