あなたが「盾」にしているものは何?~幸せにならないための大義名分~

今日はちょっと痛い話を。
自分が「○○だから幸せじゃない」と思っている「盾」はもういらないんじゃないの?という気付きをどうぞ。

セミナーやカウンセリングの中で出てくるちょっとディープで痛い話を今日はお届けしようかと。

今日のタイトルを見て何かピンとくるものはありますか?

幸せになりたい!
幸せになる!

と思い切り望んでいるはずなのに、目の前にある現実はそうでないとするならば、ちょっと自分の「思考」に意識を向けてみましょう。

心に傷があると、私たちはその傷を守るために「観念」という「盾」を用意します。

失恋でひどく傷つくと「恋なんてもうしない」という「盾」で自分を守ります。
あんなに辛い思いをするくらいならば恋なんてしない方がいい、人なんて好きにならない方がいい、と思って異性を遠ざけるわけです。
でも、逆説的に見れば、そう思うくらいホンネの私は「恋がしたい」のかも。
そうすると「恋なんてもうしない」という「盾」によって「幸せ」を遠ざけているのかもしれません。
続きを読む


「愛を受け取る」の深い話。

「受け取る」というのは相互依存レベルで起こるもの。
だから、「与える」と同義であり、同時に起こります。
そこでは虐待するほどのひどい親の中にも「愛」を見つけることすらできます。

***
根本さんの記事でたまに見かける『愛を受け取る』という表現について、まだ理解しきれずにいます。

家を出て行った親や、過干渉な親・祖父母の話の時などに「愛を受け取りましょう」のように出てきたりする時は、なんとなく「愛されてなかったと思ったけど、家を出たとしても愛してくれていたし、厳しい躾けをするのも、不器用なりに愛してくれていたと実感することかな」みたいに読み取っています。

では、「どうしても、愛されてたと感じられない場合」は、「受け取る愛がない」こともあるのでしょうか。(虐待されてたとか、本当に愛されてた形跡を見つけられない場合)

または、「厳しすぎる躾けなど、愛があったとは思うし、愛を受け取ると捉えることも出来ないけど、あんな愛は嬉しくない」みたいな虚しさを感じるパターンとか……。

どうも、私の中で『愛を受け取る』のイメージがわきにくい時もあったり、「愛はあったと理解をしたとして、満たされるのかなぁ」などど考えてしまう時もあります。
(Hさん)
***
続きを読む


人を疑う心がなくなりません。物事をあるがままに見るにはどうしたらいいのでしょう?

それは物事をあるがままに見ようとしているのではなく、正しく見ようとしているのでは?
疑いフィルターがあるなら、それに気付いていればOKなんです。

***
いつも学ばせて頂いて本当にありがとうございます。
人を疑ったりする心がなくなりません。疑ったりして見ているから相手がおかしい?と思えるのか…本当に怪しいのか…。
人を自分の気持ちではなく、あるまま、物事も人のこともそのままみることはどうしたらできますか。
すぐに疑ったり、不安になってしまうのは私が性格が悪いのでしょうか…
裏切られたことがあり、それから人を信じることができません。教えて頂けたら嬉しいです。
(Mさん)
***
続きを読む


(ご感想)根本先生が居てくれて、本当によかったです。感謝です。

Mさん。ええ女やあ・・・ほんま、ええ子やあ・・・(理由:いっぱい褒めてくれたから。)

>(はっ!これは投影で言うと自分が自分を無視してきたってことなんですかね?!笑)

あら、気づいちゃいました???(笑)
そうなのね。
自分の気持ちを無視してるから、相手に私の気持ちを無視されてるように感じるのね。
もし、自分の気持ちを大切にしていたら、相手が無視したら「あら、怖いのかな?向き合えないのかな?恥ずかしいのかな?」って相手主体で見てあげることができます。

投影、ほんと奥深いです!!ぜひ、学んで生かしてくださいね!!
続きを読む


お風呂に関する心理~入らない、とか、長いとか。

お風呂が何でリラックスタイムになるか?というと、そこは完全に1人の世界になれるからだし、お風呂に入りたくないのは自己攻撃の一種と言えるし、「お風呂」一つから様々なことが言えるのです。

***

人間関係や恋愛の話題ではありませんが、お風呂に入るのが面倒臭い心理を先生に紐解いて頂きたくメールしました。
以前はきちんと入浴して寝ていたのに、今は、顔や下半身など部分的には洗うものの、
3日洗髪しないとか、ひどい時には歯磨きもせずそのまま寝落ち ということがしょっちゅうです。
というか、今年に入ってまともに入浴したのは数えるほど。
他人が聞いたらドン引きするレベルです。
以前、先生にちらっと相談させて頂いた時には「大丈夫」とおっしゃってくださったのですが、
そろそろ大丈夫じゃない季節になりつつあります。
お風呂は嫌いではありません。
むしろ好きなほうで温泉や銭湯にもよく行くので、一度入ってしまえばなんてことないのに、
入るまでに面倒臭さが勝ってしまいます。
ちなみに、我が家のお風呂は離れにあり、一度庭に下りて行かなければならないため、
冬は寒いのもあって面倒臭さが勝つのかなと思います。
リフォームを扱う番組へ送れと言われるかもしれませんが、お風呂が面倒臭い人は意外といると思います!
ブログのネタが全くない時にでも取り上げて頂けたら幸いです。
(一応、本人にとって結構深刻な問題です)
(Yさん)
***
続きを読む