(ご感想)娘に「大丈夫よ。」と心から話すことができました。


素晴らしい気付きでした(^^)
癒着してると信頼できませんもんね。

***
3月29日の
「自分が苦労した分野には娘には厳しくしたり、不安に感じたりしてしまいます。」
と質問させていただいたYです。
いつもいつも丁寧にブログで答さって本当にありがとうございます。
もう一カ月以上もお返事せず、本当に本当にすみません(><)。
いろいろありすぎて。。。いっぱいいっぱいになっておりました。
全く礼儀も知らず、本当にすみません。。。

でも、上記の記事+過去の色々な記事を読みあさって、ようやく問題解決できそうなので、やっとお礼の返事がかける次第でございます。
まず、上記の記事で、娘に「投影」しているとは思っていましたが、「癒着」していると指摘され、はっとしました。
娘に癒着していたんだ、と思ったら、なんだか申し訳なかったな。。。と思いまいた。
心配しているつもりで、娘を使って自分の感情、過去、現在の痛みを感じようとしていただけなんだ、と思ったら、なんだか、やっぱり娘の問題ではなかったんだ、と改めて思いました。
そう思えてから、娘が友達と遊ぶ姿をみていると、確かにお友達と上手くいっていない場面もあるけど、彼女なりに粘り強く友達についていく姿だったり、遊んだ後も落ち込みもするけど、けろっとしている姿だったり、もちろん楽しそうに遊ぶ姿や、楽しかった~、という言葉等、彼女のプラスの面をあまりみていなかったし、やっぱり信じていなかったように思います。
私じゃなく、彼女は彼女の力で人生を切り開かなくてはいけないし、こんなにいい子だもの、切り開けないはずがないと思えたら、とても楽になりました。
その後もお友達と上手くいっていない、と話すこともありますが、「時間がたてば今の状況は変わっていくし、あなたはとてもいい子なのだから、そんないい子を好きになってくれるお友達は沢山いるはず。だから大丈夫よ。」と心から話すことができました。
本当にありがとうございました。
(Yさん)
***

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事