好きなことをしてお金をもらって豊かな生活をしたいんだけど・・・。

変態道を目指しましょう。
好きなことに貪欲に、思い切り、本気で、その好きなことを楽しむ自分になりましょう。
それがスイッチとなって、お金を稼ぐ方法やブログを書くことへの活力が湧いてきます。

***
根本先生,いつも勝手にお世話になってます!
恋愛で悩んでいた武闘派女子ですが,根本さんのおかげもあり,私を大事にしてくれるパートナーと結ばれたら,次は仕事に問題が出てきて,わからなくなったのでまた根本先生を頼り,リクエストしました。

私は今,公務員として働き恵まれた環境にいます。職場の人間関係も良好,頼られてもいます。専門職なので,自分が「なりたくてなった仕事」です。給料も安定ですし,成績もそこそこです。

以前からも定期的に「行きたくない」という病を発病しており,実際に休暇制度を使って1,2日休むこともありながらもやってきた感じです。そんな怠惰な自分を責めていた時期もありましたが,今はマシです。

パートナーができて結婚の話が出てきたら,病がますます強くなり,「がんばりたくない」という気持ちも強くなりました。でも旦那になる人は安月給・・・。養ってくれる気もあり,「好きなことをしててほしい。」と言ってくれますが・・・私,お金も大切なんです!
だから本音は,楽をして金持ちになりたい!なんです(笑)好きなことをしてお金もらって,そして豊かにゆったり生活したいです。

気が向いたときに気が向いたことをしたいという,すごく自由人なんだと自覚しました。時間やノルマとかに縛られるのも嫌です。
でも今の仕事,嫌いじゃありません。職場はとても恵まれていますし,安定です。自由人ですが,金銭面では安定したいので手放すのも怖い。

好きな心理学を通してカウンセラーとして成功できれば・・・とも思いますが,甘い世界じゃないし,根本さんみたいに成功してる人は一握りだろうなと思い,自信もありません。
そして「手初めにブログでも書いてみよう」と始めてみましたが,「忙しい」を言い訳にして続きません。
自由なので「気が向いたとき」にしかできないのかな?とも思いますが,心理のブログも書けないということは,心理学を仕事にしたいわけでもないのか!?とも感じ,迷っています。(人と話すのは好きなんですが・・・)

考えたり,人に相談したり,好きなことを仕事にして成功してる人に会ったりもしてみましたが,答えは出ず・・・。どうするのが一番いいかわからないままです。
言わば失敗したくないし,強欲なんですけど(笑)

私はどうしたら一番よいのでしょう!?考え方のヒントを下されば,とってもありがたいです
(Mさん)
***
続きを読む


私、がんばれ! ファイト!

文中の今日のメルマガってこれね

「自分らしく生きるにはどうしたらいいんだろう?」
http://nemotohiroyuki.jp/column/17565

***

根本さん いつもメルマガありがとうございます。

今日のメルマガをみて、今日の私と同じだ!と思って読んでいました。

些細なミスで、初歩的なミスを今日は、どうしてこんな目になってしまうんだろうと

考えていました。

まだ、かたがついてないから、明日、平和に事が片付くことを

祈っている私です。

メルマガ、読んで、元気がでました。まだ、立ち直っていませんが・・・。

ダメなわたし、おちょこちょいの弱い私も、これが私なんだから、

素直に誤って、前を向いていきていこう。

くよくよするけど、私を愛せるように認めよう。

私、がんばれ! ファイト!      根本さん、ありがとう。

***

すばらしいメッセージ。
ありがとう(^^)
嬉しいです。

「私、がんばれ! ファイト!」

いいねー、こう言えるの!!
ほんといいです!!

そして、この素晴らしいメッセージ、ぜひ、何度も読み返してね。

いいなあ。

心が晴れやかになりましたよ。

汚れた心が少し洗われたような気がします。

ありがとう!!


「素直な自分」が分かりません!!!

Tさんからふと頂いたご質問。あるあるなので、ちょっとご紹介。

>あれから考えていますが、 (素直な自分) (自分に素直になりなさい)が、判りません。
>これは、どうやったら判るのでしょうか?? 

もう分かってるんです。実は。もうすでに。

「素直な自分」の答え、もうTさん、この短い文章の中に書かれてます。

そう「判りません」です。

それでいいんですか?って思うでしょう?
それでいいんです。

他にあるでしょうか?

「判りません」が素直な自分じゃいけないんでしょうか?

ええー!?と思った方、何か立派な答えがある、という思い込みに縛られているのです。
続きを読む


分かってる!できてる!知ってる!は危険なサイン。

頑張り屋さんとか能力のある人は、つい自己承認を求めてこれらの言葉を使ってしまいます。
また、自立的な人は自分の正しさややり方を証明する目的で使って他人の地雷を踏んでしまうことがありますね。

カウンセラーとかセミナー講師とか作家という肩書を持つ私はあちこちで偉そうに何でも知ってるかのように話をするわけですが、その時、とても注意していることは

「あくまで自分が見てきた世界の中で知っていること、分かっていること、できること」

である、ということ。

例えば、ブログの記事にしても、セミナーで話をしている内容にしても、一応、どこを切っても自分の言葉で説明できるようにしています。

でも、それが「これが宇宙の真実です!」とかは思ってません(笑)

「私の知っている世界ではそういうことですよ」というお話。

先日、東京でのランチセミナーの時にこのテーマは浮かんだのですが、隣に並んでたおしゃべりな自立系武闘派情熱女子が、ほかの方の質問にあれやこれやと自分なりの解釈を言ってるんですね。
で、ふと「あ、根本さんの隣で偉そうなことしゃべっちゃってごめんなさい」と言い出して、「根本さん、それ違うんだけどなあ、それ間違ってるよ、とか思って聞いてるんでしょ?」って言うわけです。

その時、ふと気づいたわけです。

「そういう見方もあるんだ、という風に彼女の話を聞いてるなあ」と。

だから、「別にそれちげーんだけどなあ、なんて見てないよ。あ、そういう見方するんだ、おもしれー、とか、あ、そういうのもアリだよね、みたいな感じだと思うよ」って伝えました。

もちろん、好感度を上げるためです(笑)

そこで私が「間違ってる」と思ったとしても「価値観や見方、捉え方の違い」みたいなものです。
だから、「あんたはそう思うんや。俺はこう思うけどね」というもんだと思います。
続きを読む


あの人はどんな風に人を愛するの?そして、あなたは人をどんな風に愛するの?

愛し方を知る、というのは大切な関係性の築き方です。
自分が思っている通りの愛し方をしてくれる人は稀だし、あなたの思い通りの愛し方を受け取れる人も少ないのかもしれません。

2月は「愛するって何ぞや?」というタイトルで各地で心理学講座を開催してました。
講座を準備したり、あちこちで何回もしゃべってたりすると、じゃあ、一番そのテーマを学ばなきゃあかんのは誰だ!?というと、あ、は、はい、私です、というわけです。

その講座の中でこんな問いかけをしていました。

「あなたの大切な人は人をどんな風に愛しますか?」

「あなたは大切な人をどんな風に愛しますか?」

愛し方って人それぞれ違うんです。

だから、あなたの思うとおりの愛し方をしてくれないからといって、愛されていないとは限らないし、あなたが思う通りの愛し方をしていても、相手は愛されてると気付いていないのかもしれません。

だから、失った後に思うのです。

「そういえば、あの人のこの行為は愛だったのかもしれない」と。
続きを読む