平日の休日な一日~義妹のパン屋にて、棚のパンを自由に食っていい権利を取得した件~


今日は久々の休日(のような気がした)のであった。
とはいえ、私の休日は息子にとっては平日なので、我が家は朝早くからバタバタしている。
そんな中、のそのそと息子と共に8時過ぎに起き出して幼稚園に送り出し、今日は久々に体のメンテナンスをしに交野まで妻と一緒に出かける。
一時は週に1度通っていたのだけど、怠け癖が出て、また、仕事が多忙になって最近はとびとびになってしまっている。
ここで、脈診をしてもらい、鍼を打って、身体を元気にしてもらっているのである。

その帰り、すぐ近くの自宅近所で念願のパン屋を開業した義妹の家に遊びに行く。
DSC_1641
「パン屋さんの棚にあるパンを、自由に手に取って食べられる権利」
これってすごくないですか?

まだ週1営業で、昨日と今日の午前のみの営業だったため、私たちが訪れたときは実質上、閉店後。
「処分するだけだから、好きに食べていいよ」という神の一言により、お腹が空いていた私は結果的に貪り食うことになった。

天然酵母を使っていることはもちろん、身体にいい食材のみを採用しているので、どれだけ食べても罪悪感は募らない。
しかし、同時にメロンパンを乳製品や砂糖を使わずに作るってどんな風にするんだろう???と、その技術に尊敬の念を抱いてしまう。
DSC_1638

鍼を打った後は眠いので、義妹の自宅のリビングで犬と一緒に昼寝をさせてもらったのち、家に帰る。
ちなみに、私の妻と義妹はほぼ同じ顔をしている。
そして、ご存知の通り、妻と娘はほぼ同じ顔をしている。
よって、三段論法により、義妹と娘はほぼ同じ顔をしている・・・!?いや、そこまでは似ていない。不思議だ・・・。

夜、北海道に向かう荷物をまとめていたら1週間沖縄に行くのと同じスーツケースになってしまった。
無理もない、冬だからだ。これを明日、宅急便で発送する。無事着くと良いんだけどなあ・・・。果たしてどうか?

そして、部屋で寛ぐ私は「ピラミッドがあらゆる病を治すらしいし、身体を元気にしてくれる」との言葉を思い出し、息子の貯金箱を頭に乗せてみた。
妻がその姿にものすごく感激し、写メをぱちぱち撮っていたので一部をご紹介したいと思う。

確かになんか楽になるような気がする!!

1479718068618

1479718058711

1479718055502

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事