(ご感想)根本さんからのアドバイスを読んで、「ほんまそれ!」が連発でした。

元ネタはこちらです。

「火山系マグマ女子の私が人生を穏やかに過ごすにはどうしたらいいのでしょうか?」
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/15920

「許しのワークショップ」では「お恨み帳」を最初書くんですね。
その時は「いい子の仮面を捨てて鬼になれ!!」なんてことを言っていたものです。

ぜひ、そんな鬼畜生の顔を出しつつ、吐き出していくといいですよ。
いい子になったときも「今日は悪党で行くの!」って。

自分を抱きしめてあげるっていいですね。
マグマ女子は、その愛で自分を包んであげると温泉のような効果が得られますから(^^)
続きを読む


恋人がいてもなかなか結婚できない人の母の壁

この「結婚と母」の関係はこれから結婚を考える皆さんだけでなく、すでに結婚している人にもぜひ目を通しておいてほしい関係です。
子育てにも影響しますしね。
また、結婚相談所や結婚カウンセラーの皆さんにも参考にしていただきたい記事です。

一見タイトルは異なりますが、「対人関係は母親との関係が7割」という記事の続編になります。

http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16267

お母さんというのは言葉を教えてくれるだけでなく(まあ、子ども側が勝手に真似するわけですが)、価値観や考え方、行動パターンなど、ありとあらゆるものの“ベース(土台)”になる存在です。

特に日本では家庭内のお母さんの存在感が大きいため、お母さんとの関係があちこちの人間関係に大きな影響を与えます。

例えば「結婚」という「新たな家庭を築くできごと」に関しても、当然深くお母さんとの関係が関わってくるのです。

「結婚したいけど、なかなか相手がいない」というご相談も、年に数万回は頂くと思うんですが(サバを読んでますけどね)、例えば、あるケースでは「お母さんとの距離が近すぎる」ことが大きな原因となり、また、別のケースでは「お母さんとの距離が離れすぎている」ことが原因となっています。
続きを読む


どうして女が社会復帰すると男はダメンズになってしまうのでしょうか?

バランスの法則ってのが働くと、自分が元気になった分、相手がちょっと元気なくなったりします。
でも、もしかしたらそれは神様のテストかも。
私は私、で突き進むのもアリです。

***
根本先生!

今日の「武闘派妻・退屈する」の記事、「私これ送ったっけ?!」と思うほど、私そのものでした!!!
このMさんと語り合い飲み明かしたいです。

しかし質問なのですが、私、先生のアドバイスもほとんど遣り尽くした上で退屈した挙句、先月社会復帰の一歩として再就職し、バリバリ働きとまではまだ行かないものの、久しぶりにやりがいとプレッシャーを感じているところです。

しかし見事というかなんと言うか、そんなタイミングで、今まで元気だった夫がプチ鬱気味に!

ズバリお聞きしたいです。

というかまず叫ばせて下さい。

男、妻が働いたぐらいでダメンズ化すんなよ!!!!

・・・スミマセン。

ともあれ、どうすれば夫をダメンズにせずに、楽しく働けるのでしょうか。
どうしても、私が社会復帰すると男はダメンズになってしまうのでしょうか?!
でも、無農薬野菜も作りましたけど、楽しいですけど、やはり働きたいです。

なんだか先生のブログが武闘派ネタの宝庫化していて、さらにこんな質問で本当に申しわけないのですがよろしくお願いします!
(Yさん)
***
続きを読む


あちこちで「突然彼が変わる現象」が起きている!?

昨日の記事「なぜ、悪態ついてた彼が急に変わったのか?」はとても反響をいただきました。ありがとうございます。
http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/16297

元々温めていたネタなのですが、名古屋に行って該当者(?)の一人であるKさんと話をして、ああ、機は熟したな、と訳の分からんことを思って記事にしました。

そしたら、私のセミナーにもよく通ってくださるヒーラーの武藤多絵さんが紹介してくださいました。
http://ameblo.jp/taebrightlight/entry-12226967472.html

その上、多絵さんのお客さまでも「突然彼が変わる現象」が起きてるようでびっくり。シンクロニシティですね!!!

「別居中の旦那様が、生活費とバラの香水を持って突然、現れました!」
多恵さんの「女性性を高める江ノ島ツアー」や、セッションにお越しくださったクライアントさま。メイクやファッションでキレイになって、それで、女性らしくいていいよって、江ノ島あたりで許可出してもらうと、旦那様が突然、香水持って現れるという不思議な現象です(笑)
たくさんそんな突然現象が起きてるみたいですね。
http://ameblo.jp/taebrightlight/entry-12226969223.html

こういうネタはどんどん共有していきたいです!!

ちなみに多恵さんの「女性性を高めるセミナー」。来年2月5日のお昼、新宿で開催されるみたいですよ。
メイクやヘアメイクのやり方もついたセミナーだそうですね。私がお伝えできない分野ですので興味のある女子たちはこぞって参加するとよいですよ。
http://ameblo.jp/taebrightlight/entry-12225412948.html


なぜ、悪態ついてた彼が急に変わったのか?

愛があったから、に間違いはありません。
けれど、それに気付くにはちゃんとやるべきことをやっていたから、というのもあるんです。

「突然彼の態度が変わったんです。それまでモラハラ発言ばかりで、私のことを否定ばかりしていた彼が急に優しくなって、あれこれと面倒を見てくれるようになったんです。
食事に行こうって誘ってくれて店まで探してくれて、それが私が好きそうなところで、ほんとびっくり。
嬉しいというよりもその変化がちょっと気持ち悪いくらいでした。
何か裏がある?何かあった?と勘繰ってしまうような状態でした。
セックスもそれまでは自分の性欲を満たすだけだったのに、最近はちゃんと私を満足させよとしてくれて。
いったい何があったんでしょうか???」

今年、そんな報告を何件も頂きました。
私もびっくり。
クライアントさんはもっとびっくり(笑)

この「彼」ってのが「旦那」って場合もあるし、「彼氏」って場合もあります。
また、ちょっと変化球的には「上司(社長)」という場合もありました。

当然、カウンセラーとしての職務を果たすべく、彼女たちを質問攻めにするわけです。

「何やったの?何を続けたの?」って。

始め、彼女たちはシラを切るんです。

「分かりません」って。

そうすると私はテーブルをドンっ!と叩き、「分かりませんじゃねーだろ!素直に何したか吐かんかい!」とデスクの古びたライトを顔に押し付けたりします。

「えっ、で、でも、ほんとうに分からないんです。本当なんです。許してください。」

と涙ながらに言うので、少しトーンを変えて、

「でもな、急に変わるって何かあるからだろ?カツ丼でも食うか?」

と猫なで声になるわけです。そうするとポツポツと彼女たちは所業を白状し始めるわけです。
(※このくだりには一部、過剰な演出が含まれています。お察しください。)
続きを読む