(ご感想)『あんたのことを重いと思った事はない、時に必死で強く生きてきたあんたに依存してたのは私だよ。』

今日の記事(ブログ・メルマガ)の感想を頂いたので早速紹介します。
(その気になったときしか更新しないので、え?あたしも送ったのに!?という方、ごめんなさい)

これって奇跡だよね。
その親友もすごいけど、MKさんもすごいよ。

***
こんにちは!
今日も素敵なメルマガを読んで心があたたかくなり、仕事は嫌ですが笑
これからの人生がワクワクしながら送れるようになりそうです^ ^
根本先生に出会わなければ、
自分のこの性格は自分が悪くて、ダメで…ってずっと思い込んでました。
先生のメルマガを読んでいるうちに、段々幼少期の両親の別居離婚、度重なる転校、イジメ、拒食症、不登校、母のノイローゼ…
30年近く罪悪感、自己否定で生きてきたんだからそりゃそうだよね、私って自分を認められました。
だから、主人もそんな私が重かったんだなって今頃気付きました。
親友にもそうでしたので、最近改めて謝罪とありがとうをつたえたんですが、予想外の返事が返ってきました。
『あんたのことを重いと思った事はない、時に必死で強く生きてきたあんたに依存してたのは私だよ。』
って返ってきました。
涙とともに、この言葉を受け入れられるようになった自分がいるのは先生のメルマガのお陰です。
あとは、こじれている主人の問題だけです。どう自分が変われるのかワクワクしながら、また、根本先生に会える日にもワクワクしながら日々を過ごして行こうと思います。
いつもありがとうございます(*^^*)
(MKさん)
***


自分を変えるとは?(1)

このお仕事をしていると、当然ながら「変わりたい人たち」によく出会います。
問題が起きたから、もっと良くなりたいから。その動機付けはいいんですけど、もしそこに自己否定や怖れが絡んでたらうまく変われないんです。

今、「問題とは何か?」というテーマや「ライフワークとは?」ってテーマの講座をあちこちで開催しているのですが、思い付きで考えたにしては良いテーマらしく、たくさんの方に受講頂いています。

その中で「変わる」とか「自分を変える」というテーマが出てくるので今日はそんな話を一席打ちたいと思いまして。

「よぉ、ご隠居さん、元気かい?」

「あら、権兵衛さんじゃないかい。さ、どうぞ、どうぞ。でも、いきなり、よぉ、元気かいは失礼じゃないですかね?」

「え?そうでしたか?いや、なんせ、あたしは無学なもんでね。そういうところが分からねえんで。
で、ところでご隠居さん。昨日、そこの蕎麦屋で蕎麦をたぐってたらトム・ハンクスが急にやってきて・・・じゃねえや、そんな話じゃなくて、隣の集団が『自分を変えなきゃ』『変えなきゃ』ってうるせーんですよ。
そんなに自分を変えなきゃいけないもんすかね?」

「ま、確かにそういう心がけの人たちも増えているようじゃの。決して悪いことだとは思わんがね。」

・・・。

ま、この調子で続けると書く方も読む方も疲れるので(笑)ふつうにやりたいと思います。
続きを読む


自立を手放すと「弱さ」を感じる。~傷ついた男性性を癒す女性性~

傷ついた男性性である「自立」を手放すと、女性性が解放されるので弱くなったような、頑張り、踏ん張りがきかなくなったように感じます。
でも、それは相互依存へのプロセスに入った証でもあるのです。

***
今年24になったAと申します。
大学時代に根本さんの記事に出会い、全記事遡ってなめるように読み、現在も毎日読ませていただいています。いつも鋭い視点で、面白く切り込んでいく記事にはっとさせられます。

さて、最近の私の悩みは、幸せに甘んじて弱くなっちゃった?ということです。

幼い頃からずっといい子をしてきましたが、大学生3年生の時に、ヒステリックで妄想癖の強い過干渉な母と壮絶なバトルをし(私は雄たけびをあげながら部屋の器物破損しました)、この家を出られなかったら死ぬ!という勢いで就活をし、無事に内定を得ました。今、実家は離れ、極力関わらないようにしています。
また、大学時代はDVストーキング男、放置プレイ&マザコン男、情け容赦ないスーパーロックマンとのつらい恋愛を転々としては自分を見つめ直し、その後信じられないほど大切に扱ってくれる王子様のような彼に出会い、穏やかな日々を過ごしています。
そうして、ようやく手に入れた幸せの中で気づいたのですが…私弱くなっています。

街でぶつかりそうになった人に舌打ちされると、泣き崩れたくなったり、上司にミスを指摘され、もうダメだ!という絶望を感じたり…最近までそんなことはなかったのに。
ロックマンの元彼とは同じサークルで、傷つくようなことを言われても、失恋しても歯を食いしばって笑顔で参加し続けていたのに、最近は体が拒否反応を起こし、行けなくなってしまいました。

小さい頃は、親や先生に怒られるとすごく傷ついて大泣きする子でした。その頃の弱い自分に逆戻り?と思います。何かあっても傷つかず、しなやかにいられたらいいのですが…どのように過ごしたら良いのでしょう。
(Aさん)
***
続きを読む


頼られると断れず、無理をしてしまう私をバッサリ斬ってください。

本当に友達を大切にできる人は、自分がしんどいときや相手の期待に沿えないときは「ごめん!今日は無理!すまぬ!」と言える人なのかもしれません。

***
根本先生こんばんは
毎日根本先生のブログを読むのが日課で目からウロコの日々です
とても勉強になります

もともと心理学に興味があり、対人関係とは生きていく上で切っても切れない大切なものだと思っています

今回ご相談したいのは友人との付き合いに疲れてしまったということです

小学生のときにいじめにあった経験があり、中学生のときにも親友だと思っていた友達に裏切られた経験があります

ただ、今となれば私にも相手を不快にさせた原因、いじめや裏切りに合ったきっかけに思い当たる節もあり、それ以来、友達を大切にしてきたつもりです

相手の気持ちを理解してあげたい、寄り添いたいと思うのですが、なぜか疲れてしまいます

ときにはAちゃんとBちゃんの板挟みになったり、自分とは考えの違う友人のことも、理解しようと努力してしまうあまり疲れてしまい、友人関係が億劫になったりします

周りにはとても社交的だと思われていると思いますし、頼りにされているとも感じます
頼られると断れず、無理をしてしまいます

自分と価値観の違う友人の話を聞いていると何か違うな…と違和感を感じながらも友人関係を続けています
価値観の違いはあって当たり前だと思うからです
ただ、その限度が自分でもわからず私が器を大きく持てばいい、そうすることによって自分も成長できると考えます

ところが最近では友人にとても振り回されているような感覚になったり友人の言動に理解ができず腹が立ちます

友人の相談を受けたりカウンセラーのような役目をすることは嫌いではありません
先生方はカウンセリングで人の話を聞いて疲れてしまうことはないですか?

愚痴の受け止め方がわかりません

どうかズバッとバサッとよろしくお願いします!
(Aさん)
***
続きを読む


うまく行くってどういうこと?

もしかしたら今が最高にうまく行ってる状態なのかも!という見方を採り入れてみたらどうでしょう?

「うまく行かないんです」という話を聞くのがカウンセラーの仕事ですよね。
で、「どうしたらうまく行くんですか?」という展開になるので、あれやこれやと方法論を模索したり、セラピーをしたり、大量の宿題を出したり、モチベーションが上がるようなお話をしたりということをカウンセラーはしてるんです。

でも、そもそも「うまく行く」ってどういう状態なんでしょうか?

例えば「彼とうまく行く」「仕事がうまく行く」って???

たぶん「満足してる」「充実してる」「自分が嬉しい話がよく来る」「楽しい」「幸せ」「面白い」などの状態だし、「不満がないわけではないけれど、総じて満足感が高い」とか「不快感のない快適な状態」だったりとかすると思うんです。

でも、それって要するに「自分の思い通りになっている」という至って自分本位な状態なのかもしれないな、と思うのです。
続きを読む