自分の正しさを主張してついつい対立をしてしまう私。


正しさをなぜ主張しなければいけないのか?という点に注目していくと、その裏に様々な観念が根付いていることが見て取れます。
怖れや不安、恨み辛みなどを手放すことで、正しさも手放して行けるのです。

こんにちは
根本さんのブログ、いつも楽しく拝見しています。
リクエストなのですが、自分が正しい症候群はどうやったら改善するものでしょうか?
いつも母親と衝突してしまうのですが、母も私も絶対に譲る気がありません。妹に言わせればどっちも相手の言い分を聞かないからだと・・・。どちらも相手に非があるととらえてしまうのです。
衝突しないように冷静に話を進めようとすると、今度は感情的になって中断されてしまいます。
小学生の頃に自分の気持ちも言えずにいた反動が今ここで来たのかなと思うのですが。
ですが、いつも疑問に思うのですがなぜ母は絶対に私の意見を聞かないのかなと。
小さい頃聞き分けがよかったから今もそう思っているのでしょうか?
時々意見の齟齬が生じるとなぜかにらみつけてきて、目をそらすと「勝った」と言ってくるのですが・・・なんかもう母親と娘のバトルというよりオス同士の争いですね(笑)
面白いなと思ってくれればネタとして使ってください。
(Mさん)

続きを読む

手放すのは、夫?母?元カレ?いや、本当は・・・そんな自分自身なんですよね。


「本気の手放しワーク」というセミナーを昨年から開催しています。
で、内容をバージョンアップさせて、今度は「新・本気の手放しワーク」を8/27(日)の東京を皮切りにまた開催していきます。

こちらがその案内文。
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/20312

また、最近『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』というDVDがまたポツポツ支持を頂くようになり、その感想もちょくちょく紹介しています。

そのDVDはこちらから購入できます。
http://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/12401

ということで、この記事はこれまた壮大なるステマ記事なわけですが、「手放し」ということについて改めて考えてみたいと思いますので、「セミナーやDVDを買うにはちょっとハードル高い。だって3万円でしょ?」という方にも参考になる記事になると思いますので、誘惑に駆られつつ(笑)ぜひ、お読みください。

さて、手放しワークに参加して下さる方に「誰を手放したいの?」というアンケートを取っています。

第一位は夫(元夫)、第二位は母、第三位が元カレで、この3名で全体の7割を占めます。
また、「○○な自分」というのも根強い支持があります。


続きを読む

心と頭が違っていて毎日モヤモヤしています。


違っていることはよくあるんですけど、「どれが自分らしいか?」を見つめていくことがお勧めです。
自分らしいのはどっち?で選択できたら後悔もしにくいからいいですよー。

はじめまして。
心で感じることと頭で考えることが合わなくて困っています。ご助言頂けると助かります。

自己中なところがある元彼(バツイチ子持ち)と、大人しくて誠実そうな次の人(初婚)がいます。
後者の方が性格も条件も良く、趣味も合う。平和で幸せになれると分かっているのに、元彼が好きです。

次の人からはアプローチがありこのまま上手くいきそうなのに、毎日元彼のことを考えてしまい、ブレーキをかけたくなってしまいます。

元彼からはやり直したいと言われました。心理学のコラムなどを読ませていただき、男女の気持ちの違いを学び、やり直してみたいという気持ちが湧いてきます!が、周囲には反対され、私も「そんな甘くないよね、、」と思ってしまいます。

心と頭が違うような感覚で、毎日もやもやしています。こんな時、どうすればいいのでしょうか?
(Mさん)

続きを読む

問題というのは起こるべくして起きているので、何ら自分を責める必要なんてありません。


ある人が「こんなことしていてもダメですよね。早く辞めなきゃいけないですよね。」とおっしゃっていました。
彼女は夫と子供たちがいる一方で、好きな人ができ、その人との恋に夢中になっていました。けれど、家庭と恋とのハザマで苦しくなってカウンセリングやセミナーに通うようになったんですね。

最近、芸能人でも話題のW不倫という奴なんですけど、週刊誌などではだいぶ叩かれてしまうできごとです。

カウンセラーってそもそもそれが良いとか悪いとかの判断ってあまりしないものです。

私なんぞは「ふーん。そうなのねえ。」とクライアントさんが拍子抜けしてしまうくらいあっさりとした反応を返すそうです。(自覚症状はないのですが、皆さん、そうおっしゃるわけです。)

「真剣に聞いてないでしょ?」と鋭いツッコミをしてくる方もいまして、そういう時は満面の笑顔で「そんなことないですよぉ~!」って返すんですけど、ますます嘘くさいみたいです。そう、私、素直なんです(笑)

「そうならざるを得ない事情があるんでしょ?」って思っています。

師匠がよく言ってました。
「今日はいい天気だなあ!気持いいなあ!!じゃあ、浮気でもして夫を困らせるか!」なんて思う妻はいないって。

なんか事情があって、そうなっちゃってるわけです。
逆に言えば、その事情が解消されなきゃ、その行為もやめれらないわけで。

だから、「あら、そうなの。あなた大変ねえ」みたいなリアクションしか取れないんですよね。そこでは完璧オネエになってますけど。
続きを読む

自己主張と図々しさとわがままと自分勝手の差はどこにあるのか?

同じ言葉を言っても、ある人には好意的に取られ、ある人にはわがままだと窘められます。
じゃあ、どう違うんだろう?というと、もしかしたら意外な答えがあるのかもしれません。

根本先生

Read more

「できること、できないこと」の区別ができると成熟性が増して生き易くなる!


「できることとできないことの線引き」
自分が生きていく上でも、また、カウンセリングやセミナーにおいても大切にしている心がけの一つです。

自立している人たちは、できることはもちろん自分でやります。
でも、できないことに対しては、
・頑張って一人で何とかしようとする
・誰かにお願いするより自分でやった方が早いと考える
・一人で抱え込んでいっぱいいっぱいになる
・できないことがあることを認めるのが悔しい
・できないことがあることで自分を責める
というパターンを持ちます。

頑張ってできないことをできるようにする、というのは決して悪いことではありません。
ただ、条件が一つあると思います。

「それ、楽しい?ワクワクする?」

これに笑顔でYes!と答えられないのであれば、それは無理してる証拠です。
そのほとんどはストレスにしかなりませんし、自分の首を絞めるものです。
続きを読む

仕事の充実感とプライベートの余裕。その両方を手に入れる方法はありませんか?


その両方を手に入れることができる、という前提で動けば手に入ります。
無理よね、という前提で動けば手に入りません。
意外とその法則はシンプルですよね。

毎日ブログの更新を楽しみにしています。いつ読んでもタイムリーな内容で、「毎回タイムリーって、私はいくつ悩みを抱えているのだろう」と笑えてきました。笑

今日のブログ『仕事をポジティブなイメージに変えることは自己肯定感や魅力アップに多大なる影響を及ぼす。』も、今まさに直面してることにジャストフィットで、やっぱり根本先生は透視能力があるのではと真剣に思います。
セミナー、行けばよかったですー!!

転職による就活中の今、まさに大転機を迎えていて、何を選ぶかで決めきれずにいます。
やりたいことや譲りたくないことが多く、そのどれもを叶えられる仕事があれば、と思いますが現実はそうもいかず…。やりたいこと(求める条件)は、

A:仕事の充実感
B:プライベートの余裕(土日休み・連休の多さ)。

その狭間で揺れ、何にしても決定打が無く決めきれません。
とあるご縁で、以前携わっていた専門職でのスカウトがあったのですが、AはあれどBが叶わない。
ただ、以前の転職でBを優先した結果、短期間で辞めてしまい「やりたいことをやるべー!」と痛感した為、Aも大事。
AもBも叶う仕事があればいいのに…と、流行りのタラレバを思ってしまいます。そう悩んでいてもお金と年齢は待ってくれず。いい歳して青い鳥症候群です。
選んだ道が失敗だったらどうしよう、という気持ちがとても強いです。

仕事をするなら楽しくしたい!そして欲張るならやりたいことをしたい!人生で楽しく生きたい!
だけど、たくさんの”やりたいこと”のどれもを両立させるのが難しい場合は、何かを諦めるしかないのでしょうか?

本来ならセミナーに参加して質問すべき内容だと思いますが、もしよければネタにして頂ければ幸いです。
(Rさん)

続きを読む