ママが楽しいから、子どもも楽しい(2)


夫婦関係が全然うまく行ってなくて、先々のことが不安でも、案外心は強いもの。
こういう状況だからできること、こういう状況にならなきゃ勇気出ないこと、ありませんか?
それをやるいいタイミングかもしれません。
そうしてママが笑顔になると、子どもたちも自然と笑うようになるのです。

ある奥さんがこんな話をしてくれました。
旦那さんとは家庭内別居状態。ケンカも多く、子どもたちに対してもパパは壁を作っています。
なるべく子どもの前ではケンカをしないようにしているのですが、やはりその態度にイラッとしてしまうことも多く、食事中に言い合いになることもあるそうです。
パパのことも大好きな子供たちはとても心を痛め、辛そうな顔をしています。

そんな子どもたちのことを気遣って、ママはなるべく明るく振舞うようにしていました。


昼間パパがいないときは家事をさっさと済ませてできるだけ子どもとの時間を持つようにしたんですね。
公園にも行く、ままごとにも付き合う、絵本も、お絵かきも子どもが好きそうなことを何でもしてあげます。
時には少し遠出して子どものための遊園地みたいな場所にも出かけました。

でも、子どもはあまり楽しくなさそうなんですね。
「せっかく好きなことをさせてあげてるのになんで?」ってママは悲しくなってしまいました。
「パパと遊べなくて寂しいと思うから、今まではパパにお願いしていた公園も私が連れて行ってあげてるのに」と腹が立つこともあったそう。

やがてママは疲れて来てしまいます。

どうして子どもたちは楽しいはずの公園やお絵かきやままごとが楽しくないのでしょう?
皆さんはお分かりになりますか?

そうです。
ママが楽しんでないからなんです。
ママが全然楽しそうじゃないからなんです。

きっと子どもたちには「パパが私たちと遊んでくれなくて寂しい思いをしているから、私たちを不憫に思ってママが頑張って公園に連れて行ってくれてる」とすべてバレてます。

だから、子どもたちは楽しそうな振りはできても、心から楽しむことはできないのです。
むしろ、「気を遣わせて、ママ、ごめんね」と罪悪感を持ってしまうかもしれません。

そんな話をしたら、ママはハッとして「そういえば、時々娘から『ねえ、ママ、笑って』って言われるんです」と涙ながらにおっしゃってました。

ママが楽しむこと。ママが笑うこと。

こんな状況で楽しむことなんてできない!と思いますよね?
そうなんです。
とてもこんな夫婦関係では笑うことなんてできません。

でも、人って不思議なもので、心ってめちゃくちゃ強いんです。
だから、こんな状況でも笑えるし、楽しめるんです。

「何か、やりたいこと、ありませんか?こういう状況じゃないとできないことって何かありませんか?」
「以前、結婚や子育てを理由に諦めてしまったこと、ありませんか?」
「独身時代は好きだったけど、結婚してからしなくなったことってありませんか?」
「子どもができてから家計のこととか考えてオシャレとか我慢してるってことありませんか?」

まずは、そういうこと、してみませんか?

「できないですよ・・・」
「とてもそんな気分じゃないですよ・・・」

そう思っちゃうかもしれませんが・・・。

あるママがほんと久々に明るい色のワンピースを着てみたんです。
男の子が2人いる家庭ではなかなかスカートは履けなくて。
それだけで気分が明るくなってきたそうです。
ついでにメイクもして、髪もちゃんとセットして。
もともとファッションに興味があった彼女はそれだけで元気を取り戻しました。

そうしたちょっとしたことから始めてみても構いません。

でも、もっと大きなことをした方も知っています。
思い切って海外旅行に行った方、
もうできないだろうと諦めていた習い事を始めた方、
働いてみたい場所で仕事を始めた方、
エステの高いコースを申し込んだ方、
かわいい服をたくさん買った方。

大きな問題がやってきたとしたら、大きな恩恵も一緒にやってきます。

「子どものために」と思っても構いません。
ママが喜べること、楽しめることを優先してやっていきませんか。

子どもが喜ぶだろう場所に行くならば、ぜひ、一緒に遊具に乗って楽しんで下さい。
もし、その場所が楽しいと思えないのであれば、自分が楽しめる場所に子どもを連れて行ってみてはどうでしょうか?
ママが笑顔になれるところを探して行くんですね。

そうして、ママが楽しんでいると、子どもも安心して楽しめるようになります。

まずは自分から・・・
問題が起きたときこそ、自分にもっと意識を振り向けてあげて欲しいな、と思っています。

こういうカウンセリングって、始めは深刻だった表情や雰囲気がどんどん明るくなり、最後は笑いながら終わるんです。
なかなかブログの文章で伝えることは難しいのですが、「こういう時じゃなきゃできないこと、しましょうよ」と言う話になると、どんどんママの表情が変わっていきます。

 笑えるんだから大丈夫ですよ。
 ワクワクしてきたってことは何とかなるって証拠ですよ。

そんな話をするんですね。

そして、実際、大丈夫なんです。

ママがまず笑顔になること、始めて行きましょう。

子育ての心理学

こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法
 ★好評発売中!根本裕幸の近著。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事