4/23(木)東京:心理学講座「ココロの仕組みとコミュニケーション術」

顕在意識/潜在意識/無意識というココロの仕組みと、コミュニケーションの関係性。
ご存知でしょうか?

例えば、「顕在意識」に志向してる人は理性的、論理的、思考的な人。
その人に感情的に訴えてもウザがられるだけ。
そういう人には、筋道立てて説明すると通じます。

このタイプはクールで、知的で、感情表現をあまりしないんです。
だから、ちょっと冷たい印象を持つでしょう。
男性に多いタイプですが、女性でもいらっしゃいます。
自立すればするほど人は感情を抑圧して思考的になりやすいので、このタイプになりやすいんです。

続きを読む


4/25(土)東京にて初の『問題解決のための1DAYセミナー』を開催します。

今の自分のままでお越しください。
自分が今、何とかしたいテーマやもっとこうなりたい自分を持って。
その解決のためのあらゆる方法を一緒に考えていきましょう。

朝から夜まで、一日かけて「自分」と向き合います。
小グループをでセッションしたり、個人の問題を扱う時間を作ったり。

今まで私が開催していた「癒しの1DAYワークショップ」をさらに発展させたセミナーです。
今、解決したい問題がある方。
何とかしたいテーマがある方。
実現させたい夢や目標がある方。
誰か、助けたい人がいる方。
心理学やカウンセリングで問題解決をするプロセスを学びたい方。
自分をもっと成長させたい方。
そんな皆さんのためのセミナーです。
もっといえば、今皆さんが抱えている問題(テーマ、目標、不安、学びたいこと、何とかしたいこと、悩んでいること等を総称して『問題』と呼んでいます。)とじっくり向き合います。

必要のない問題は起こりませんし、乗り越えられない問題はやってきません。
そして、もっと言えば、あなたの無意識が、潜在意識が今、それが必要だと感じて送り込んでくるのが『問題』です。
(なかなかすぐには信じられないかもしれませんが)

それはあなたを落ち込ませるためでも、絶望させるためでも、苦しめるためでもなく、あなたを成長させ、学ばせ、より魅力的で、より自分らしい自分になるために起こるのです。

ですから、『問題』はあなたに様々な恩恵をもたらしてくれる『ギフト』なのです。
(これもまたすぐには信じられないことですけれど)

このギフトは「贈り物」という意味もあれば、専門的には「才能」と言われます。

『問題の影に才能あり』

私個人の経験でも、多くのクライアントさんの体験を見ても、それは深く実感させられます。

続きを読む


根本夫妻の問題解決のためのヒーリングセミナー(大阪)

妻でヒーラーの根本理加と一緒にセミナーをする、というのは前職を辞する大きな理由の一つでした。

数年前、西洋医学的には重篤な病だと診断され、そこから様々な扉を開けて元気になり、「自分がしたいことを思いきりする!」と、少々元気になりすぎてるようにも感じるけれど、ずっと興味を持っていたヒーリングの世界に飛び込んだ彼女。

いつしか自宅でサロンを開いたり、セミナーをするまでになっていました。

そもそも占い師やスピ系の人に言わせれば「夫よりも能力がある」「夫よりもずっと成功する」「夫よりもずっと商売が上手い」だそうで、、、。え?なんか私、自信失うんですけど・・・!?(かく言う私はお師匠さんから胸を張って「お前はヒモの才能がある」と言われ続けていたのですが。)

確かに(本当にその病気があったのかどうかは別として)そんな病気にかかることができるくらいのパワー、エネルギーを持っているわけですから、ずっと健康体の私なんかよりもヒーリング系の才能があっても不思議ではありません。

もちろん、彼女の病気のお陰で私自身も本当にしたいことをして生きる、ということにコミットメントできたわけですから、実はとても感謝しているのです。もし、その病気がなければ、今も私は漫然と生きていたと思いますから。

続きを読む


初仕事、終えました。6月に沖縄でセミナーをします。

フリーになって一番最初の、そして、一番重要なしごと。

それは会場予約!!(笑)

「沖縄でセミナーする!」何年も前から宣言していた夢を実現するための第一歩は、ここでやりたい!と以前から思ってた「あやかりの杜」の予約を取ること!!

「ちょっとお待ちくださいね~」の「ちょっと」が長くて、どきどきしましたが、無事予約できました~!

おっとりした受付のおばちゃんに癒されながら、やっぱり沖縄はいいなあ、としみじみ。

この会場、空港からも街からも遠いし、交通手段はバスかタクシーかレンタカーだし、と思い、交通の便を考えて那覇市内でやろうか、宜野湾あたりにしようか、と思いましたが、そこはわがままを通して、自分が一番いいと直感した場所を選びました。
沖縄在住の友人も真っ先に勧めてくれた場所でもありましたしね。

続きを読む