休暇な1日。花と空と。


チューリップと菜の花と桜と。
実は1月からスケジュール空白の日が一日もなく、仕事以外でもセミナーや個人セッションを受けたりしてたんですね。
今年になってプライベートでは旅もしてませんでした。

それでは普段から「休むことも仕事のひとつ、遊びも仕事のうち」と断言している立場上たいへんまずいわけで、また、実のところ精神的、肉体的にもヘビーになりつつあったため、先手を打って休暇を頂き、春を満喫しにやって来たのでした。


チューリップと桜並木。
子供の頃はよく来た記憶があるのですが、ここを訪れるのはなん十年ぶり?
ちょうど桜とチューリップと菜の花の見頃がかぶり、見事なコントラストを見せてくれました。
花は好きだけどよく分からない私にとっても分かりやすい季節。
広い空と自然に囲まれていると、心が溶けていきます。

しかし、つい、調子に乗って3才児を抱っこしたり、小学生と全力で鬼ごっこをしたお陰で四十路の身体は悲鳴をあげております。
ここはひとつ、じっくり風呂にも浸かったことだし、アルコール治療にでも勤しみまする。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事