空港で働く車に興奮する4歳児。


DSC_2450

窓から滑走路や誘導路を眺める男子

4歳の男の子にとって空港はとても新鮮で、かつ、刺激的な場所らしい。
ラウンジの窓側の席が空くや否や椅子に登ってじっと見ている。
飛行機を眺めたり、荷物を運ぶ車(タグ車)や飛行機を引っ張る車(トーイングカー)やバスなどを興奮しながら眺めて、「早く乗りたいな~、うっぱつちんごう(出発進行)しないの~?」と連呼している。

娘の時はこんなに興奮して車を眺めることなんてなかったから、そこは男子というものなのだろう。

そんな姿を笑いながら「かわいい~」などと言っているが、実はパパもその気持ちはよくわかる。
私が窓側の席によく陣取るのも、そもそもそのためなんだな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事