5/20(土)、五月晴れのもと、吉祥寺・芙容亭にてランチセミナーを開催しました。

新緑の眩しい季節。外を歩くだけで気持ちがいい日差しと風に恵まれて、5月の東京ランチセミナーは開催されました。
井の頭恩賜公園の緑は濃くて気持ちがいいですね。

今回の会場は吉祥寺・芙容亭。

続きを読む


6/9:名古屋、6/10:大阪、6/24:東京、7/22:福岡「手放し!許し!気持ちの整理!に役立つ『お恨み帳』の書き方&実践講座」

お恨み帳を実践して下さった方からのご報告を多数頂いています。
例えば、こちら!
「お恨み放出してからいい事尽くめで毎日ハッピーです!!(多分嫌な事も起こっているのかと思いますが、あまり気にならなくなりました)」

そして、こちら!
お恨み帳を書き続けて気付いたのは「私はいい人なんかじゃない」ということ。そして、自分のことが可愛いと思えました。

お恨み帳を書く、というのはちょいと勇気のいることかもしれませんが、恨むことが目的ではなく、その向こう側の愛に気付くのが本当の目的。
だから、お恨み帳をみんなで書いていると途中からすすり泣きが聞こえてくるのです。ああ、本当は愛してたんだな、と気付くから。

また、お恨み帳を書くと本音と繋がりやすくなります。自分がしたい事、自分の本当の気持ちなどに気付きやすくなるので、とてもスッキリします。

あと、当然ですが、怒りを持ち越さない、という効果は刮目に値しますね。その分だけ、皆さんが心地よい毎日を送れるようになります。

そんなお恨み帳の描き方&実践講座。特注した和紙製の御恨み帳を使用して行います。もし、ご自宅にある方は筆ペン、持参ください。

特製御恨み帳(和紙)

(5/28追記)
続きを読む


【あと2席】大阪:6/10(土)14:00-16:00 ザ・リッツカールトン大阪ロビーラウンジにてアフタヌーンティ・セミナー。

かれこれ20年近く前、梅田で結婚式を挙げ、心斎橋でパーティをした新郎新婦はそのままの服装で、このホテルにチェックインしました。
タキシードとウェディングドレス姿でホテルに現れた2人はスタッフの脳裏に残り、その後も幾度となくお世話になるたびに、その話で盛り上がりました。
その当時のスタッフたちは出世されて現場を離れた方も多いのですが、今でも私たちにとって特別なホテルであることに違いはありません。

もちろん、そうでなくてもとても特別なホテルであるザ・リッツカールトン大阪
この1Fにあるロビーラウンジにて、アフタヌーンティ・セミナーを開催することにしました。

月替わりのメニューを一緒に頂きながら、優雅な気分に浸りつつ、「今」を、そして「これから」を語り合いませんか?
ちなみに5月は「マリー・アントワネット・アフタヌーンティー」だそうです。
https://www.ritz-carlton.co.jp/information/744/

さて、6月はどんなメニューで私たちを楽しませてくれるのでしょうか?

少なくてもランチは控えめで参加されることをお勧めいたします。量がとても多いですから。
また、せっかくですから、少しドレスアップしてお越しいただく方がいいですね。
続きを読む


いよいよ開催!>仙台:6/3(土)14:00-17:00 ワークショップ『自己肯定感を上げて自分いじめを卒業する方法』

ついつい頑張りすぎてしまう皆様へ。
ちょっと肩の力を抜いて、今の自分をただ受け入れてあげられる、そんな自分を目指してみませんか。
そんなワークショップを企画してみたいと思います。

さて、あなたはいくつ当てはまるでしょう?

□ いつも気が付けば頑張ってるみたい。
□ 人に気を遣いすぎることがある。
□ 人間関係では色々と我慢してることが多い。
□ 空気を読んで行動してしまう。
□ 自分さえ我慢すればいい、と思うことがある。
□ 自分が何とかしなきゃ!と思うことがよくある。
□ いつも余裕がない感じがする。
□ 自分で自分を認められない。
□ 自己肯定感は低いと思う。
□ 自分の価値や魅力が分からない。自信がない。
□ 周りの人を背負って生きてきたような気がする。
□ 弱い自分を出せなくて、つい強がってしまう。
□ 野良猫、ロックマンを追いかけるのが趣味である
□ ダメンズコレクター、ダメンズメーカーの自負がある。
□ 理想の自分と常に競争してしまう。
□ 自分にダメ出しをするのは趣味である。
□ 与えるのは好きだけど、受け取るのが苦手。
□ 根本さんの自立系武闘派女子の記事には反応してしまう。

ま、ひとつでも当てはまるのならば、このセミナーに来た方がいいですよ、というお誘いです(笑)
でも、うちのブログの愛読者ならきっとみんな痛いほどに当てはまるはずですね。みんなドMですからね(笑)

だから、自己肯定感をもっと上げましょう!というお話をさせてもらっています。
そして、色々な実習を通じて、それを体験してもらえるような、そんなワークショップを企画しています。

自己肯定感が上がれば、もっと生きやすくなるし、自由になるし、心が軽くなるし、自分のことが好きになるし、未来に希望が持てるし、人間関係で傷つくことが減っていくし、いいことだらけなんです。
続きを読む


いよいよ間もなく開催!>仙台:6/3(土)。心理学講座「親密感への恐れがすべての問題を作る!?~えっ?幸せになるのって怖いの?~」

6/3(土)10:30-12:30、仙台にて開講します!

参加して下さった方から頂いた感想をこちらで紹介しています。


昨今、私のブログを賑わしておられます「ロックマン」並びに「野良猫」たちの恋愛問題。
「野良猫好きはやっぱり野良猫?」という言葉もあり、また、「ロックマン好きな女子もまた親密感が怖い?」という説もあります。

そもそもあらゆる問題の根底にこの「親密感への怖れ」があると言っても過言ではないのです。
カウンセリングやセミナーで、子ども時代の親子関係を話題にするのも、この親密感との関係性を探っているわけです。

親密感への恐れが作り出す問題にはパッと思いつくだけで次のような問題があります。

・バウンダリー(境界線)の問題(人との距離感が分からない、近付きすぎてしまう、など)
・好きな人との距離が縮まらない(どう近づいていいのか分からない、など)
・自己嫌悪、自己肯定感の低さ(自分なんて愛されるわけがないと思う、距離が縮まることが怖い、など)
・好きな人と距離が縮まると逃げたくなる、壊したくなる
・セックスレス、相性等のセックスの問題
・他人への不信感から来る孤立感、孤独感
・結婚への怖れ、家庭を作ることへの怖れ
・子どもを産むことへの怖れ
・嫌われることへの怖れ、犠牲的マインド
・将来に夢が持てない、希望が持てないこと
・いつも寂しさ、孤独感、不安を持っている
・頑張っているのに自分のことが認められず、自信が持てない
・成功や幸せになることへの怖れ
・職場の人間関係がうまくいかない
・癒着した関係性の問題
・執着がなかなか手放せない
・踏み込んだ関係が作れず、表面的な付き合いになってしまう

どうでしょう?
思い当たるところばかりでしょう?(笑)

親密感というのは「愛」と同じ層にあるマインドで、自分の才能や愛などのあらゆるテーマに通じるものです。
続きを読む