1/31 大阪・心理学講座

1/31は心理学講座に足をお運びくださいまして有難うございました。
駅の本当にすぐ傍ってことで、僕自身もびっくりしました。
(前回は6階でしたので)

打ち上げもたくさん集まっていただいてありがたかったです。
もっと色んなお話をしたかったのですが、時間があっという間に
過ぎてしまいましたね。

*大阪・心理学講座*
1/31(土) 19:00-21:00
中津・三井アーバンホテル大阪

テーマ:『男と女のコミュニケーション』

続きを読む


1/24 名古屋・心理学講座

先日はとても寒い中、講座に足を運んでくださいまして
ありがとうございました。

*名古屋・心理学講座*
1/24 18:30-20:30
名駅・中小企業センター

続きを読む


(2/3)見えない糸

休日というのは飛ぶように時間が過ぎ去っていくものですね・・・。
一度目を覚ましたのが9:30。
おぉ、今日は休みじゃ、もう一眠りするべ・・・と思って目を瞑ると次に時計を見ると12:00。
たっぷり眠ると疲れもすっきり取れて、ほんと、いい気分で起きられました。
銀行に行ったり、100円ショップで買い物したり、食事をしているともう夕方に。
そして、お気に入りの居酒屋さんに出かけていきました。
そこは、カウンセリングルームの1階にある居酒屋さんで日本酒・焼酎がたくさん揃っていて、お酒好きにはたまらないお店ではないでしょうか。
料理の値段はちょっと高めですが、量が少なめで味もとても良く、とてもお勧めのお店です。

で、で、出張前なのでちょっと控えめにしたんですけど(ビール一杯、冷酒一杯、梅酒二杯)、やっぱりお酒ですから酔いが回るんですよね。
気持ちよくなって家に戻ると、3日からの出張準備を何もしてないことに気付き、服やら資料やらを準備してるともう12時近くになってました。

のんびり過ごしてたつもりですが、やっぱり最後はばたばたしてしまうんですよね。
サガだなあー。
「サメ並みに、止まると死ぬねん」といつも冗談交じりに言ってるんですけど、落ち着き無いんですよね・・・。
ちなみに落ち着きの無い夫を持つ妻は、とても落ち着いていますね。
やっぱパートナーシップはバランスなんですね・・・(笑)

ところで、最近お会いしたお客さまから「そこまで分かるんですね・・・」とか「そんなこと、なんで分かるの?」ってよくおっしゃってもらえるようになりました。
ちょっと怪しい話になるかもしれないのですが、お話を伺っていると、その方の感情が溜まっているところ、引っかかってるところなどが何となく分かるんですよね。
「今、ちょっと喉が苦しくないですか?」
「今、いっぱい考えてるでしょ?頭のこの辺が重たくなってきてませんか?」
「背中のところがしんどくないですか?そうそう、腰から胃の裏側にかけて」

心についてもまた同じようで、今感じている感情とか、ずっと昔からある感情のパターンとか、問題となってる心の痛みとかが何となく伝わってくるように感じます。
だから、あんまりお話してないうちに色々僕の方が話し出したりしまうこともあるくらいで。
(あ、でも、それは何回もお話してる方だけで、初めての方は、色々気づくところがあっても、一通りお話をきちんと伺いますから大丈夫ですよ)

ソファに向き合って話をしてるだけですけど、それも経験を積めば積むほど見えてくるものは広がっていくんですよね。
それに、やっぱり人と人ってのは見えないところでたくさん繋がっているんだな、とも思います。
何で分かるか?っていうと、心が共鳴するからで、それは別に僕とだけじゃなくて、誰とでも起きているものだと思うんです。
以前もコラムに書きましたが、ほんま、人と人とは見えない糸で元々繋がってるんだな、と感じます。
だから繋がりを感じるっていうのは、新しいことではなくて、感覚を取り戻すことなんだろうと思うんですよね。

そういうわけで3日からは、東京に出かけて、色んな糸を紡いで来ます。
お会いできる予定の皆さん、楽しみにしてますね。


(2/2)受け取ること。

2月になりましたね。
あっという間に1月も終わったようで、妻のお腹ももうすぐ9ヶ月に入ります。

ホームページの更新作業を終えて、ベランダに出ると、外は冬にしては思いのほか暖かく、しとしとと細かい雨が降っていました。
普段は夜中でも車が通り過ぎる家の前の道もさすがに日曜の深夜ともなれば閑散としていて、雨に濡れた道路が絵画のような趣を放っていました。
酔い覚めのぼーっとした頭で眺めていると、なんだかちょっと幻想的な景色に見えますね。

2月初日のカウンセリングは「受け取ること」がテーマだったようです。
自分自身の変化、魅力、愛情、価値、優しさ・・・等々。
罪悪感が強いと、ついつい「趣味=自己攻撃」みたいになってしまいます。
自分の魅力を受け取れなかったとしたら、嫌味となり、嫉妬を招くことになり得ます。
また、自分をすごくちっぽけに扱ってしまったとしたら、幸せになる道すら閉ざしてしまうようになるんです。
もちろん、そうしたくてやってるわけではなく、自然な心の流れではあります。

自分自身の変化も分かりにくいですよね。
毎日鏡を見ていれば、髪の毛が伸びるのもなかなか気づけません。
それと同じように自分自身の内面的な変化、雰囲気の変化もなかなか気づけないものです。

その流れを変えるには難しい・・・と思われるかもしれませんが、物事の見かたをちょっと変えるだけで、良い場合も少なくないものです。
「最近友達からよく愚痴を聞かされるようになった・・・」としたら、愚痴を言われていやだなあ・・・気分わるいなあ・・・という見方もあれば、逆に「愚痴を言ってもらえるくらい信頼されるようになったんだ」「受け止めてもらえるって思ってくれているんだ・・・という受け取り方もあります。
僕達は不信感のある人、どうでもいい人に、愚痴を言いたいとは思いませんもの。

自分をちっぽけに扱ってしまう理由はたくさんあろうかと思います。
もちろん、そういう部分があってもかまいません。
でも、そんなあなたにもかけがえのない魅力が備わってるってこと、知って欲しいな、と思います。
自分なりに一生懸命生きてること、一生懸命やってることを認めてあげて欲しいな・・・と思うんです。

1日はそんなことを教えてもらった一日だったのかな・・・と思います。
みんな、素敵な、きらきら光るものを持った方ばかりでしたよ。


(2/1)講座の後に

大阪の講座に集まってくださった皆さん、ありがとうございました。
遠方からわざわざいらしてくださった方も多くて、頭が下がる想いです。
ご満足いただけましたでしょうか。
頂いたアンケートには後日お返事させていただきますね。
楽しみにお待ち下さい。

形態を変えつつも、色んな講座をさせていただいているんですが、何度やっても新鮮な発見やいい緊張感がありますね。
何年か前に、お客さま1名+アシスタント1名って講座もあったんです。
そのときは僕を入れて3人で、予定していた講座とは違った内容でそれなりに楽しく過ごせたんです。
正直、かなり気落ちしたものですが、でも、そこで腐らずに気持ちを切り替えることが出来たことが、今の貴重な経験になっています。

僕は基本的に全部アドリブで、そのとき感じたこと、思いついたことをネタにしてお話します。
テキストも作りますが、お客さまが来る前に作ったものってのは「想定」ですから、実際にお客さまが入られたら、やっぱりアレンジしないと、その場にフィットしないように感じるんですよね。
だから、予めテキストに「メニュー」として、ワークショップの内容を書いてみるんですけど、だんだん書いてあるものと違った内容になってしまいます。
31日の講座も途中までは予定通り進めましたが、実習をしている皆さんの顔や雰囲気を見ながら、その場で考え付いたテーマを出してみました。

そんなプレッシャーは色んな意味で僕を鍛えてくれるみたいです。
特に講座の後で書いてくださるアンケートにはなかなか目を通せないんですよね。
そんなに批判的な意見を頂いたことはないですけど、やっぱり怖いですもの(笑)

そんな中、新しいチャレンジとして、次回は4時間ものを企画してみました。
どんな講座になるのか、今からわくわくしながら待ってます。