【総論】浮気の心理学~その心理と解決案~

大阪で「浮気する心理学」というタイトルで講座をしました。
東京など他の地域でもやって欲しい!という声を多数頂きましたが、まだすぐには実現できないので、この講座でお話したことをざっくりと纏めました。
【総論】という形でお届けしますね。

大阪で「浮気する心理学」という講座をしてきました。
「大人の心理学講座」という名目で平日の昼間に設定したこの講座。
平日昼下がり=メロドラマ(笑)=どろどろっとしやすい男女関係や人間の心理に切り込む講座!!というコンセプトでツキイチ開催でやっていきたいと思ってます。

できるだけざっくばらんとした雰囲気で、気軽に質疑ができる感じで、それこそ、ランチセミナーみたいな感じでリラックスしてできたらいいな、と思って企画したんです。

※ちなみに個人的な相談もできちゃうランチセミナーも開催します。募集中ですぞ!

◎東京:2/25(土)12:00-14:00 ランチセミナー(目黒雅叙園)
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/16849

◎大阪:3/3(金)12:00-14:30 ランチセミナー(北浜・ユニック)
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/16986

浮気する心理って男女で違いがある上に、その心理も多岐にわたります。
これもカウンセラーを始めて17年目に差し掛かる私にとって、最もたくさんいただいた事例の一つだから見えてきたこともあります。

浮気する心理をざっくり分けると次のような傾向が見られます。

1.不足原則
2.寂しい、虚しい
3.不満、怒り、退屈、刺激が欲しい
4.モテる自分
5.バランスの法則(1)~虎の威を借るナントやら~
6.バランスの法則(2)~先に浮気したのはどっち?~
7.保険という概念

という項目にて今日もお話させていただきました。
(講座での順番、内容からは少し改定させてもらいました)

男女の違いも大きいのでなかなか女性には男性が浮気する心理について理解が進まないし、逆もまた然り、です。

ここで役立つ男女の違いについては

A.男性はモードの切り替えをして、女性は仮面を切り替える
B.男性は安定志向、女性は退屈が嫌い
C.男は言葉を道具として使う
D.男はその場の空気に流されやすい、女はその先まで深読みする
E.男は未来志向、女は過去思考
F.男は罪悪感の塊。
G.男は思考的、女は感情的

※この辺については私の本でも詳しく紹介していますねっ!(もう宣伝がいっぱい!!笑)
>「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」「愛されるのはどっち?」
http://nemotohiroyuki.jp/books
続きを読む


バレンタイン討ちに失敗したでござる。凹みますです(涙)

***
いつも勉強させて頂いています。
以前ネタとして野良猫男子についてブログにあげて頂きました。
とても勇気づけられました。有難うございます。

ブログに出会ったからこの片思いを続けられるのですが、記事の中の耳障りのいい言葉を鵜呑みにして調子に乗りすぎてしまったようで今回、失敗してしまいました。
気になる彼は野良猫で、少しロックマンを兼ねているので、朝駆け夜討ちも可というワードを拡大視してしまい、バレンタインに初トライしたところ、嫌だったようです。
お前何やってんの!?と連呼して笑っていたので少しは喜んでくれたかな、と思っていました。
一年前には数ヶ月無視されたけど、その夜押しかけた後は途中まで送ってくれ、ありがとうというメールも来たので、大丈夫かな?と思っていました。

しかし3人でよく集まるもう1人(男)と話すと
あいつに家を教えたのはまずかったかもしれない。とか
非常識じゃね?笑
と彼からメールが来たと教えてくれました。

前向きに考えれば、遠回しな自慢とか、ツンデレだから。と考えられますが情熱女子にポジティブは、歯止めが効かなくて距離を詰めすぎてしまうようです。
ネガティヴなくらいが、連絡がきてもすぐ止められるし、誘われても行かない気分になるしいいのかもと今回思いました。
そんなに距離を詰めてるつもりはなく、真綿で包むように女性性を発揮して接してるのに、うまく行かないです。

やっと友達としての関係が安定したなと思っていたら先週、一年半ぶりに体を誘ってきてました。
今まで色々あった上で今回抱かれたから、少しくらい距離詰めてもうまく行くと思ってしまいました。
彼がすごくツンデレで、結構私のこと好きじゃん。って最近理解が進んできてたからこそ、彼の友人への愚痴は凹みました。

行った時は急に来るから玄関で申し訳ないとか、風呂入ってからが良かったとか言いながら温かいお茶を出してくれたんです。
それは好きだからじゃなくて、きっと彼の人柄なんですね。
私は素人判断で行動しちゃバランスが取れないんだとわかりました。自分の愚かさにへこみます。
(Yさん)
***
続きを読む


彼の「ごめん」は「大好き」という意味!?

あれこれと考えてしまうものだけど、それはあなたの女子力が高いせい。
寂しいと思うのも、彼のことが大好きだから。
そして、彼がごめんね、というのはあなたのことが大好きだから。
そんな変換をしていくと、実はすべてはうまく行ってるのかもしれません。

「彼に会えなくて寂しい」とか
「仕事って分かってるけどデートの予定がなくなったら悲しいし、寂しいし、ちょっとむかつく」とか
「彼の友達も交えてご飯を食べてるときに、ふと私の知らない昔の彼の話が出て来るとその友達が男であっても嫉妬しちゃう」とか
「仕事で嫌なことがあって彼に聞いてほしいのに、彼が楽しそうに友達と遊んでる写真をSNSで見かけたらなんか悔しいし、悲しいし、寂しいし、むかつくし、嫉妬するし、バカ!って言いたくなる」とか、
「彼はとてもいい人で、私の言うことをなんでも聞いてくれる最高の彼なんだけど、なんでも『いいよ、いいよ』って言ってくれると『ほんとにいいの?』って疑問に感じちゃって素直に受け取れなくなる」とか
「彼に不満をいっぱいぶつけちゃって、彼が悲しそうな顔をして『ごめん』って言ってくれると、『ごめんって言わせてごめん』と思って、少しすっきりした半面、別の何かでモヤモヤし始める」とか、
「私の気持ちを分かって欲しくていっぱいしゃべって『○○してほしい』って言うとわがままを言ってるみたいでだんだん申し訳なくなってくる。で、彼に『私にこうしてほしいってことないの?』って聞いたら『うん。ないよ。』って笑顔で答えてくれるんだけど、全然すっきりしない。むしろモヤっとする」
とか、
「しかも、『○○してほしい』って言って『分かった。これから○○するようにするね』って言ってくれると、なんか彼にもっと頑張らせちゃう、って罪悪感感じる」
とか、
「根本さんのブログ読むと『言いたいことは言えーっ!』とか『我慢はよくないぞ』とか書いてあるから何でも言えばいいのかと思うけど、でも、いざとなると『これってわがままじゃないのかな?』『彼をしんどくさせちゃうんじゃないかな』とかいろいろ考えて結局何も言えなくなる」
とか、
「仕事で忙しくしていたり、友達や趣味も充実してるからなかなか会えなかったりすると、彼はすごく申し訳なさそうに『ごめんね』って言ってくれるんだけど、でも、楽しいことしたり、役に立ったりしてるんだから、もっと嬉しそうに、楽しそうに言ってほしいんだよね。ごめんって言ってほしくないんだよね」
とか、

そういう話を聞いておりました。
続きを読む


こうゆう状態の私でも夫婦関係を改善するために、今私にできることを教えていただけたらなと思います。

こうゆう状態の私でも夫婦関係を改善するために、今私にできることを教えていただけたらなと思います。

そもそもなぜ夫婦関係を改善したいのか?
その理由を愛とつながったポジティブなものに変えていくことでモチベーションが上がり、どんな方法を用いたとしても効果を感じられるようになっていきます。
大事なのは自分自身。だって自分の人生ですもの。

***
根本先生こんにちは。
以前ゆっちさんより根本先生を紹介されて、1度連絡させていただいた者です。夫婦関係の問題にぶちあたり早、1年以上が経ちます。根本先生に相談させていただいときはまだ妊娠中で、切迫早産になり絶対安静で時間が有り余る程あり、辛い考えがグルグル。それから無事に出産して現在は育児に奮闘していますが、未だに夫婦問題は何も変わっていません。
私の妊娠中に夫の浮気(食事に行ったり等)が発覚。そこからギクシャク。夫とどう関わっていいのかわかりません。
浮気や不倫されたらどうする?てことに、夫に手紙を書いたり、恨み帳を書いたり、下着を変えたり等アドバイスされていますが。。。
私もやってみたのですが、手紙書いたり、恨み帳を書いても心はすっきりせず。下着を変えてみても何もワクワクせず。
自分の好きなことをしたくても10ヶ月の息子を子どもを抱えているとなかなか出来ない。。。できたとしても心底楽しいとか思えず。仕事は、現在は育休中で、保育園も申し込んでいるんですが、待機中です。。。
こうゆう状態の私でも夫婦関係を改善するために、今私にできることを教えていただけたらなと思います。とりあげてももらえると嬉しいです。
(Rさん)
***
続きを読む


その恋、もしかして、今世紀初じゃない?だったら自信がなくて当然ですよね。

結婚していたのでずっと異性が一緒にいたのですが、よくよく振り返れば、恋をするのはほんと久しぶり、というケースがよくあります。
そら、自信もないし、不安だし、疑うのも当然ですよね。経験値がないんですから。
社会人としての経験値と恋愛経験値。そのギャップを素直に受け入れましょう。

「どうしたら結婚できんねん!あ?」というお淑やかな女子をカウンセリングしたり、「旦那から離婚したい言われてんけど何とかせえや」という上品な奥様(たまに旦那様)のお話を伺うだけでなく、すでにバツが1つ以上付いた歴戦の兵(ツワモノ)の2度目(以上)の婚活についてご相談を頂く立場でもあります。

やはり傷ついた経験値が豊富なだけに「疑い・不安・自信のなさ」の3点セットを完璧に準備しての婚活となるわけです。

「彼って他にもきっとほかに色んな人がいると思うねん。私だけ言うてるけどな、それ、絶対違うと思うねん」

「もしこのまま距離が近づいて付き合うことになったらどないしよ。また嫌な目に合うんちゃうやろか?」

「こんな私のことなんて好きになってくれる人なんているんやろか?先生、口ではええこと言うてくれるけど、ほんまはそんなこと思ってへんねやろ?」

それで恋が少し動き始めると、その3点セットはさらに強力になるんですね。

「どないしよ・・・好きて言われた。あかん、あかん。調子に乗ったらあかん。けど、嬉しい。けど、どないしよ・・・」

「今はいいけど、いつかはあかんようになってまうねんて。ほんま。信じたらあかんねん」

「今、いい感じになってきてんけど、この先、どないしたらええんやろ?どうやったらもっと仲良うなれるんやろ?」
続きを読む