パートナーとの話し合いについて。また、自信を付ける方法について。


はーい、今日の記事は、
「パートナーシップでの話し合いって思っているよりも成熟さが必要だぞ!」
「自信を付けるには自分軸になって自己承認をすることだぞ!」
の2本でーす!

いつもメルマガを読んでは日々少しずつ前進させていただいております。
もっと前に進めるように根本先生に背中を押してもらおうとメールしました(^^)

借金・浮気・セックスレス・同居等、愛されなかった辛さから19年の結婚生活。そして離婚から10年経ち、悲しみ・怒り・寂しさの執着の感情からようやく手放しの時期に辿り着いた状態です。

離婚前、何度話し合いがしたいと言っても適当にはぐらかし逃げてしまい「すまん」の一言くらいはありましたが、一度も向き合い話す事なく別れに至りました。
10年経った今、止まったままの時間を進めたい気持ちが強くなり、子供と一緒に元旦那に会ってみました。
彼は自分からは会いたいと言えなかったと喜んでいました。
10年も経ってるから今ならお互い素直に向き合えるかと思い、話がしたいと私の気持ちをラインでぶつけましたが、結果は既読スルー・未読でもう本心を聞ける事もないと思います。ただ「嫌いじゃなかった」と救われたかっただけですが、このまま相手に心が残った状態でもイイやんと納得させてます。

これからは振り返る事なく前進あるのみですが、幸せになりたい、もう一度人を好きになって愛されてみたい。やる気や表情豊かになるなど輝いてみたい。怖さはありますけど…
根本先生、私に自信を下さいませんか(*^o^*)
(Aさん)

続きを読む

最近、嫌なできごとが続くならば、それは自分が成長した証。


成長して変化が起きると今までよりもパワーアップしているので、今まではあまりなかったようなできごとに遭遇することがよくあります。
しかも、自分が気付きやすいように「ネガティブなできごと」でそのお知らせがやってくることが多いんです。

 根本先生、いつもお世話になっています。
根本先生に出会ってから早1年。
ブログを読み、興味のあるセミナーに参加しながらいろいろ感じ、考えています。
少しずつ変わったような、変わっていないような(笑)

最近、ちょっと嫌な出来事が続くのです。
買ったばかりの鞄が壊れてお店に連絡したら、不快な対応をされたり。
インターホンに対応したら面倒な勧誘?に捕まって、後日まで対応する羽目になったり。
電気屋さんで買い物する際、最初に言われた値段とレジでの値段が違って揉めたり。

私は何を投影、引き寄せしてるのでしょうか??
何を変えればいいのでしょう?
あまりにも続くのでしんどくなってしまいました…

もしネタにつかえて、アドバイスがあればお願いしますm(_ _)m
(Kさん)

続きを読む

ふつうでもない、すごい人でもない、中途半端な私。

今まで生きて来て「周りの人と自分は違う」と感じている。
みんながふつうにできていることが自分にはできなくて、かといって、特別な才能を持っているわけでもない。
周りの人はふつうに恋愛して結婚していたりするし、仕事の愚痴を言いながらも毎日会社で頑張っている。

Read more

何をするのかを大公開!!>東京:10/22(日)12:00-14:00 銀座TABEEC倶楽部主催「女性性をより開放する普段使いの心の在り方&エクササイズ」(乳がん予防ランチ付き)


ピンクリボン月間ということで「乳がん予防ランチ」を食べながら聴講して頂く形です。
どんなランチか?というと「酸化は老化現象をすすめてしまうだけでなく、がん細胞の働きも活性化させてしまうのでがん細胞と関係の深いエストロゲンの働きを抑制してくれる植物性イソフラボンの大豆、抗酸化物質が含まれる緑黄色野菜やきのこなどを取り入れたランチになります。」とのこと。

じゃ、どんな話を聴くの?というと、女性性を解放してくれる意識の向け方、そして、具体的なエクササイズのご紹介です。特にこれから寒い季節を迎えますので、ぜひ心と体のケアにお役立てください。

こんな質問を当日はさせていただこうと思います。そして、参加者同士で意見交換してもらおうかと。皆さんもぜひ考えてみてください。

1.女性性と聞くとどんなイメージがありますか?
2.あなたが女性であることに喜びを感じる瞬間は?
3.あなたが女性として意識しているのはどんなことですか?
4.憧れの女性はどんな女性ですか?その人のどんな要素に惹かれますか?
5.あなたがより女性性を解放したらどんなことが起こると思いますか?

そして、エクササイズをあれやれこれやと紹介していきます。

●女性性を解放するお勧めなアファメーション
●緩やかな時間を感じる瞬間を作る。
●泣く、笑う、怒る。
●直感、感覚を大切にする。
●体を温める。
●体に触れる。
●ルームウェア、ナイトウェアで手を抜かない。
●意識的に女性性を高めたいときは
●部屋を整える。
●女性性強化ファッションの確立
●女性性を表す場所やもの。

制限時間オーバーになる可能性もありますが、楽しく、和気あいあいと高級な雰囲気でお届けしたいと思います~!

続きを読む

自分の気持ちに忠実に生きる~感情が先、思考はあと~


好きなことに忠実に生きる、自分の気持ちに素直に生きる、ということが分かっていても実に難しいもんです。

最近、うちの奥さんはバシャールを経てエイブラハムにハマっているので、何かを相談すると

「それってやりたいことなの?」
「ほんとに好きなことは何?」
「それってワクワクしてる?」

というワードのみをリターンしてくるので、思わず「うっ」と胸に突き刺さるわけでございます。

小さいことですが、今朝、ジムに行くか、行かないかについてしばし懊悩しておりました。(実は私はしょうもないことで、あれこれと悩む習性があります。例:生ビールと瓶ビールとどっちにするか?など)

頭では「ジムに行ってちゃんとトレーニングした方が体にいい」と思っています。考えています。

しかし、気分的には「今日は家で軽く済ませてランニングをする方がいいよなあ」と思います。

さあ、バトルの始まりです。
ちなみに普段であれば「子どもたちを学校に送っていくイベント」が発生するのですが、今日は息子君からの「今日はさすがにダメだよね?」と提案があったので、その選択は回避されております。

さて、頭で考え始めるといろいろとそれらしき「理由」が出てきます。
・ジムに行った方がちゃんとトレーニングができる
・きっと気分がよくなると思う
・一度行かないとまた行かなくなるかもしれない(←怖れを使ってる)
・ジムに行く時間があるのに行かないのは怠慢である(←自分に厳しい)
・行かないことで後悔するんじゃないか?(←思考が作った感情、ファンタジー)
などなど。

一方、気分的にはこんなことを思ってます。
・ま、たまにはええんちゃう?
・昨日も一昨日もジム行ったし
・仕事もできるしな
・なんせ、楽だ!笑

基本的に「思考」と「気分(感情)」がバトルした場合、「気分」はとても立場が弱いです。
なんせ、理論的じゃないですし、辻褄も合わないわけですし、そもそも、そのバトルの舞台が「頭」という「思考」の本拠地ですし。
続きを読む

ズルズル続いてた元彼くんを手放せたら、今度は仕事や家族の問題が出て来たんですけど?


問題を一つ乗り越えるとまた新たな問題が現れるのは成長意欲の高い人ならでは。
でも、元カレ問題を乗り越えることで自信が付いた分だけ、新しい問題にも前向きに取り組めますね。
まずはちゃんと祝杯を挙げましょうね。

教えてオシエテ根本さん。

先月本当に終わりに出来たんです。
ズルズルと続いてた元彼君と。
やっと私にもストンが来たのです。
自分からもう一生会うことないと、しっかり宣言できました。
一応今月の手放しセミナーにも参りますが。笑。
でも困った事が。。
その手放しが出来てラインを気にする苦痛から解放されたと思ったら、今度は軌道に乗ってた仕事が上手くいきません。

更には、家族の介護問題発生と共に 姉弟との関係にヒビが入りつつあります。
まあ元々うすーい関係の仲でしたけど。

これって私に何が起きているのですか!?
元彼手放しと何ら関係アリですか!?

教えてオシエテ根本さん。

(Yさん)

続きを読む

問題を解決するには今の気分を良くするのが案外早道かもよ。


今の自分の気分を良くすると、気分のいい状況が引き寄せられます。
問題にぶち当たるとネガティブな思いが出て来るし、その原因を過去に求めると凹んでしまうこともあるけれど、今の気分を良くすることで問題が解決していくことだってあるんです。

過去に何があったか?というのはとても大切なことで、そのトラウマが今の問題に影響していることも少なくありません。
でも、今の問題を解決するのは必ずしも過去のトラウマを癒すことだけではないよな、という風に思っています。

そもそも過去のことをあれこれお聞きするのも「今」を理解するため。
今、なんでそうなっちゃってるのか?の原因が過去の体験にあるんじゃないかな?という見方をしているためです。

例えば、昨日もそういうカウンセリングをしたのですが、支配的な母親の影響で距離の近い人に言いたいことが言えなくなってしまった、という場合、その子ども時代に我慢した思いを吐き出していくことは、その問題の解決に有効だと思っています。

とはいえ、「今」を生きるのに、そんな辛い思いをしなきゃいけないか?というと、他にもアプローチっていっぱいあると思うんです。

昔から「好きなことしましょう」とか「自分が笑顔になることをしましょう」というのは、問題をごまかしたり、気を紛らわしたりするのが目的ではなく、それもまた問題解決に向けての方法だからです。
続きを読む