人に気を使う人は「自立」ができず、そのまま「相手を察しよう」とすると幽体離脱になる。

元ネタはこちらです。

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16865

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ2:相手を察する~キャッチ力』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/17133

「まずは自分の足できちんと立つこと(自立)」

 ↓

「そのうえで初めて相手の気持ちを的確にキャッチすることができる」

この流れは鉄板とも言えるもの。

「人に気を遣う人」というのは、相手のことを考えたり、相手の気持ちに配慮したりすることを優先してしまう人なのですが、実はその陰には

「嫌われる怖れ」
「見捨てられる怖れ」
「理解されない怖れ」
「誤解される怖れ」
「頑張らないと認められない怖れ」

などの「怖れ」が隠れているもの。
その怖れを回避するための補償行為として「気を遣う」という現象が生まれているのです。

だから、「気遣い、よりも、配慮を。」という記事も書いたように、本当に相手のことを思うのであれば、まずは自分自身を確立してから、相手のことを考える流れなのです。
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16580

この「怖れ」が強い“気を遣う”時、私たちは相手のことを見ているようで実は自分自身を見ています。
続きを読む


あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ3:互いの関係の目的を共有する~連帯感の発生

あえて一人力を鍛える、という3つのステップ。

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16865

『あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ2:相手を察する~キャッチ力』
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/17133

この続編です。

1.まずは自分の足でしっかりと立ち、
2.相手の状態や気持ちをキャッチして、

それでようやく関係性の構築が可能になります。
これが3ステップ目です。

これが依存状態で自分の足で立てていないと、
・相手に気を遣う
・嫌われないか怖れが出る
・相手を思い通りにコントロールする
・自己中心的な考え方になる
わけでして、自立しても、相手の気持ちを察することができないと、
・自分本位な考え方をする
・自分の思い通りに状況を勧めようとする
・自分だけの解釈で関係性を構築しようとする(思い込みの発生)
といった状態になってしまいます。

この3つ目の状態は心理学でいえば「相互依存状態」と言え、自立しながらも、独りよがりになることなく、相手を信頼し、与え合う関係が築ける状態です。

そこではじめて創造的な関係、つまり、連帯感が生まれるのです。
続きを読む


あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ2:相手を察する~キャッチ力

しばらく間が空いてしまったのですが、こちらの記事の続編です。

>あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16865

自分の足でちゃんと立つことができたときに、始めて「相手」に意識を向けることができます。

人間関係で疲れちゃう。
いつも人に気を使っちゃう。
頑張りすぎていっぱいいっぱいになる。
人の顔色を窺ってしまう。

なんてパターンをお持ちの方は、この順番が逆になってることが多いんです。

まず、自分。
そして、相手。

だから、「与えたい」と思うのであれば、まずは自分自身が地に足が着いている必要があるのです。
続きを読む


あえて「一人力」を鍛えるレッスン。ステップ1:自分自身をしっかり持つ~自立する、ということ。

今日のネタはこれらの記事の続編となりますぜ。

*適切な距離感を掴むには「感じる能力」がとても重要
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16706

*人間関係がうまく行かないのはアイデンティティを喪失してるから
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16699

*あえて「一人力」「孤独力」を鍛えるレッスン~一人で居酒屋、バーで飲めますか?~
http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/16644

人間関係がうまく行かない理由に「自分がない」「距離感が分からない」「自分のことでいっぱいいっぱい」「依存的になってしまう」などが考えられるわけですが、これらは言い換えれば「地に足が着いていない」「自分を喪失している」ということになります。
つまり、地に足が着かずにふわふわしているから、周りに流される、周りの目が気になる、周りに意識が取られる、という状態になってしまうわけです。

だから、「自分自身を取り戻しましょう!」「自分をしっかり持ちましょう!」という提案の元に、あれやこれやと方法を考えて行きます。
「バーや居酒屋に一人で行きましょう」というのもそのアイデアの一つですね。
続きを読む


適切な距離感を掴むには「感じる能力」がとても重要

自分の足で立つこと。
そして、相手の反応を感じ取る力。
それによって適切な距離を掴むことができます。

一歩近づいてみる。
うん。大丈夫。
もう一歩近づいてみる。
少し相手に緊張感が走る。
自分はもう少し近づきたいけれど、無理はしない方が良さそうだ。
ここで少しじっとしていようか。
でも、相手はちょっと警戒感があるみたい。
少し、そう、半歩くらい下がろうか。
うん。この辺がちょうどいい感覚だ。

しばらくここにいるともう少し近づいても大丈夫な気がしてきた。
相手も少しずつ慣れてきて心を開いてきたみたい。
半歩近づいてみる。
さっきは緊張感があった距離だけど、今は大丈夫になったみたい。
もう一歩、は少し大きすぎるから、半歩、近付いてみる。
一瞬、相手は警戒したっぽいけどすぐに心を開いてくれた。
よし!

じゃあ、思い切ってもう一歩。ほんとはグッと近付きたいけど。
あ、ちょっと近付きすぎた。シャッターがスーッと降りちゃった。
ここは勇気ある撤退だ。
でも、勢いよく近づきすぎたから、さっきは大丈夫だった距離もちょっと厳しいか。
もう少し下がって距離を取った方がいいだろう。

冒頭から長々と失礼しました(笑)
続きを読む