当日飛び込み参加も行けます>大阪:5/14(日)、東京:5/21(日)『根本裕幸の1DAYセミナー』を開催します。

大阪は明日の開催です。問い合わせも頂きましたが、当日参加も行けますよ。現金持ってきてくださいね。


問題解決セミナーと銘打っていました。
その後、しばらくお休みして、再開を求める声に押されてタイトルを変えようと思い、プレミアム・グループカウンセリングという名前にしました。
かっこいいし、筆記体のロゴのイメージもあったのですが、なんかしっくりこなかったんですね。
プレミアムかもしれないけれど、グループカウンセリングじゃないし・・・。
セミナーの中身やスタイルからするとリトリートセミナーにもっともに近いので、1DAYリトリートセミナー、というタイトルも過りました。
でも、リトリートじゃないよね。確かに非日常な空間を作るけれど、朝5時に神社に集合したり、海辺に寝っ転がって空を眺めたりしないもの。

で、そういうときは何をするのかを明確にタイトルにすると良いだろう、ということでこのセミナー名に決めました。

「根本裕幸の1DAYセミナー」

そう、根本裕幸が1日セミナーをするんです(笑)
すなわち、とても根本さんらしいセミナーをするんです。
だから、このタイトルです。

ね?分かりやすいでしょう?(笑)

その時の私の気分でセミナーを作っていくんです。
これを「プロセス志向セミナー」と言います。
私が10年以上、取り組んできたメインとなるセミナースタイルです。
続きを読む


東京リトリートセミナー・オフ会。本気で遊ぶ大人たちの会。

涎が出てきません???(笑)

串も並びます。

焼きそばは即、完食(笑)

あと写真はないのですが、岩橋くんがずっとカレーをコトコト煮込んでくれてました。
続きを読む


7/8,9 沖縄リトリートセミナーを那覇にて開催!!

7/8(土)のゲストルーム(洋室・和室)がいっぱいになりました。ドミトリー(相部屋・2段ベッド)はまだいけます。もちろん、ご自身でホテルを確保される場合は関係ございません。(5/12)



今年で3回目を迎える沖縄リトリートセミナー。
今回は過去最大の規模(=セミナールームの広さ)にて開催の運びとなりました。

お申し込みはこちらから!!

元々私の夢だった沖縄でのセミナー。それが現実のものとなり、喜ぶ暇もなく、もっといいものが作りたい!と思って開催した昨年。
そして、見えてきたのは「なぜ、沖縄で、セミナーをしたいのか?」という私の本音でした。

私自身は10年以上前に沖縄の魅力に憑りつかれました。
わずか4泊5日の沖縄の旅だったのに、大阪に戻った後、ものすごく癒されていることに気付いたのです。
なんでなんだ???そう思って、活動の範囲を広げていった結果、今では毎年当たり前のように沖縄に通うことになりました。

そして、今、ひそかに家を探しています。
移住するかどうかは別として、拠点の一つにしたいな、と思い、海の見える、少々にぎやかにしても許される環境に出会おうとしています。

で、どうしてなのか?と思ったとき、やはり人なんです。
そもそも私が旅好きなのは会いたい人がいるからです。
それは友人からバーのマスターから料理人からセラピストまで様々ですが、その人に会うために篠突く雨の中、長距離バスに揺られてでも出かけて行くんです。

そして、沖縄で開催するリトリートセミナーでは、皆さんにウチナンチュ(沖縄の人)と接してみて、ああ、こういう生き方もあるのかあ、ということを肌で感じたら、日常に戻ったときに世界が少し変わるかもなあ・・・と思っているんです。
続きを読む


(ご感想)セミナーが終わる頃にはすっかり心の凝りが解きほぐされていました。

Aさん。熱い感想をありがとうございます。

ティッシュをお渡ししたスタッフもとても喜ぶと思います(^^)

本日はセミナーに参加させて頂きましてありがとうございました。
初めてで緊張しながらの参加でしたが、セミナーが終わる頃にはすっかり心の凝りが解きほぐされていました。

ブログで自分に該当する項目を読み込んで自分を癒す日々でしたが、生の根本先生の癒しの力が一番お強いと感じました!
アフォアメーションは…本当にすごい癒しのパワーでした…。
おそらく…参加された方の中で、一番ティッシュを消費したかと思います…。
優しいお心遣いとティッシュを、本当にありがとうございました。
続きを読む


米子:7/2(日)13:30-16:30 ワークショップ「頑張らなくても自然と愛される私になる方法」

昨年9月の様子

愛されるためには何かしなければいけない・・・そう思っている方いらっしゃいませんか?

今のままの自分では不十分だから、何かを頑張らなきゃいけない・・・そんな風にやってこられた方いらっしゃいませんか?

ついつい私たちは子どもの頃から「今の自分を否定」したうえで、「自分ではない何者か」になろうとしてきたのかもしれません。
そして、それは今現在も続いていて、どこか「今の自分ではダメ」と思う癖になってしまっています。

でも、実はそれは大いに間違いで、皆さんのご両親や周りの人が思いを口にすることが上手でなかったために生じた誤解なのでは?と思うのです。
続きを読む