忙しい時ほど、早く、たくさん寝る習慣を付けたい。


私の仕事ってほぼ頭脳労働なので、頭がクリアであることが何よりも仕事の質を高めることになります。
とはいえ、体も大事。体がしんどいと、当然、やる気にも響きます。

ということで、最近心がけているのは「忙しい時ほど早寝!&昼寝!」ということ。

元々私は長時間寝ないとダメなタイプですし、睡魔というものにはあっさり陥落するタイプなので、けっきょく眠たくなったら寝ちゃうのですが、忙しくてやることがいっぱいあると無理してでも起きてて仕事やっちゃうんですよね。

そうすると当然ですけどクオリティは低下します。
もちろん、それなりのものは作りますけれど、仕事していても気分は良くないですね。

だから、できるだけ頭も体もクリアな状態にしておくことを優先し、そうでないときは仕事なんて放って体のケアに勤めたいと思っています。

最近、ちょっとずつそれができるようになってきました。
とはいえ、出張先ではなかなか難しい試みなのですが。

まあ、そう言うとかっこいいんですけど、要するに無理の効かない体になってきた、ということです(笑)

で、その煽りを喰らって色々と後にずれがちになるんですけど(セミナーの告知とかね)、でも、それはしょうがないですね。
また、誰かに迷惑をかけることもあるんですけど(分かりやすく言えば編集者)、でも、それもしょうがないですよね。

無理して質の低いものを作っても、楽しくないし、長続きしないよねえ、って。
だから、自分が喜んで仕事ができる環境づくりをするのが大事なんじゃないかと。

思考停止になって「当たり前」とか「それがふつう」になっちゃうと、モチベーションも下がります。

だから、楽しく仕事ができる環境を整えるってのは大事な心がけだなあ、と思うのです。

昨日はやることがいっぱいあって、まだ眠たくなかったのですが、そういう意味もあって21時過ぎには家族のだれよりも布団に早く入り、その後なだれ込んできた息子と一緒に寝ました。
8時間くらいは寝ているので、頭はすっきりです。
お酒も飲んでなかったし、夕方3,4kmランニングしていたので体も軽いですね。

問題は、頭がすっきりだとあれやこれやとアイデアが浮かんで、本来の「本の執筆」にエネルギーが向かないことです。そのために缶詰めになっているのに!
(こんな記事書いちゃったりね(笑))

ということで、今からカウンセリングまでの間は本の方に戻りたいと思います。

皆さんからのネタも引き続き募集中です。

「かつての私は人の顔色ばかりを窺っていて自分の意見を言えなかったけど、今は全然できるぞ!」という方。
昔はこうで、今はこうで、という比較と、どういうことに取り組んだ、あるいはどういう意識で過ごしたら変わったんでしょう?
そこを教えて頂けないでしょうか???

こちらの問い合わせフォームより、簡単で結構ですので実体験を教えて頂けませんか???

宜しくお願いします。(7月5日くらいまでに頂けると嬉しいです。)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事