1/22(金)10:00-15:00 夫婦問題専門セミナーを開催します!解決のためのヒントと同志に出会いませんか?


年末年始を超えて少し落ち着き出した今日この頃ですが、案外、この時期に夫婦問題が持ち上がった方もいらっしゃるのでは?なんて思ってます。
5回目を迎える夫婦問題専門セミナー。
共通の問題を抱える方との出会いもあり、また、その解決方法の伝授もあり、1年の始まりにいかがでしょうか?


同じ神楽坂でも今回はいつもと違う場所で開催する、夫婦問題専門セミナーです。
開始時刻も30分早めました。でも、このセミナー、家庭の事情がある方もいらっしゃるので(たとえば、お子さんを保育園に預けるだとか)、多少の遅刻はOK、もちろん、早退もOKのなかなか緩めなセミナーです。

でも、もちろん、中身はガチですけど。

私のカウンセリングの7割程度を占める夫婦の問題(とそれにまつわる家族の問題)。
特に周りに同じ環境を体験した人がいないと、なかなか話し辛いテーマでもありますよね。

「旦那にどうも女がいるみたい。ひた隠しにしてるけど。そういえば最近レス気味だったし」
「夫から離婚を切り出された。晴天の霹靂でどうしていいのか分からない。」
「結婚して以来、ずっとレスで。子どもも欲しいのだけど、そういう雰囲気にならない」
「旦那に借金癖があって、ずっとそれに振り回されてきた」
「パートナーの暴言(モラハラ)ですごく傷ついてしまう」
「離婚したんだけど、なかなかその後立ち直れなくて」等々。

そんな思いを持ってらっしゃる方を対象としたセミナーです。
だから、「同志」の集まりになります。

アンケートに必ず書いて下さるのが「一人じゃないんだと思えた」ということ。
話を聞いてくれる友人や家族がいたとしても、どこかに孤独感を抱えていたのかもしれません。
もちろん、誰にも話せない方はそれだけで大きな安堵の息ができるでしょう。

また、「具体的にどうしたらいいのかを教えてもらえてよかった」という声もよく頂きます。
「今日帰ったら○○してね」とか「お母さんに○○の手紙を毎週書くところから始めましょう」とか「じゃあ、帰りに下着売り場に寄って思い切りセクシーなの買って帰って」とか「とりあえず旦那様をギュッとしてあげてみて」とか、ちょっと勇気はいるけれどできなくはない宿題・課題をよく出します。

セミナーって終わった後が肝心だと思うんです。
その後に何を残せるか?と思っていつも私はセミナーをしています。
だから、宿題はとっても大切な私のアイテムです。

問題って表に見えてるだけが問題じゃないんです。
むしろ、それは結果に過ぎず、水面下に本当の問題が隠れてることって多いんです。

「夫の浮気問題」で悩むAさん。彼女はそれまで自分がしてきたことを反省し、態度を改めてきました。
少し改善したように見えたのですが、相手はまだ浮気を辞めていません。

じゃあ、背景に何があるんだろう?と思って掘り下げていくと、実は男性不信がもともと根っこにあることが見えてきます。
お父さんのことがあまり好きではなく、それまでの恋愛もまた距離を縮められないものが多かったとのこと。
旦那さまはそんな中でも唯一心を許せた人だったのですが、その人にまた浮気されて傷つく始末。

「もう、男なんて!!嫌い!!」って思いません??って伝えると、苦笑いのAさん。

男性を許していきましょう、というテーマが出てきます。
お父さん、なんでそんな態度だったんかな?
お父さん、なんでそんなことをしたんかな?
お父さんの愛し方って何だろう?
お父さんからもらったものって何だろう?
お父さんに感謝できることってないかな?

「旦那の浮気」の問題が、「お父さん」との関係が背景にあったわけです。
お父さんを許し、そして、旦那を許していくプロセスを創っていきます。

イメージワークを使うこともあります。
目をつむってお父さんを思い浮かべてね、って。
何も考えんと「ごめんなさい」って言ってみてって。
それでなぜか涙が溢れてきたり。

離婚問題で悩むBさん。その背景には旦那、ではなく、母との関係がありました。
お母さんにあまり愛されることなく育ってきた彼女。
だから、強くならざるを得ず、愛なんて信じない!という自分がいるんです。
でも、寂しさ、悲しみはお話を通じて溢れてきます。

幸いなことにこの会場にはお子さんを持つお母さんがいっぱいいます。

「あなたのお母さんの代わりにはならないけれど、ちょっと母の愛、というものを感じてみてもらえますか?」

そして、娘を持つママたちに協力してもらいいます。
「あなたの娘さんがね、愛が信じられないって路頭に迷ってるとしたら、母としてどんな風に接してあげたい?なんていってあげたい?それをBさんに向けてあげてもらえますか?」

「ごめんね」と泣きながらBさんを抱きしめるお母さん。
「一人じゃない!」って力強くBさんを抱きしめるお母さん。
ついでに、娘を持つお父さんからもハグしてもらいました。「大丈夫!」って声は力強かったです。

その間、なぜかBさんの目にも涙が。
思考レベルでは何とか愛を否定しようとします。でも、Bさんの潜在意識には母の愛がほんの少し届けられたと思いました。
それは種なんですよね。
少し時間をおいてきっと芽が出るでしょう。

皆さんの現状に即して色々とレクチャーもさせてもらいます。
そこで「やっぱり旦那さんのことが好きだ」って思って涙を流すこともありますし、「はっ」と気付いてドキッとすることもあるでしょう。

そして、やはり仲間が出来るんですね。
同じ境遇の人と。
お昼休みや終了後にLINEやメールの交換をしてる方もよくいらっしゃいます。
こうしてできた仲間は「同志」ですから、励みに勇気をもらえますね。

そんな体験をなさってみませんか?

皆さまのお越しをお待ちしています。

日時:2016/1/22(金)10:00~15:00 ※今までより30分早いスタートです!
会場:神楽坂・アイフィールド
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階
交通:神楽坂駅・神楽坂方面出口徒歩1分。(1Fに au のあるビルの6Fです)
料金:¥15,000-

お申し込みはこちらからどうぞ~!

(参加されたお客さまの感想)

○良かった。人の心の動きってすごいなあ、と思った。
○気持ちが明るくなった。幸せになってもいいと思えた。
○僕より辛い/同じような悩みを持っている人がいてホッとした。思い当たることがいくつもあった。
○自分の進んでいる方向に自信が持てたり、安心で来たりしたことが良かった。迷いの多い日からしばらく解放されそうです。
○改めて夫のことが大好きなんだと気付きました。
○同じような思いを持っている人がいて少し救われた気がします。
○思いきって申し込んでとても良かったです。なかなか自分の考えを変えるのは難しいけれど、頑張りたいと思います。
○自分で問題を大きくしていたこと、その状況に浸りたいだけの自分だったことに気付きました。
○他の人の話をきいて自分にもあてはまり、心に染みました。
○色々なご夫婦がいらっしゃるんだなあ、このご夫婦の問題点はどんなところなんだろう?うちの夫婦にも共通することだなあ、私にもこういうところがあるなあ、、とたくさん気付けました。
○同じような境遇の方がいらっしゃって心強く感じました。気持ちに怖れがありましたが、少し安心に変わりました。
○考え方を知ることができました。もう少し具体的なことも知りたかったです。想像していたよりもチャーミングな方でした。
○悩んでいるのは自分だけでないことに気付けた点。
○質問をたくさんさせてもらえて良かったです。
○自分の悩みは誰にも理解されないと思っていたけど、同じような悩みの方ばかりで1人じゃないんだな、と思った。
○旦那さんのことがやっぱり好きなんだな、と思った。それに気付けただけでも来たかいがあった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事