不安、怖れ、緊張、焦りから抜け出す方法。

感じたくないから早く何とかしようとしたいから意識を遠くに向けてしまいます。
自分自身に意識を向けると意外と早くその感情から抜け出せるもの。
今できることは何?

緊張するとき、
不安なとき、
怖れでいっぱいなとき、
焦っているとき、
私たちの意識は、その感情から“逃れる”ために外に向かいます。
逃れると言っても逃げ切れないので、その感情が“なくなる理由”を探します。

その緊張をほぐせるもの、
安心できる情報、
怖れの正体、
何とかなること、など。

しかし、不安な時に意識を外に向けても不安をより意識するものが目に入りますし、
焦らないように、と思えば思うほど焦るのが心の仕組み。

そして、外に意識を向けるということは何かに誰かに何とかしてもらおうという依存心の表れにもなります。
だから余計に不安も怖れも増幅してしまいます。

その嫌な感情から逃れたい気持ちがどんどん意識を自分自身から遠ざけます。

それを自分に戻す、ということ。

それは「今」に意識を向ける、ということ。

「今、できることは何?」と自分に問いかけること。

そして、今、できることをただやっていくこと。

そうすると不思議とその嫌な気持ちが消えていきます。

開き直ることもできます。

何とかなるさ、と。

焦ってもしょうがないな、と。

どうしようもできないことに意識を向けるから苦しいのです。

「それは自分にできること?」という問いかけも有効です。

手の届かないものに意識を向けても苦しいだけですから。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作


かなりの頑張り屋だった私が全然頑張れなくなった話。

戦場に生きて来た自立系武闘派情熱女子が平和な家庭を手に入れると途端に何をしていいのか分からなくなって途方に暮れるという事件が多発しています(笑)

***
根本先生!いつもブログを楽しく拝見しています。
初めてリクエストさせて頂きます。

自分で言うのも変ですが、私はかなりの頑張り屋でした。が、最近全然頑張れないのです。

心理学を活用しようと色々調べると、無価値観やデッドゾーン、燃え尽き症候群等々、心当たりが多すぎて、何がなんだかわからないのです。
(それもあって、先生のブログは高確率で私の心に響きます笑)

問題点が複数ある場合、どんなアプローチが効果的なのでしょうか?

・・・

私は、心臓病の母と妹を抱えて日夜激務をこなす父を見て育ち、「健康な人間は家族のために全力で働くものだ」と信じていました。

毎日バイト&奨学金のために必死で勉強、趣味の時間はほぼ皆無!といった寂しい学生時代に誇りを持ってすらいました(笑)

社会人になってからは残業と休日出勤当たり前の日々。
そして母が癌になり、激務の父と、半引きこもりの妹には頼れず、家事と看病をほぼ一人で奮闘しました。

彼氏に会いたいと言われると、睡眠時間を削って会うしかありませんでした。

そんな日々が2年、心の限界がきました。
それから、休職、母の死。
辛かったけど、前より時間に余裕ができました。

そして昨年結婚し、前より少し楽な仕事に就き、やっと落ち着けると思った矢先、仕事にやる気が全く起きないのです。
前よりだいぶ余裕を作ったのに。
昔諦めた夢のことばっかり考えるようになって、現実逃避ばかり。
大好きな心理学もうまく活用できず、堂々巡りです。

まとまらない文でしたが、ネタになると嬉しいです^^
(Mさん)
***
続きを読む


どうしようもない、こじらせバツ2女子が、今一番必要なことは何なのか、教えてください。

ただただ自分の愛の素晴らしさ、その価値を知り、与えなさい、ということです。

***
いつもブログを拝見し目から汁を出しています。
私はバツ2の女です。私の今までの目標は「家庭を築くこと」「子供を産むこと、育てること」でした。

ただもう36歳になり、私に残された受精できる卵子の数も40個程度になりました。戸籍も汚れているので、夢を達成することは、もう難しいんだろうな、あきらめないとなと思っています。

私も、ほかのみなさんと同じように幼少期から両親との問題を抱えています。大学生の時には、すでに生きづらさを抱えていました。今まで何とか生きてきた、というのが本音です。
進みたかった考古学の道を母から反対され、母の夢だった看護師の道(本当に嫌でした)を歩まなければなりませんでした。看護師の道から逃げるため、一時期、客室乗務員に転職したこともあります。また、小さい時にもらいたかった愛を「親」ではなく異性に求めてきました。
振り返ると、なんだかいつも必死なんです。

過去二回の結婚も、「向こうから好きになってくる超問題のある人」を選び、共依存になってしまっています。

私はついこの間まで、虐待関係の仕事をしていました。その仕事で学んだ知識(愛着障害など)で、自分なりに、自分の過去の振り返りをしてきました。今では、「2回の離婚」は私自身が成長するためには、なくてはならなかったものだと思っています。

でも、そうわかっていても、つらいんです。好きな人ができたら、バツ2っていつ言うのか?拒否された時に立ち直れるのか?そもそもまた私はだれかに愛されるのか?(愛するのは得意なのですが・・・)幸せになんかなれないんじゃないか?一人で生きていくことの意味は?

こんなどうしようもない、こじらせバツ2女子へ、今一番必要なことは何なのか、教えてほしいです。

ちなみに、親に愛された実感がなく・・・
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/13747
の記事にも出ていましたが、私も人生のゴールドジム入会者だと思っています・・・というか本当にゴールドジムで筋トレしてたんですけど・・・

お忙しい中、私のメールを読んでくださってありがとうございました。
(Tさん)
***
続きを読む


問題がなかなか解決しないときにはその優先順位に問題あり?

自分では解決したいと思っている問題があるがなかなか進展がない!
そういう時って意外と「より優先順位が高いものに満たされている」とか「より優先順位が高いものに問題がある」などのケースが見受けられます。

過日、こんなカウンセリングをしまして話を聞きながらハッと気付いたことがあって、「これはネタになるぞ。くくくくく」と思ったできごとを今日はシェアしようと思います。
その後、グループカウンセリングでも、講座でも話しまくっているし、ツイッターでも呟いたあの話。

「セックスレスを何とかしたいと思って1年以上経つのですが、全然進展がないんです。」という奥さんをカウンセリングしていました。
(そして、名前とかを伏せてもらえるならネタにしても良い、という許可を頂きました。Mさん、ありがとう!!)

聞けば、あれやこれやと試されてるし、セミナーにも参加されてる模様。
そういう時、私は「やれることをやってるんだから、そのことをまずは承認しましょうね~」という入りをするのですが、「友達みたいに普段は仲がいい」とか「お互い好きなことを仕事にしているので尊敬し合っている」とか「二人とも趣味が多くて彼は最近ワインと燻製づくりに、自分も料理や乗馬にハマり始めた」などのお話を聞いていました。
「子どもを作りたいね」って話はずっとされてるそうですが、結婚以来、レス気味というかほとんどレスなんだそうです。「独身時代はそうでもなかったんだけど・・・」とも。

で、話を広げるためにあれこれと質問していると、やはり私のブログの熱心な読者だけあって情熱的であり、自立系であり、もちろん、武闘派であることが分かってきます。

その時、ふと「ん?ほんとにレスを解消したいのかな?」という疑念が沸いたんです。
続きを読む


(ご感想)やっぱり、私は私に自信をもって、自分の道を進もうと思います。

元ネタはこちらです。
天照スタイルで怒りを表現する私が拒絶せずに絆を作る方法。

>私の怒りかたは、天照スタイルで溜め込んだ怒りをある日一気に放出するけど熱くはならず氷点下で冷静に切り捨てるスタイルです(笑)

こわっ!!(笑)

自分の道を進む、という決断ができたことが何よりも素晴らしい(^^)
ちゃんとこうやって気付くようになってたんですね~~~
おめでとうございます~!!

***
根本先生、今日のブログ、ほんとにほんとにびっくりでした!!!
私もまさに、今までの私のやり方がダメなんだ…何かを変えないと!!でも、何を!?って感じで、グルグルしていました。
せっかく、うまく行かなければ旦那と離れる覚悟をしたのに、
それ自体が間違ってるんじゃないのか!?と自問自答したり。。
だって、いままでも、うまくいかなかったら悩んで悩んで、無理だなと決めたら、友達や彼と離れてきたんです。
でも、そのやり方がダメなんじゃないのかって。
続きを読む