仙台。まずは、焼鳥。


お客様から、ここ、ぜったいいいですから!と推されて訪ねた、この道50年の老舗焼鳥屋さん。
おすすめの「とりわさ」は保健所の指導により食べられなかったが、丁寧に焼かれた鳥串を炭火を眺めながら頂くのは贅沢の極みである。
さらにはこの年季の入ったカウンター。さらには煤けた天井。とりあえず、この意匠だけで一杯呑めてしまう。今日の本命はまだまだ後に控えている上に、この時間はゲラチェックに費やすはずだったのだが幸せな予定変更である。
しかし、ニトリのお膝元だからか知らないがお値段以上のさすがのボリューム。ここだけで出来上がってしまったらどうしようと思いながらもこの皮めっちゃ旨い。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事