文明から離れてみる・・・


当たり前のように使っているケータイをある日使わなくしてみると、意外なことに気づきました。

普段は仕事でも使ってるので「無くてはならないもの」で、「いざという時にとても便利なもの」と思っていたんですが、少々タイムラグは発生するものの仕事上のやり取りはPCのメールで十分ですし、必要に迫られれば意外に街中にある公衆電話を使えばいいわけで、意外に苦労は少ないんです。

時計代わりと思ってたものも、実際に時計をはめていればいいですし、手持ち無沙汰でアレコレいつもケータイをいじっていたんですが、その習慣から解放されるのは何か気持ちがいいものでした。

何か逆に新しい何かを手に入れたような気持ちで毎日が過ごせます。


* * *

なんで、そんなことになったのか?というと、忘れたんです。
東京のカウンセリングルームに。
しかも、出張セットでも重要な「シェーバー」「コロン」も合わせて忘れておりました。

1DAYワークショップの翌日ですから、
「絶対抜ける、何か大事なもの忘れる」
と思って、荷物を厳密に纏めたつもりだったんですよ。
で、何度も確認して、「よし、コレで忘れ物なし!」と気合を入れて部屋を出たんですが・・・。

(グループセミナーの後は、トレーナーである僕も癒されて解放感が強くなり、少々のことでも『ま、いいよね~』と超お気楽モードになるんですよ)

だから、気付いたときには「え?まじ自分それ、忘れて来たの?」と東京弁でツッコミを入れる次第。

でも、さっさと諦めました。
(『ま、たまにはケータイない生活もアリかなあ~』と思ってしまうのです)

(空港で気付いたので)売店のお姉さんに「公衆電話ってどこにあります?」って聞いて、物陰にひっそり置かれてる公衆電話を見たときには思わずタイムスリップしたような気持ちになりました。

そして、テレカで公衆電話って何年ぶり?

よくシステム手帳に残高のあるテレカが入ってました!
偉いぞ、俺!

で、色々仲間に連絡を取り、最終的には亜由美姉さんにご苦労願いまして大阪に送っていただきました。

それまでの数日間はケータイ無しの生活だったんですけど、意外に気楽で、解放感がありました。

でも、奥さんはちょうどコンタクトレンズを買いに行かなきゃいけない日で、とても連絡が取りたかったようで、
「ほんとにもう・・・裕幸は無くていいと思ってるんでしょうけど、あたしは困ったんだから!」
とプンプン怒ってました。

すいません。

◆今日の気付き◆

本人はよくても周りの人に迷惑をかけるようです。

日々のミニコラム

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事