女性から男性へ、気持ちが伝わりやすいメッセージの伝え方~男女の違いから~

女性は思いを語り尽くしたい!と思うのですが、男性はそれが苦手。
男性に気持ちを伝えたいときはシンプルかつストレートかつライトが基本です。

***
はじめまして。いつもブログ楽しみに読んでいます。
さて、男性心理を理解するべく、今朝から根本さんの恋愛本2冊を読みあさっておりました。
実は私、来週の月曜日で職場を退職します。そこでずっと気になっていた、年上の男性社員(46歳独身)の方へお礼のちょっとしたお菓子と、メッセージカードを渡そうと思っています。
今まで何かと受け身で積極的になれませんでしたが、最後だし、根本さんのセミナーに参加したりで少しずつ自己重要感もあがり、上記のような心境に至った次第です。
あー、変わるまで時間を費やしたな、私36歳です(–;)

前置きが長くなってしまいましが、質問はメッセージカードに書く内容です。
根本さんの恋愛本を読むかぎり、簡潔に、ストレートなメッセージが良いようですね?
また、以前グループセッションで、「憧れ」とかいうと男性も受け取りやすいとおっしゃっていました。

そこで今考えているのは、簡潔に、
実は気になっていました。
食事に行きませんか?

と携帯番号を沿える、や

みんなに慕われて働く姿は憧れでした。
食事いけたら嬉しいです。

シンプルに、ストレートにだとこんな感じかと思うのですが、本当にこれで良いのか自信が…(–;)
宜しければ是非ネタにして頂いて、願わくば月曜日に間に合うと嬉しいです。
(Sさん)
***
続きを読む


野良猫系男子の好物はどんな女子なの?

案外シンプルに考えてみるといいかもしれませんね。
野良猫系男子は女性を自分らしく生きられるようにトレーニングしてくれる存在です。
そして、彼らが好むのは???
また情熱系女子を好みとする男性は???

***
いつも、ブログ楽しみにさせて頂いてます。
またセミナー等はなかなか参加出来ないため「きくまる」のオーディオブックではほとんど聴かせて頂いてます。

今回メールさせて頂いたのは私の好きな人が超野良猫男子なので男子側の考え方を理解したくて送らせて頂きました。
私の彼は仕事も出来、スポーツマンで、高収入、背も高くモテるタイプなのですが(離婚歴もあることから)、そのメリットが逆にはたらき、連絡くれないしラインも既読スルーはあたりまえで浮気するのに一ヶ月おきの間隔で急に会いに来てめちゃくちゃ甘えて、翌日からはまた音信不通という典型的な野良の中年猫です。

こんなヤツと付き合う私も私ですが、この私にここまで優しい気持ちにさせ、嘘かもしれないけど、なぜか伝わってくる彼の優しさと寂しさに心をうたれ、この私があれこれ許してやりカテゴリーに分けるなら私も情熱の中年女だと思います。

その彼についてふと思うのですがこっちからしたら大好物の野良猫ですが野良猫にとって、熱い熱い情熱を持ってる女子って避けたい存在なのではないでしょうか?
逃げたいのに追ってくるし、定期的に我慢できなくて感情を爆発させる(自爆する)こんな女子って、マニアにはうけますけど…(既婚者だったりうけても嬉しくないゾーンだったりします。)

というわけで、情熱系女子の好物は野良猫、これはよくわかります。
でも情熱系女子を好物としている種はいるのでしょうか?
野良猫はどんな女子を必要としているのでしょうか?

今後の理解の為にも野良猫の好物があれば教えて欲しいです。

以上どうぞおヒマなおりにはブログ上でも記事にしていただけたら幸いです。
猫扱いに慣れたおかげで、ものごとを長期的に待てるようになりましたのでいつでも大丈夫です。
(Yさん)
***
続きを読む


性的トラブルに合わないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

隠す、よりも、出す、ことをお勧めするのが私のアイデアです。
出る杭も出きってしまえば打たれまい、という奴です。
自分に自信を、そして、毅然とした態度を取ることでそうした被害には合いにくくなるものです。

***
根本さま、こんにちは。
行ってみたかったセミナー、ランチ会などあったのですが、都合が合わずまだ参加しておりません。お顔も拝見しておりませんのに、何度もリクエストしていて申し訳なく思っておりますがよろしくお願いします。

今回は性、セックスについてです。
性的問題が起こるのは、幼少期にいたずらをされたなどの性的トラブルがあったのではないかと言われたことがあります。
覚えがないのは記憶に蓋をしているからとも言われました。
ですが、無いことは記憶にないですよね。どちらなのか真相はわかりません。

私がよく遭うトラブルは痴漢で、反撃しにくい感じにさらっと触られることがよくあります。
他には電車通学をしてたときに、変な男に電車の中を追いかけられ空いているのに必ず隣に座られたり、接客の仕事をしていたときもおじさんにくっつく位に寄ってこられ、逃げて寄っての繰り返しなんてこともよくありました。
あと昔のことで覚えているのは、成長が早く下着をつけていると、小学校の担任に「ブ、ブ、ブ、ブラジャーつけてるの?」なんて聞かれたり着替えを見られていたり気色悪い思いをしたこともあります。

あとセックスについてですが、大切にしてくれた方がいてセックスは嫌いではありません。
しかし、違う人とお付き合いしたときに常にセックスを強要され、触り方もとても不快で、伝えても聞き入れて貰えることはなく我慢ばかりしていました。別れた後に性的DVだったということを認識しました。
別れるのも大変だったこともあり、男性と深くお付き合いするのが怖くなりました。

あと親との関係では、よく母親から、シャツのボタンを上から2つ開けてたり短いスカートなど女性らしい服を着たり、胸を張った姿勢をしていると、いやらしいと幾度となく言われてきました。

自分では成長が早かったのが恥ずかしくてイヤだったし、いやらしいと言われるのも苦痛でした。
私は女性ですし、好きな恰好や男性ともちゃんと付き合えるようになりたいと思っています。

過去の記憶の感情を解放するといいと言われてもよくわかりません。
性的トラブルに合わないようにするにはそうしたらよいのでしょうか?
(Mさん)
***
続きを読む


(ご感想)こうなったことは私にとって幸せになる為には必然であり、今後も大丈夫だ!と笑顔で前を向けるようになりました。

再びずいぶんと昔に頂いて掲載してなかったご感想です。
Tさん。すいません。

***
根本さんこんばんは!
この状況は手放せてるの?それとも?~手放しチェック&手放しの宿題~」でネタにして頂いたTです。
まさか本当にネタにして頂けるとは思わず、びっくりしました。
その節はありがとうございました。

先日、夫とは離婚が成立し、私が息子を引き取り実家に戻る事になりました。
一旦離れるのがお互いの為に良いとの結論です。
離婚成立後、少しウジウジしてしまいましたが(笑)
今ではチェック項目全てとはいかなくとも、こうなったことは私にとって幸せになる為には必然であり、今後も大丈夫だ!と笑顔で前を向けるようになりました。
もちろん今まで私と一緒に居てくれた元夫には心から感謝しています。

「win-winの離婚とは?」のブログで、手放しの総復習をし(こういうところが真面目でいい子ちゃんですね 笑)
元夫とはこれからは父母として、いい距離感を探りながら関係を築いていきたいと思っています。

本当にありがとうございました!
これからもブログ楽しみにしております。
***


中絶し、離婚も経験した私は痛みを越えて人を愛せる人。

辛い経験をして、罪悪感を感じて自分を傷つけることは果たして相手も望んでいることなのでしょうか?
私たちの体験は内なる思いを浮かび上がらせるもの。
その思いを手放すこと(これを許しと言います)で生き方が大きく変わります。

***
先日、千駄ヶ谷での夢実現のためのセミナーに参加させていただきました。毎回のことながら、笑いあり涙あり感動ありとても充実した内容で、たくさんの気づきがありました。
私の夢は、ありのままを尊重し合える大好きな人と、あたたかく幸せな家庭を築くことです。この夢を阻む心理ブロックは何かと考えてみたところ、20歳の頃に行った中絶の記憶なのではないかという結論にいたりました。
当時の私にとってはあまりに辛くショッキングな出来事で、とにかく悲しみと罪悪感でいっぱいになり、毎日泣いて過ごしていました。今でも当日の様子を生々と覚えており、思い出すと自然に涙が溢れてきます。
当時お付き合いしていた彼は、最初は産んで一緒に育てようと言ってくれたのですが、学生だった私にはとてもその決断はできず、最後は私の意志を尊重してくれました。
もちろん私にとって泣く泣くの選択でしたが、自分の都合で小さな命を奪ってしまったこと、この世に産んで大事に守ってあげられなかったこと、幸せな人生を送らせてあげられなかったことに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
それからも彼とのお付き合いは続きましたが、セックスしようとすると私がどうしても泣いてしまうのでできなくなってしまい、彼もそんな私の思いを大事にしてくれました。
思えばそれからずっと、その辛く苦しい感情に重い蓋をして生きてきました。
彼は責任をとって私と結婚しようと思ってくれていたようですが、中絶の後2年ほど経って私に別に好きな人ができ、その彼とはお別れしました。

結局その新しくできた好きな人と数年付き合って結婚し、表面的には幸せな生活を送っていたのですが、長年のセックスレスに悩んだ元夫の不倫をきっかけに、7年前に離婚しました。
離婚に際して元夫と話し合いをしていく中で、セックスレスになった原因として、私が中絶をして以来セックスするのが怖くなってしまったことが思い当たりました。
生理的にも精神的にもずいぶん我慢をさせてきたと思いますが、結果的に大事なことに気づかせてくれた元夫にはとても感謝しています。
それから数人の人とお付き合いをして、前に比べるとセックス自体を楽しめるようになってきているとは思います。
ですが離婚後に私がお付き合いしてきた方たちは、あたたかい家庭を築くには何かしら障害がある人たちです。結婚に向かない(つながりを感じにくい)、結婚願望がない、すでに結婚しているなど。
でもそういう人たちを、私自身が自ら選んできたのだということに、最近気づくことができたのは大きな成長だと思っています。
彼らとなら恋愛のときめきは楽しめるけど、結婚、妊娠、出産という現実まではいかない、と心の深いところでおそらく私の潜在意識ちゃんは認識していたのでしょう。
結婚して赤ちゃんできたら、きっと幸せだろうなぁ、でも本当にものすごく怖いなぁ、と目をそらす、そんな感じかな。ずっと蓋をして見ないようにしてきましたが、きっとあの時おなかに宿った命を、私は確かに愛していて、とても大事に思っていたのだと思います。
根本さん、私があたたかい家庭を築くという夢を実現させるために、心理ブロックを外すプロセスとして、今何かできることがあれば具体的にアドバイスしていただけると、とてもうれしいです。
(Hさん)
***
続きを読む